旅行業務取扱管理者に合格できる勉強法と期間は?

キャンペーンバナー

旅行業務取扱管理者に合格できる勉強法と期間は?

1. 合格するにはどれくらい勉強すれば?

学習時間の目安は、国内で200時間、総合で300時間

旅行業務取扱管理者試験合格に向けた勉強法を考えたいと思います。国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者、それぞれの勉強に必要な時間については、一般的に下記の通りと言われています。

国内旅行業務取扱管理者 200時間程度
総合旅行業務取扱管理者 300時間程度

上記の学習時間をどの程度の期間でこなせるかは受験生個々の状況によって変わりますが、例えば平日に1時間、土日に3時間ずつ取り組むことを仮定すると、国内で4.5 ヵ月、総合で7ヵ月ほどかかることになります。

旅行業務取扱管理者は、数ある国家資格の中では比較的合格率が高く、短期で合格を目指すことができる試験として知られていますが、実際にはそれなりに腰を据えた学習が不可欠となることは言うまでもありません。

2. 旅行業務取扱管理者の試験対策は?

国内・総合の勉強法は出題傾向を踏まえた的確な対策

旅行業務取扱管理者試験の勉強法として「絶対にこれ!」という方法はありません。大きく分ければ独学、通学講座、通信講座のいずれかの方法になります。ですが、どんな勉強法で合格を目指すにせよ、「例年の出題傾向に沿って重要ポイントを的確におさえているか」が重要になります。

総合・国内いずれの旅行業務取扱管理者試験においても共通して言えることですが、「旅行業法」と「約款」の出題には毎年類似の出題が多く見られ、過去問題集からの学習で対策が立てやすいのです。

一方で、「国内旅行実務」「海外旅行実務」については出題傾向が読みにくく、関連分野について広く浅く知識の習得が求められます。こうした前提を踏まえ、国内・総合旅行業務取扱管理者試験の勉強法としては、どのスタイルが適しているかを検討してみることにしましょう。

独学の場合、そもそも合格を目指す勉強法として不安要素が多すぎると言えます。具体的な課題としては下記のようなことです。

  1. 教材選びからスケジュール管理まですべて一人で検討
    →肝心な試験対策以外にやるべきことが多く、効率的に進まない
  2. 独りよがりの学習になりやすく、出題傾向に沿った取り組みが困難
    →確実に得点すべき科目で間違える
  3. 「国内旅行実務」「海外旅行実務」については、そもそも何をすれば良いかが分からない
    →合否の分かれ目となる重要科目のポイントが分からない
  4. モチベーション管理に苦労する
    →本試験日までに挫折してしまう

とはいえ、特に国内旅行業務取扱管理者の勉強法としては、独学で合格を勝ち取っている人も少なくありません。

一方、通学講座や通信講座を受講するメリットとしては、「受験のプロによって作られた教材で戦略的に学べること」が挙げられます。“餅は餅屋”ということわざの通り、資格受験の勉強法についても専門の資格予備校に任せるのが、効率良く合格を目指すのであれば大前提と言えるのかもしれませんね。

何もかもを手探りで進める独学と比較すれば、断然学習が進めやすくなります。

3. 旅行業務取扱管理者に合格するには通信講座が適している?

忙しい人ほど、注目してほしい「通信教育」

旅行業務取扱管理者資格の取得に向けた勉強法を検討する受験生の中には、学校や仕事、家事・育児、介護等で忙しく過ごされている方が多いと思います。

「ちゃんと勉強したいと思っているけれど、なかなか時間を確保できず困っている・・・」
そんな方は、都合の良いときに好きな場所で学べる「通信講座」の受講を検討されてみてはいかがでしょうか?

通学しなくていい通信講座であれば、自宅はもちろん、通勤の電車内やいつものカフェで、日常のちょっとしたスキマ時間を活用した試験対策が可能になります。もちろん学習に必要なものはすべて提供されますから、どんなに忙しい方でも、効率良く合格に向けた学習に取り組むことができます。

通信講座というと、一般的にはまだまだ「続かない」「教材やカリキュラムがイマイチ」といったイメージですが、最近ではこうした印象が大きく変化しつつあります。

国内・総合旅行業務取扱管理者試験等の資格試験に向けた勉強法として、通信講座が忙しい学生や社会人の間で見直されている昨今、資格予備校が展開する通信講座全般の質が格段に向上しています。

テキストの見やすさにこだわっている、オンライン学習システムの使い勝手が良い、続けやすい工夫が凝らされている、受講生サポートが手厚い・・・等々、資格予備校各社が今、旅行業務取扱主任者試験合格に向けた学びやすい勉強法、学習ツールを提供しています。

ぜひ実際にアナタの目で見て、比較検討してみてください。きっと、「これなら大丈夫」という教材に出会えるはずです。