行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

13

2018/06

苦手の克服

10:25:05 | 学習について |

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合は、いかがですか?
どんどん、進んでいきましょうね。

ところで、ご好評を頂いています、WEB企画「行政書士への道」、
もうご覧になりましたか?
受験生の皆さんのフォローの一環として、You Tubeで配信しています。
皆さんのお悩み相談や、実務情報なども配信していますので、
まだご覧になっていない方は、ぜひ一度御覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCoWcKGLDHlWcvOg9oel81ag

ところで、継続は力なりと知ってはいても、思うように継続して、
物事が続かないと感じる方は多いと思います。

そんな中、行政書士試験の合格者にお話を伺うと、
フォーサイトで配布している「合格手帳」を活用していた方が
とても多いことに気が付きました。
合格者の方いわく「手帳を付けることで、自分が頑張ってきたことが一目瞭然となり、
それが励みとなり勉強を継続させることができている」とのことです。

そもそも、継続が得意という方もいらっしゃるでしょうが、
多くの方は苦手と感じるものだと思います。
しかしながら、このような工夫を用いることで、
苦手な部分を克服していくということに、私は非常に感銘を受けます。
大げさにいうと、感動してしまいます。

みなさんも、苦手なものがあるとは思いますが、
なにか工夫をすることで、これを克服するという[楽しみ」を見つけませんか?

今回は、このへんで。



13

2018/06

スマホゲーム

9:23:33 | 学習について |

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合は、いかがですか?
どんどん、進んでいきましょうね。

ところで、ご好評を頂いています、WEB企画「行政書士への道」、
もうご覧になりましたか?
受験生の皆さんのフォローの一環として、You Tubeで配信しています。
皆さんのお悩み相談や、実務情報なども配信していますので、
まだご覧になっていない方は、ぜひ一度御覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCoWcKGLDHlWcvOg9oel81ag

ところで、みなさんは、勉強の合間に息抜きをすることがありますか?

私自身は、あまり息抜きが得意な方ではなく、勉強するときは、
集中して何時間もやって、やらないときは、徹底してやらないというタイプです。

当然ですが、これは、あまり良くない傾向です。
このような傾向の場合は、やり切った感は心地良いのですが、
燃え尽きた感もあり、次の勉強に取り掛かるのが遅くなりがちとなるからです。

やはり、こまめな休憩が必要だと思います。

こんな私でも、最近、良い息抜きを見つけました。

それは、スマホゲームです。課金とかはしませんが、
一つのゲームにかかる時間が短いので、非常に手頃です。

ただし、いくら短いゲームでも、
何度も繰り返していると、あっという間に時間が経ちます。

この辺は、注意が必要だと思っています。

さあ、休憩が終わったら、勉強頑張りましょう!



30

2018/05

行政書士会の総会

9:18:17 | 学習について |

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合は、いかがですか?
どんどん、進んでいきましょうね。

ところで、ご好評を頂いています、WEB企画「行政書士への道」、
もうご覧になりましたか?
受験生の皆さんのフォローの一環として、You Tubeで配信しています。
皆さんのお悩み相談や、実務情報なども配信していますので、
まだご覧になっていない方は、ぜひ一度御覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCoWcKGLDHlWcvOg9oel81ag

今回は、行政書士会の総会をご紹介します。
行政書士会は、行政書士法という法律による強制設立の法人です。
事業年度は、4月1日から翌年の3月31日までですので、
通常は5月の終わり頃に各都道府県で、それぞれの会の総会が開催されます。

この総会には、いわゆる集中日というのがありまして、
関東・甲信越地方の行政書士会では、それぞれの会長さんや副会長さんが、
各会の総会の来賓として出席するのですが、集中日には、本当に大変そうです。

また、総会には、通常は、各地域の首長や、
国会議員・県会議員なども来賓として出席するので、本当に一大イベントとなります。

みなさんも、合格されて登録された後、ぜひ出席してみてくださいね。

今回は、このへんで。



20

2018/05

土地の放棄

11:00:21 | 学習について |

皆さん、こんにちは!

