行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

もしかしたら、こんなことはありませんか?

勉強しようとは思っているけど、なかなか勉強できていない・・・。
土日は、少し勉強したけど、平日は全然勉強していない・・・。

そして、その度に反省はしていて、「明日こそ頑張る」、「来週こそやってやる!」と思っている。
しかし、3日くらいすると日常生活の忙しさに紛れて、勉強をしていないことがある。

それで、少し自己嫌悪になったり、あー自分は意思が弱いな~と嘆いたりする。

私は、多々あります(笑)。

でも、それは意思が弱いのではなくて、
実は、日常生活の忙しさに紛れて
単に勉強をするのを「忘れているだけ」かもしれません。

「いやいや、大事な資格試験の勉強を忘れているわけがない・・・」
「いつも勉強しなくちゃ、と気にかけているので、忘れることはない。」

という反論が聞こえてくるようですが、

・電車で移動中にテキストを広げていない
・隙間時間が5分あるのに単語カードをみない
・トイレに座っているときに暗記をしない

などの「勉強できるのにしない」というシチュエーションでは、
もしかしたら「忘れているだけ」かもしれません。

もし、忘れているのでなければ、
テキストを広げたり単語カードを見ることくらいはできそうです。

それでは、もし忘れているだけだとしたら、
次のポイントは「どうすれば忘れなくなるのか?」ということになります。

どんな方法が考えられるでしょうか?

実は、特に「これ」という方法があるわけではないのですが、
個人的には、日記などに書き記すことにしています。
もしくは、todoリストに、わざわざ書いておくとか。

あとは、単語帳などをカバンの中ではなく、
ポケットにしまって出かけるなどの工夫も有効だと思います。

要するに、自分で意識付けができれば、
自分なりの方法で良いと思います。

慣れてくると、条件反射的に勉強できるようになります。

もし、「自分は意思が弱いから勉強が続かない」と思っている方は、
一度、もしかしたら「忘れているだけ」かもしれない、と考え方を転換してみて下さい。

そして、どうすれば日常生活の忙しさに紛れて、
勉強することを忘れないようになるのかを工夫してみては、いかがでしょうか?



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。