フォーサイトの教材で一発合格

社会保険労務士・社労士通信講座合格者と講師の対談

人物

フォーサイトの教材で一発合格

社会保険労務士 DVDコース(基礎+過去問)
40代 

社会保険労務士試験に6回目の挑戦で合格された原島さん。実は過去5回は、他社の通信教育や実際に教室に通う通学講座を受講されていましたが、残念ながら合格には至りませんでした。もう今年こそは絶対に合格したい!という思いからフォーサイトの社労士講座を受講されて、見事一発で合格されました。原島さんが合格できた理由について詳しくお話しを伺いました。

社会保険労務士の資格を取得しようと思ったきっかけは?

「年金制度について知りたい」から資格取得へ

将来、年金がどれくらい貰えるのかなど、年金制度について興味がありました。また、社会人として労働者に対する解雇やリストラなど、どういうシステムなのかなど、労働基準法について知っておきたいというのがあり、社会保険労務士の資格を取得しようと考えました。

通信講座を、そしてフォーサイトを選んだ理由は?

合格率4倍という実績でフォーサイトを選択

会社員として働いているので、通学は絶対無理。自分の性格から独学は続けられないと思い、通信講座で勉強をしようと思いました。その中でもフォーサイトを選んだ理由は、合格率4倍という実績ですかね。過去に5回も試験に落ちているので、今年は絶対受かりたいという思いで、他社の通信教育から心機一転フォーサイトを選択しました。

フォーサイトの教材で学習された感想は?

空き時間を利用できるシステムに感動

ちょっとした空き時間でもできるeラーニング「道場破り®」をすごく活用させて頂きました。もちろん、テキストもフルカラーで見やすいので、全く不満はないですね。
また、過去問集も書店や他社の講座では見たことのない問題が多くあり、すごく勉強になって良かったです。私はちょっとやらないと忘れてしまったり、社会保険関連は毎年法改正が多かったりするで、何度も繰り返し講義動画を視聴しました。
講義DVDは1コマが1時間程度なので、ちょっとした時間で見直しができる点が良かったです。他社だと1コマ3時間とかあったりするので。
過去問のDVDは見る時間や余裕がなかったので、ひたすら問題を解くこと専念しました。

普段の学習時間はどれくらい?

平日は通勤時間やちょっとした空き時間を有効活用

平日は往復の通勤時間(25分+25分)しか時間を確保できませんでした。それ以外には、お昼休憩の10分など、ちょっとした空き時間に「道場破り®」にログインして、デジタルテキストや確認テストを何度も何度も繰り返し練習しました。「道場破り®」にログインすると、「今日の一言」が毎日表示されていて、それを見ることも「道場破り®」を利用する楽しみの一つでした。細かい部分かも知れませんが、勉強を楽しくさせる創意工夫に感謝しております。
休日に関して、日曜日は勉強しないと決めていました。その分、土曜日に集中して勉強しました。「気分が乗らない日は勉強しない」これがモチベーションを維持し続けられた理由かもしれません。
試験直前期の、6月~8月は、会社の繁忙期であり、残業も多く帰宅時間が夜10時を過ぎることもありました。そういうこともあり、移動時間の有効活用がなければ、合格できなかったかも知れませんね。

モチベーションの維持はどのようにされましたか?

不合格通知を見て発憤興起

「毎日2時間、時間を確保して勉強する」などの決め事は作りませんでした。そうすると挫折してしまいそうだったからです。また、不合格通知を良く見ていました。これを見る度に「もう二度と落ちたくない」と思うことができて、やる気を高めていました。
それ以外としては、帰宅をしたらまずテレビを付けてしまうという癖があったのですが、加藤先生の講義DVDをセットしておくことで、テレビを付けたら加藤先生の講義が再生されるので、そのまま勉強に入れたのが良かったです。「道場破り®」の確認テストもゲーム形式で楽しく勉強することができました。

今後の目標などがあれば教えてください。

覚えた知識は活かしたい

今の仕事も続けていきたいですが、せっかく覚えた知識なので、社会保険労務に係わっていたいとは思っています。将来的には社会保険に携わる仕事がしたいと考えています。
そのためにも簿記やファイナンシャルプランナーの資格にもチャレンジしてみたいです。

最後に、これから社労士試験に挑戦される皆さんにアドバイスをお願いします。

私は6回目の試験で合格することができました。もし1回2回くらい試験を受けた方でやっぱりやめようと考えている方がいましたら、続けていればあきらめなければ絶対に受かると思いますので、初心を忘れずに頑張ってください。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