学習の進み具合は、いかがですか?
どんどん、進んでいきましょうね。

ところで、ご好評を頂いています、WEB企画「行政書士への道」、
もうご覧になりましたか?
受験生の皆さんのフォローの一環として、You Tubeで配信しています。
皆さんのお悩み相談や、実務情報なども配信していますので、
まだご覧になっていない方は、ぜひ一度御覧ください。

Https://www.youtube.com/channel/UCoWcKGLDHlWcvOg9oel81ag

今回は、ニュースの紹介です。

先ごろ、朝日新聞のWEBに以下のようなニュースがありました。

「土地を放棄できる制度、政府が検討 要件・引受先議論へ」

内容としては、
民法には「所有者のない不動産は、国庫に帰属する。」(第239条第2項)
との規定がありますが、土地放棄の手続きを定めたルールはありません。

そこで、廃棄物処理のように、
土地の所有者が一定額を納めれば放棄できる仕組みなどを検討する、というものです。

実は、このようなニーズは、割りと前から実務ではありました。
田舎の土地を相続したが、使いみちがないので手放したいが、買い手がつかない。
どうにか処分できないか?

こういう相談が、何件もありました。
そのときには、電話で地元の不動産屋さん(1件しかない)に聞いたり、
市役所に相談しましたが、結局処分できませんでした。
とうとう、法制度の改正にまで話が及んだというのが、正直な感想です。

少子高齢化の波が、いろいろなところに波及していると感じます。

今回は、このへんで。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。学習は進んでいますか?

今回は、直接学習には関係ないのですが、
豆知識ということで、ご紹介したいと思います。

みなさん、ご存のとおり、行政上の強制執行全般についての通則法は、
基本的にはありません。

しかし、明治憲法下においては行政上の強制執行および即時強制の通則法として、
行政執行法(明治33年6月2日法律第84号)というものがありました。

この行政執行法ですが、規定が抽象的であり、
この法律に基づく即時強制や直接強制が濫用されたということで、
戦後には廃止されたという経緯があるのです。
その記憶もあってか、行政上の強制執行全般についての通則法は、
未だ制定されていません。

なお、ご存知だと思いますが、
「代執行」については行政代執行法が通則法となっています。

それでは、今回はこの辺で。



29

2018/04

商人間の留置権

11:56:15 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
学習は進んでいますか?

今回は、誌上講義です。
テーマですが、たまにご質問の来る、
行政書士試験の平成24年の第36問に出題されている、
商人間の留置権について、少し書きたいと思います。

まず、条文です。

商法521条
「商人間においてその双方のために商行為となる行為によって生じた債権が弁済期にあるときは、債権者は、その債権の弁済を受けるまで、その債務者との間における商行為によって自己の占有に属した債務者の所有する物又は有価証券を留置することができる。ただし、当事者の別段の意思表示があるときは、この限りでない。」
となります。

留置権自体のイメージは、民法でも学習していますので、持てると思います。
そこで、この商人間の留置権の学習のポイントですが、民法との違いにあります。
すなわち、民法の留置権と異なり、債権がその占有物に関して生じていなくても、
その占有物に商事留置権が認められるので、
商人間における大量かつ継続的な取引によって生じる債権の回収を図ることができます。
たとえば、倉庫業者が債務者所有の動産を保管しているときに、
以前に全く別の契約により発生した保管代金の弁済を受けるまで、
当該動産を留置するといった場合が考えられます。

あとは、要件です。
(1)当事者双方が商人である
(2)債権の弁済期が到来していること
(3)留置権の目的物は、債務者の所有する物または有価証券であること
(4)被担保債権が、当事者双方のために商行為によって生じたこと

以上の点を理解しておくとよいでしょう。

今回は、この辺で。



23

2018/04

環境を変える

11:51:48 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
学習は進んでいますか?
ここのところ、季節の変わり目で、気温の変化が激しいですが、
体調に気をつけて頑張っていきましょう。

