他の資格と仕事内容を比較してみよう!

サクセスストーリー

他の資格と仕事内容を比較してみよう!

資格取得を目指そうと思う時、比べてみたくなる資格があります。宅建取引士よりも面白い仕事はないか?有利なダブルライセンスはないか?気になる資格を、ここで一旦チェック!

宅建取引士とファイナンシャルプランナーは?

個人のお客様の暮らしを支える、最強のダブルライセンス!

宅地の資格と、最も相性がよいといわれるのが「ファイナンシャル・プランナー(FP)」です。

FPは主に個人のお客様を対象に、ライフプラン(経済面の人生設計)を提案します。「住まい」と「お金」の2つは、快適・安心に人生を暮らすための2大テーマです。ですから住まいのお手伝いに加え、保険や貯蓄の計画、資産の運用までサポートできるダブルライセンスの組み合わせは群を抜いています。

特にマイホーム購入希望のお客様にとって、購入後の住宅ローンのやり繰りは最大の問題です。FPの資格を持っている人なら、豊富な金融知識をもとに、リスクのない安全な将来設計のアドバイスができます。

宅建取引士とマンション管理士は?

マンション管理士は集合住宅保全のエキスパート。独立開業希望の方にお薦め!

イメージ

いまは、国民の10人に1人がマンションで暮らす時代です。日本全国では老朽化が進む集合住宅も多いなか、マンションの良好な居住環境を維持する専門家として、脚光を浴びている国家資格がマンション管理士です。

マンション管理士は、「マンション管理組合」の運営について助言指導をするコンサルタントです。先々独立したいと考えている人に、マンション管理士はお勧めです。

また宅建とのダブルライセンスがあると、集合住宅の保全にくわえ、賃貸・売買の相談にもお応えできるのがメリット。マンションを所有するオーナー様のお困りに、幅広くお応えすることができます。

宅建取引士と簿記は?

どちらも企業が取得を奨励する上位資格。就職・転職にも有利です。

就職・転職にはどちらの資格が有利かというお話になります。不動産業界への就職ですともちろん宅建ということになります。しかしこの2つの資格の取得は、どちらも多くの企業が奨励しています。

法的な視点で不動産を見ること(宅建)と、会社の経営状態を理解する知識(簿記)を持つ職業人には、先々のポテンシャルを期待できるからです。営業、設計、販売などどのような職種で働くにしても、この2つの資格の知識は、必ず役に立ちます。

宅建取引士と行政書士は?

地域にネットワークを広がりやすいダブルライセンス。
開業後の経営が安定します。

イメージ

行政書士は、役所に届け出が必要な書類の作成を代行する専門家です。「街の身近な法律家」として、建設や飲食店経営の許可、車庫証明、相続などさまざまな手続きに関わる行政書士は、地域への人脈が広がりやすい国家資格です。

ですから独立開業で「地域のネットワーク」を必要とする宅建取引士との相性はバツグンです!行政書士はかなり難しい資格です。しかしこのダブルライセンスでの開業は経営も安定します。将来の豊かさを手に入れるために、努力の価値は十分あります。

宅建取引士と税理士は?

税理業務を軸に、資産運用までカバーできる実益あるダブルライセンス!

税理士は、顧客と顧問契約を結び税務相談や税務書類の作成など、税金についての作業全般を行います。もしダブルライセンス取得という話になりますと、業務の主軸は、当然税理業務となるでしょう。

しかし税務のサポートをするという仕事の性質上、税理士は不動産など資産運用の相談にも必ずといっていいほど関わることになります。

その時に土地の評価や活用法など、宅建の知識が活かされることは容易に想像がつきますね。相性のよい資格であることはまちがいありません。

フォーサイトの宅建合格講座で合格を目指しませんか?
クレジットカードなら分割払いOK
サポートもついて初学者も安心
8日以内で未開封なら返品もOK
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!