DVDを使って勉強して正解でした!

社会保険労務士・社労士通信講座合格者と講師の対談

人物

DVDを使って勉強して正解でした!

社会保険労務士 DVDコース(基礎講座)
30代 

保険代理店で人事総務の仕事をしている富田さん。成長力あるベンチャー企業に新しい評価制度を取り入れ、社員の皆さんのモチベーションアップに貢献することが、社会保険労務士を目指したきっかけ。入浴中は防水付DVDプレーヤーで講義を聞くなど、スキマ時間を徹底的に活用した学習法で合格しています。

社会保険労務士を目指した理由は?

総務として自社の評価制度をどう変えられるか?
そこに挑んでみたかったのです。

私の勤務先は2000名規模の生・損保代理店です。ベンチャー企業の色合いの強い会社で、これまで従業員の業績評価はインセンティブ(報奨金)を中心に動機づけられてきました。

私は人事として、そんな評価制度のことがずっと気になっていたのです。お金だけでは持続しない従業員のモチベーションを、どうしたら維持できるか。そんな仕組みづくりにトライしたかった。たとえば出産・産後の時期の女性の休職の扱いなどを含め、いろんな制度の改善の仕方を学びたくて、社会保険労務士の勉強をすることにしました。

フォーサイトを選んだ理由は、映像で入ってくる情報で勉強するのが自分にとっては一番合っていると感じたからです。勉強を続けてみて感じたのは、映像で勉強すると知識もずっと定着しやすいということ。サンプルDVDを観て加藤先生の話し方はとても馴染みやすいと感じました。その印象を大事にして、フォーサイトを選んで正解でした。

富田さんの学習スタイルは?

「スキマ時間」を徹底して使うこと。
お風呂でも喫煙ルームでも勉強しています。

その日にもよりますが、平日自宅で確実に確保できる勉強時間は早朝の1時間だけです。夜はやれない日の方が多い。だけど、なんとかして1日3時間は勉強したかった。となると、スキマ時間を活かすという発想になります。

通勤時間はもちろん、喫煙ルームでの一息や昼食時、入浴時間、美容院での待ち時間などのスキマを、すべて活かすよう工夫しました。休日も同じです。休みの日は机に向かう時間も長く取りつつ、スキマも活用しています。

勉強する環境を何回か変えると、1日5〜6時間勉強してもそれほど苦痛じゃないですね。

富田さんが一番活用した教材は?

セリフを覚えるまで繰り返したDVD。
10回繰り返して聞いた分野もあります。

私は社会保険労務士の試験を2回受けています。それで1度目の教訓を活かし、文字だけのテキストではなく映像や音声を使って勉強しようと思いました。

社会保険労務士の試験は、各々の制度の構造をよく理解していないと、歯が立たない問題がたくさんあります。たとえば国民年金と厚生年金の類似箇所の棲み分けは、論理的な理解がしっかりしていないと、何度解いても間違えてしまうのです。

そういう箇所は、私は耳で覚えました。DVDには「集中して見る効果」と「流して聞く効果」があります。先の年金の部分は、たとえばお風呂に入りながら(防水付DVDプレーヤーを使用)。先生のセリフが空で言えるようになるまで聞いています。耳で覚えた丸暗記は、その内容を自分で説明できるようになり、問題を解くフックもたくさんできます。

フォーサイトのDVDには、テキストの文字も映し出されます。スキマ時間で勉強する時にテキストを持ち歩く必要がなくて助かりました。つまりテキストも内容は素晴らしくよかったということです。

テキスト、DVD、問題集以外で活用したものは?

穴埋めの「合格カード」は、基礎知識を覚える最強のツールでした

副教材として全科目にひとつずつ用意されていた「合格カード」です。スーツのポケットに入れたりして、必ず携帯していました。これは一問一答の短答問題集ですが、○×式ではなく穴埋め式。だから知識がちゃんとしていないと解けません。いつでもどこでも利用できる上に、基礎の蓄積がしっかりできる役立つツールでした。オフィスビルの喫煙室で、毎日カードをめくっていた日々が懐かしいです。

最後にこれから社会保険労務士を目指す皆さんにアドバイスをお願いします。

最後までやり通すこと、それが自信になります。

社会保険労務士の試験は範囲が広くて大変ですが、適切な教材で最後までやり通すことで絶対に合格できます。やり通すことで自信にもなります。

2年目の私は、テキストはフォーサイトしか使っていません。フォーサイトのテキストは、合格を目指しやすいテキストです。みなさんもフォーサイトさんを信じて頑張ってください。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