ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
さて、今回から恒例の本試験へのコメントを書きたいと思います。
まずは、先日の5月試験・2級AFPの学科試験(前半)についてです。

【ライフプランニングと資金計画】
最近、ライフプランニングの手法やプロセスからの出題が目立ちます。
一時、まったくでない期間が続いたのに・・・

それから、気になったのは、10問中9問が、「不適切なものはどれか」で、
唯一の「正しいものはどれか」という問題は、計算問題でした。しかも、暗算で
計算できるサービス問題でしたが、テーマが税額控除。
ライフプランニングと資金計画という科目なのに、税額控除(住宅ローン控除)の計算問題が出題されました。
これは、たまにある出題傾向です。
税金は、全科目共通のテーマですから、タックスプランニングからの出題とは限らない
ということですね。

各問題の内容も、過去問題の類似問題ばかりで、難易度はこれまでより
やや易しめと感じるものでした。
毎回言うように、過去問題の攻略が合格のカギです。

【リスク管理】
いつものように、過去問題の類似問題が目立ちますが
団体信用生命保険だけで1問まるっと出題されていました。
このテーマは、これまでの出題回数からすればとても少ないのですが、平成19年以降
出題されるときは、年2回出題されています。少し注意が必要なテーマです。

そして、リスク管理も10問中9問が「不適切な(誤っている)ものはどれか」です。

なんか、偏っています。
不適切なものを1つ選択する問題は、その逆よりも選択がラクに感じます。

【金融資産運用】
10問中、計算問題が2問ありました。
学科試験なのに計算問題が登場するというのは、最近の傾向です。
また、穴埋め問題も1問ありました。

そして、ここ最近見受けられた「え?こんな問題出す?」というような
新傾向な問題は、見受けられず、過去問題の類似問題が多く見受けられます。

今回は、以上!
続きは、また来週~・・・



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。