行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
どんどん進んでいきましょうね。

みなさんは、物事を実行するときに、どの程度まで先の見通しを立てていますか?

もちろん、完全に先を見通すことは人知を超えた仕業だと思いますが、
ある程度は、可能だと思います。
将棋の3手先を読むというような感じで、
「こうなったら、こうなる」というような仮説を用いて、
先の見通しを立てることは、みなさん日常的に行っていると思います。
たとえば、「あの店の方に行って、もし閉まっていたり、
一杯で入れないときには、近くの別の店にいこう。」というような感じです。

私は、これを勉強に応用できないかと、考えました。

つまり、たとえば
「多分、自分のことだから、今週はやる気に満ちているから、
一日2時間の勉強が続くだろう。」
でも、
「来週には、少し失速すると思うから、図書館やカフェで勉強するなどの工夫をして、
集中力が落ちるのをカバーしよう。」
という様に、自分の行動を先読みして、その対策を考えておくのは、いかがでしょうか。

ここでのポイントは、
「自分を信じない」ということです。自分を過信してしまうと、
有効な対策が立てられなかったり、
そもそも「このやる気は、ちょっとやそっとじゃ挫けない。」
などと誤信してしまう可能性もあるからです。

よかったら、試してみてくださいね。

今回は、この辺で。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。