旅行業務取扱管理者スペシャリストによるこっそり裏講義

今回は、時差計算です。
JRや国際運賃と同様に計算問題の一分野といえますが、これほど単純で、かつ間違いやすく、しかも役に立つ知識はなかなかありません。
例年は2問(10点)出題されていますので、大きな得点源です。

1.時差計算の基本

①プラスマイナスでケアレスミスが生じやすい

国名の見間違い(不明)、DSTの見落しなど、計算ミスの原因は色々ありますが、最も多いのはプラスマイナスの誤りです。基本は、「時差の大きい数字から小さい数字を引く」ことで2都市間の時差を算出します。
しかし、現地時刻を算出する際に、ついプラスマイナスを間違えやすいものです。わかっているのにやってしまった「うっかりミス」ほど悔しいものはありません。

②地理の知識も大切

問題は、国名ではなく都市名で出されます。
都市名と属する国名がわかればいいのですが、首都以外の都市もよく出されます。地理の知識が重要になってきます。

③複数の時間帯を持つ国は、主要都市の時差を覚えておく

米国、オーストラリアの都市は出題頻度が極めて高くなっています。
しかし、International Time Calculator(以下ITC)を見ても、州・地域単位の時差しか掲載されておらず、個々の都市名は明記されていません。そのため、主要都市の時差はあらかじめ覚えておきましょう。

例)ニューヨーク、ワシントン、ボストンetc…Eastern Time

  ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルetc…Pacific Time

  シドニー…NSW(New South Wales)、ケアンズ…Queensland

④1国1時間帯の国々

これは迷うことは少ないですが、日本で一般に呼ばれている国名とITCの英語表記では異なるものがあります。このような国は探すのに慌てることがないよう、正式国名を覚えておきましょう。

例)英国=United Kingdom、オランダ=Netherland、ドイツ=Germany、ギリシャ=Greeceなど

⑤ヨーロッパの国々

大半の国が1国1時間帯なのでわかりやすいですが、更に次のことを覚えておくとITCを見る必要がなく、早くて便利です。

・DST期間は、EU加盟国は各国同一。非加盟国でも一部を除きEU加盟国と同一。

・英国、ポルトガルはGMT、大陸側はスペイン以東スウェーデン、ドイツ、チェコ、オーストリア以西の国々はGMT+1、フィンランド、ポーランド、ハンガリー、ギリシャはGMT+2。

⑥日本

日本は、全土がGMT+9。ITCを見るまでもなく、絶対必須の暗記事項。

次回は、2都市間の時差と飛行所要時間についてお話します。



相馬隆幸

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。