ITパスポートのスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

ITパスポート試験ではセキュリティに関する出題が多くなされます。
その中には自宅のコンピュータ機器でも使われているものが数多くあります。

例えば、自宅の無線LANのセキュリティに関する問題です。
自宅の無線LANへの接続がきちんと管理されていない場合、
自宅の無線LAN経由でインターネットへの接続が、
他人にタダ乗りされてしまいます。

特にマンションにお住まいの場合には注意が必要です!

住宅用の無線LAN機器は微弱な電波を使って通信するようになっていますから、
遠くから自宅の無線LANに接続することはできません。

しかし、マンションなど、お隣同士がくっついている場合には、
お隣宅の無線LANに接続することが簡単です。

端末(PCやスマホなど)のネットワーク接続の画面を見ると、
その端末が探知している(接続可能な)無線LANが、
電波の強さとともに一覧表示されます。

もちろん、自宅の無線LANが最上段に、最大の電波レベルで表示されますが、
その下に複数の無線LANが一覧されていることが分かると思います。
それがお隣さんの無線LANです。

もちろん、その状態ではお隣さんの無線LANに接続することはできません。
接続しようとするとパスワードの入力が求められますから、
パスワードを入力できなければ接続することはできません。

でも、パスワードを入力できれば接続できるわけですね。
お隣さんの生年月日とか、家族のイニシャルとか・・・。

お隣さんの無線LANに接続できれば、
お隣さんが契約しているインターネット接続サービスを利用できるようになります。
つまり、タダでインターネットに接続できるわけですね。
自宅で無線LANを構築している方は十分にご注意ください。

というのは、つい先日、他人宅の無線LANを無断利用した人が逮捕されたからです。

自分の家の無線LANに接続されてインターネット接続に
ただ乗りされるだけならばまだいいですが、
自分の家の無線LANに接続しているコンピュータから情報を
盗まれたりした時にはしゃれになりません。

皆さん、お気を付けください!



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。