ITパスポートのスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

最近は携帯電話などの無線ネットワークの
通信料が劇的に増えてきています。

携帯電話各社は、混雑する場所に無線LANのアクセスポイントを設置し、
顧客に対して、アクセスポイント周辺ではできる限り無線LANを使うよう促しています。

スマホ・タブレットともにデフォルトで無線LAN接続する設定になっていますし、
無線LANと携帯電話ネットワークが自動的に切り替わるようになっています。

また、携帯電話各社だけでなく、一般企業もお客さんを呼び込むために
無線LAN環境を整備しています。ホテルはその代表ですね。
最近では多くのホテルで無線LANが整備されていて、
ロビー等で配布されているパスワードを入力すれば
無料で無線LANが利用できるようになっています。

ただし、注意しなければならない状況が生じているようです。
ホテルなどで利用できる無線LAN環境自体がウィルスに感染していて、
無線LANに接続すると、自分のPCからあらゆるデータが盗み出されてしまうのだそうです。

無線LANに接続すると、アクロバットなど無料ソフトのアップデートの案内が画面に現れます。
この案内はウィルスが仕掛ける偽物です。
その案内に従ってアップデートしてしまうと、
PCに情報を盗み出すための経路が作られてしまい、
あらゆるデータが盗み出されてしまうのだそうです。
 
ウィルスソフト開発会社のカスペルスキーはこのウィルスを「ダークホテル」と名付けました。
快適な部屋で無料の無線LANを使えるのはいいのだけれども、
情報を盗み出されるダークなホテルなんですね。

自分の個人情報が盗み出されるくらいであれば自業自得ですが、
自分のPCに保存している他人の個人情報、会社での秘密の情報など、
PCには外部に漏れてはならない大事な情報が詰め込まれています。

無線LANを無料で使うことによって節約できるコストはほんの少しですが、
漏れた情報が悪用されると莫大な損失が生じます。
無料の無線LANであるがゆえに、「いかなる損害も補償しない」旨の利用規程も定められています。

結局、高い買い物になってしまうわけです。

無料より高いものはなし。セキュリティに詳しくなってどんな環境でも
自分で自分のPCを守るか、お金を払って安全なネットワークを使うか。

どちらかが必要なんでしょうね。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。