行政書士講座の講師ブログ
ノートとメモ

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

唐突ですが、今回は、ノートとメモについて書きたいと思います。
日常の仕事や学習をしていると、もっとメモやノートを活用して効率的な仕事や学習をしたいと思うことはありませんか?私は、よく思います(笑)。
巷には、さまざまなノート術やメモ術の本がでていますが、今回は、僭越ながら私の行っているメモ・ノートの方法論を書きたいと思います。

話を始める前に、以下のことを確認しておきます。
私のいう「ノート」とは、長期的に保存するための、あるまとまりのある記述をいいます。使用する道具は、デジタルかアナログかを問いませんが、できればデジタルの方が適しています(後で述べますが、検索が容易です)。イメージとしては、日記、まとめノート、レポート、備忘録、住所録、アイデア帳などです。ここでのポイントは、保存しておいて、いつでも確認ができるようになっているということにあります。
次に、「メモ」とは、使用する道具は何でも良いのですが、長期保存が目的ではなく、一時的に保存しておく仮置きのアイテムであるという点がポイントです。

このメモとノートの使い方としては、まず、何か物事が生じた場合には、メモを作成します。何かを思いついたとき、何か覚えておきたいことがあったとき、特に意味はないけどメモしたいとき、なんだか不安な気持ちやモヤモヤした気持ちが生じたとき、とても嬉しい気分のとき、そのことをメモします。
メモの道具には、何を使用しても良いです。スマホのメモ機能を使う、スマホのカメラで撮影する、スマホで自分宛てにメールする、紙のメモ帳にメモをする、紙のノートに書く、配布されたレジュメやレポートに書き込みをする、何でもOKです。ただし、せっかくのメモを紛失しては元も子もないので、その点だけは注意してください。
そして、その中から「これは保存しておきたい」と思ったものについて、私の場合には、パソコンで検索可能なファイルにして保存しておきます。つまり、メモ→ノートという流れです。ここで、メモを見ながら転記するということでも良いですし、スマホのメモがそのままノートになるという形でも良いと思います。そのへんは、使用するアイテムによって違うのではないかと思います。ちなみに、私の場合には、メモはスマホのメールと紙の手帳が多いです。そして、ノートにはワードやPDFやJPEGという形式が多いです。メモがスマホの写真の場合には、そのままJPEGで保存してしまいます。ただし、あとで自分がそのファイルを検索できるようにしておくことが肝要です。例えば、タイトルを工夫するとか、フォルダ分けなどを工夫しておくとよいでしょう。
なお、PCにローカルで保存しつつクラウドにも保存しておけば、出先でスマホからもノートの閲覧が可能です。

この方法では、アイデア出しにはアナログで、検索はデジタルでというように、それぞれの特性を生かした運用ができますし、とりあえず何かにメモしておけば、まとめたり、選別したりするのは後でもよいので、情報の取りこぼしが減ります。

個人的には、今現在は、この方法がとても気に入っています。みなさんも、もし良かったら試してみてくださいね。

今回は、このへんで。

2022年の目標

皆さん、あけましておめでとうございます。
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

いよいよ2022年が始まりました。
今年は、コロナが少し落ち着いた状態でスタートしました。
そのお陰か、年末年始の人出も昨年よりも増加していると感じました。
いずれにしても、感染防止対策には引き続き注意をしていこうと思っています。

さて、新年のスタートということで、個人的な今年の目標を立てたいと思います。

まず1つ目の目標は、YouTubeチャンネル「行政書士の道」の登録者1万人達成を目指したいと思います。
おかげさまで、これを書いている時点では8650人となっていますので、今年中には1万人に到達できればと思います。
それにむけて、五十嵐講師、北川講師と3人で力を合わせて、どんどん良質なコンテンツをアップしていきたいと思いますので、ぜひご期待ください。

次に、2つ目は、もっともっとeライブスタディを盛り上げて行きたいと思います。実は、私も2022年度対策から、eライブスタディに月1レギュラーで参加することになりました。
いわゆる通信講座では、どうしても講師からの一方的な働きかけが多くなり、双方向性のあるやり取りは、なかなか難しいのですが、このe-ライブスタディは、チャットを通じて受講生の皆さんと直接リアルタイムでやり取りが可能です。その意味で、使い方によっては、様々な可能性があると感じています。
そこで、このeライブスタディについて、私自身がもっともっと経験を重ねることで、今よりもより一層の双方向性が感じられるように工夫をしていきたいと思います。

今年も、全力で皆さんの合格をサポートしていきたいと思いますので、1年間、どうぞよろしくお願い致します。

習慣を維持する

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

今回は、学習習慣の維持について書きたいと思います。

年末年始で、生活リズムが変化すると、せっかくうまく回っていた学習習慣が崩れることがあります。
毎日、朝の出勤前に学習していたのに、休みでいつもの時間に起きなかったので学習しなかったとか、夜の決まった時間に勉強していたのに、家族や友人との時間を過ごしたことで、そのルーティンが崩れたということは、よくあることです。

もちろん、せっかくの年末年始ですので、少しくらいは目をつぶっても構わないと思います。

問題は、その崩れた習慣をどうやって取り戻すかという点にあります。

多くの方は、崩れた習慣を一気に取り戻そうと頑張ります。
もちろん、それが可能であれば問題ありませんが、もし、いまひとつ元に戻らないという方は、やはり最初に習慣化した時のことを思い出していただき、スモールステップで、再習慣化を図っていただくべきだと思います。
いずれにしても、このように習慣が崩れることは、よくあることです。そして、それを立て直すのが上手な人は、意識的に再習慣化に取り組める方だと思います。
つまり、習慣が崩れることはよくあることだから、あまり気負わずに淡々とまたステップを踏んで積み上げていけばよいと考えられることがポイントだと思います。