今回は、勉強時間の捻出というテーマで書きたいと思います。

やはり、多くの受験生の方が「勉強時間が捻出できない」という悩みをお持ちだと
思います。

よく私は、「スキマ時間を活用しましょう」とお話しますが、
それでも勉強時間が確保できないという方もいらっしゃいます。
もちろん、時間は有限ですので、
勉強時間が物理的に確保できないという状況には、対処法もありません。
しかし、どうして勉強時間が捻出できないような生活なのか、
という視点は持てると思います。

プロデューサーの秋元康氏は、
その著書「企画脳」の中で以下のような趣旨を書いています。

「自分の仕事がルーティンワークで回っている一日かどうか。
大きな流れの中で埋没してしまっている生活かどうか。」

「同じ川の流れの中でもがくのではなく、与えられた仕事のノルマをこなし、
酒を飲みに行って帰るというリズムから、どうやってはみ出すか。」

「習い性となった循環の中からはみ出さない限り、
同じ川の流れのまま流れていくしかないのだ。
新しい発想や企画が生まれるかどうかは、その決断にかかっている。」

学習するという決断をした後、
もし学習時間が捻出できないという状況にある場合には、
これまでの生活とは、どこかで変化する必要があるのだと思います。

また、勉強を頑張っていきましょう。



21

2018/04

行政書士への道

11:51:09 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。まずは、御礼です。

ユーチューブの企画「行政書士への道」ですが、おかげさまでご好評を頂いております。
当初は、チャレンジの意味合いが強かったのですが、
視聴回数も一定程度に安定してきてまして、
受講生の皆様にも受け入れていただいたと感じています。
ありがとうございます。

「通信講座だと、疎外感というか孤独感を感じる。」
「良い息抜き企画が欲しい。」

このような皆様のご要望にお応えして、生まれた企画ですので、
今後もどんどん皆様に役立つ情報をアップしていきたいと思っていますので
ご期待ください。

4月に入って、本試験まであと7ヶ月となりました。

気合を入れて、学習を進めていきましょう!

今回は、この辺で。



03

2018/04

心機一転

10:00:30 | 学習について |

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の福澤です。

季節の変わり目ですが、みなさん、調子はいかがですか?
心機一転、と表題に書きましたが、
心機とは、心の働き・心のはずみ・気持ちをいうそうです。
それを一転させるということで、「気持ちも新たに 」、
何かに取り組むということを表しているそうです。

実は、私ごとですが、年度の切り替わりもありまして、
色々と煩雑な日常を送っています。
その中で、行うべきことや、行った方が良いことを、
何とか実行していますが、まだまだ足りないという感じです。

ちょっと、抽象的ですが、みなさんも、日常の忙しさに紛れて、
なかなか思い通りに事が運ばないことはあると思います。
そんなときこそ、「心機一転」、気持ちを切り替えて、頑張っていきましょうね。

さあ、深呼吸して、次のやるべきことを実行しましょう!

今回は、この辺で。



28

2018/03

キチンと丁寧に

10:00:01 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。
今回のテーマは、「キチンと丁寧に」というものです。

これだけだと、何のことか分かりませんが、
学習でも生活でも、一つ一つを適切に行うということ、
雑ではなく丁寧に行うということ、
このような意味を込めて「キチンと丁寧に」と書きました。

たとえば、部屋の掃除や机上の片づけが滞っていて、
雑然とした部屋と雑然とした机があるとすると、なかなかやる気が出ないものです。
もちろん、どんな環境でも学習はできますが、
もし、あまり学習意欲が湧かなくて、
最近、学習が進んでいないという場合には、ご自身の環境の良し悪しを、
見直してみてください。

精神的に安定し、充足されていないと、ご自身でも気が付かない部分で、
生活の荒れは起こると思います。
余裕がなく、慌てているような場合にも、
同じように生活がどこか荒れてしまうものではないかと思います。

そのような状況になったときには、一度、少し立ち止まってみて、
ご自身の身の回りのことを、一つ一つキチンと丁寧に整えてみることが良いのではないかと思います。

最近、ちょっと停滞しているな、と感じている方は、ぜひ試してみてください。



1 / 3312345...102030...最後 »

福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。