慣れないと、ある行為を習慣化することはハードルが高く感じます。しかし、目標を達成するために、多くの方は習慣化を成し遂げることができると思います。
しかし、意外にも、その習慣はたやすく崩れてしまうものです。
したがって、本当の意味で習慣化をするためには、途中で習慣が崩れても、またそこからリスタートできるかどうかにかかっているといえるでしょう。

今年も、様々なことがありました。そして、このブログも、行政書士試験に関する話題だけではなく、様々な内容について書かせていただきました。
拙い文章ではありますが、読んでいただき本当にありがとうございました。
また来年も頑張って発信していきたいと思います。

それでは、皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

民法の学習について

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

今回は、民法の学習について書きたいと思います。

2020年及び2021年の行政書士試験を振り返ると、民法の難易度が上がっているように感じます。
もちろん、2019年までの民法も簡単ではないと思いますが、2020年からは、さらに難易度が上がっているように思います。2020年及び2021年の行政書士試験の民法の出題内容は、従来からの頻出論点があまり出題されずに、あまり注目されていなかった細かな条文知識などを問う出題が増加したと思います。
その意味でも、民法については難しく感じた受験生の方が多かったのではないでしょうか?

これらの原因は、債権法の改正にあるのではないかと思います。
ご存じの方も多いと思いますが、民法の債権法は制定以来の大改正を行い、それが2020年4月1日から施行されています。つまり、2020年11月の行政書士試験から、改正された民法での出題となっています。

今後の出題傾向を、数年単位で観察しないと明言はできませんが、2022年の行政書士試験においては、民法を今まで以上に深く学習する必要がある気がします。
ただし、だからと言ってマイナー論点や些末な知識を追いかけるのではなく、あくまでも基本的な条文と判例知識を、より正確に覚えることを心掛けていくべきだと思います。

今回は、このへんで。

後見制度の今後

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

今回は、最近、仕事で考えたことを書きたいと思います。

みなさんも御存知の通り、法律的な後見的介入には、未成年後見と成年後見があります。
未成年後見は、未成年者の場合には当然に付与されますが、成年後見は裁判所の審判を端緒として行われます。

ここで、未成年者というのは画一的に決まるので問題は少ないのですが、他方の成年後見制度は、基本的には国民の側からの申立てをまって行われるという点で未成年者に比べて不便というか問題が生じやすいと思います。
もちろん、国家の側で強制的に後見的に介入する機会を増やすのは、大変むずかしい部分がありますので、現行制度にはその理論的な正当性はあると思います。
しかし、実際には、例えば高齢者であって認知機能が弱っているような場合や、若くても判断能力が不十分な場合には、問題が起こるのだと思います。
法の立場としては、そのような場合には、本人や周辺の人が後見制度の利用に踏み切れば解決するということだと思います。
しかし、実際には、制度の利用について本人からの激しい抵抗があり、関係者は本人との人間関係を慮って制度の利用ができないとか、本人が判断能力の不十分さを告白せずに、正常だというフリをして生活を続けているような場合もあると思います。

それでは、どうすればよいのかという点については、明確な回答はいまのところ見つけられません。現行制度も、完全ではないにしても、相当の成果を上げていると思います。
例えば、法律で一定の年齢以上の方には、毎年心身の検査を義務化し、その結果によって様々な生活上の制約や補助を付するというような考え方もあると思います。
しかし、この場合には、個人の自由との関係で、大きな問題が生じるとも思えます。

我が国では、これから、ますます高齢化が進みます(もちろん、判断能力の低下は高齢化だけが原因ではないですが)。
その中で、どのように本人や関係者の法律関係、さらには社会全体を守っていくのかを、大きく国民的に議論し、さらに進歩させなければならない時期に来ているのではないかと思っています。

今回は、このへんで。

大谷翔平選手のMVP

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

少し前の話ですが、大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がMVP(最優秀選手)に選ばれましたね。
なんでも、日本人選手の受賞は2001年のイチロー選手以来の2人目だそうです。

大谷翔平選手といえば、いわゆる二刀流ですが、随分前に大谷選手が夢を叶えるために、高校生の時に実践していた方法として有名になったのが、「マンダラチャート」とよばれる方法論でした。
やり方は、様々あるようですが、基本的な方法としては、紙一枚を9マスに分割し、その中央のマスに叶えたい夢を書き、その中心の夢を叶えるために必要と思われることを、その周辺のマスに書き入れていくというものです。

この方法のポイントは、夢という抽象的なものを、なるべく自分の身近なものとしてイメージするために、より具体的な小さな目標として細分化するという点にあると思います。その意味では、いわゆるスモールステップ法と似ています。
ただ、この方法は、いわゆるスモールステップ法よりも、自分の夢に関連する項目につながる具体的な小さな目標を設定しやすいのが特徴だと思います。
また、夢を叶えるためにやるべきことが沢山ある場合には、一つのことに注力しすぎても、全体のバランスを欠くことになりますし、逆にある意味総花的になってしまい、いずれもが中途半端となることもあり得ます。
その点、このマンダラチャートは、全体のバランスを俯瞰しながら、一つの目標に集中しやすい仕組みだと思います。

気になった方は、ぜひ一度実践してみてはいかがでしょうか。

今回は、このへんで。