ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

16

2019/10

直前対策その⑦

12:00:14 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。2019年9月第一回目のブログまでに、
FP試験直前対策その⑥までを掲載しています。今回はその続きを掲載し、
2020年1月試験対策としてこれから継続してアップしていきたいと思います。
是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕所得税の基本的な仕組み
FP 10-1

<解答>
①15 ②申告 ③源泉 ④超過累進

<実際にはこう出る!>
【税額の計算】
 課税所得金額が300万円である者の所得税額は、下記の速算表を使用して(   )となる。
FP 10-2

1) 19万2,750円
2) 20万2,500円
3) 29万250円

【解答 2】
 所得税の速算表から、課税所得金額×税率-控除額で所得税額を求めることができる。
課税所得金額300万円は「195万円超330万円以下」に該当するから、
300万円×10%-9万7,500円=20万2,500円

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
学資(こども)保険は、保険期間中に契約者が死亡した場合、死亡時点における解約返戻金相当額が支払われて保険契約が消滅する。

<解答> ✕
学資(こども)保険は、保険期間中に契約者が死亡した場合、以後の保険料を支払う必要がなくなります。そして、子どもが18歳など区切りがついたたときに保険金が支払われます。

【問題2】
ホテルを運営する企業が、クロークで預かる顧客の荷物の紛失・盗難リスクの補償に備えるために、受託者賠償責任保険に加入した。

<解答> ○
受託者賠償責任保険は、ホテルなどが加入する保険であり、クロークで預かる顧客の荷物の紛失・盗難リスクの補償に備えることが可能です。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

火災保険と地震保険について、2019年は一つのポイントとなる年であることを
ご存じでしょうか。
なぜならば、いずれの保険についても保険料が値上げされるため、今後の
保険加入に影響が出る可能性があるからです。
そこで、火災保険と地震保険の概要について解説するとともに、
どう利用すべきか解説していきます。

■住宅の補償は大きく3種類に分けられる
火災保険は、火災の他、風災、雪災、水災など幅広く補償します。
また、建物だけではなく、家財も保険の対象とすることができます。
住宅に関する火災保険は、大きく分けて3種類あります。
3種類とは、「住宅火災保険」「住宅総合保険」「オールリスクタイプ」です。
住宅火災保険は、主に火災・落雷・風災などを補償します。
住宅総合保険は、補償範囲がさらに広がり水災や盗難、給排水設備の事故などによる水漏れなども補償します。
近年ではこの2種類に加えて、オールリスクタイプが登場しています。
オールリスクタイプは、さらに補償範囲が広げられる他、必要な補償を選択することができる点に特徴があります。
また、付帯サービスとして鍵の紛失への対処などがついているものもあります。
いずれの保険を選択するかは、住居形態及び補償をどうつけるかによります。
マンションの高層階等であれば住宅火災保険でよいかもしれません。
一方で、一戸建ての場合には住宅総合保険のほうが無難です。
オールリスクタイプにより補償を選択するのもよいでしょう。

■どこの保険会社も補償内容は同じ
一方、地震保険は、地震、噴火、津波を原因とする損害を補償します。
地震による火災は火災保険の対象外となりますので、
そうした備えにも地震保険は必要です。
地震保険は、火災保険に付帯して加入する必要があり、
居住用建物および家財の損害を補償します。
国が後ろ盾となって行われている保険のため、
補償内容はどこの保険会社でも同じです。保険料も当然同じになります。
なお、保険料に関しては、建物の構造や地域によって異なります。
地震保険の保険金額は、主契約である火災保険の保険金額の30%~50%の
範囲となり、建物で最大5000万円、家財で最大1000万円となります。
地震保険は2019年1月から、火災保険は10月から保険料が値上げされました。
これは主に自然災害の増加が理由です。
地震保険は基本料率が平均して5.1%の値上げ、火災保険も基本的にほとんどの地域で
値上げとなりますので、どの程度影響が出そうかお客様や知り合い等にお伝えしフォローしておくとよいでしょう(一部値下げ)。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
労働者災害補償保険の保険料は、労働者と事業主が折半で負担する。

<解答> ✕
労働者災害補償保険の保険料は、すべて事業主が負担します。

【問題2】
国民年金の第3号被保険者は、確定拠出年金の個人型年金の加入者となることはできない。

<解答> ✕
現在は、国民年金第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者のいずれにおいても確定拠出年金に加入が可能です(個人型または第2号被保険者の場合には会社型か個人型)。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

昨今では、従来の保険ニーズに加えて、認知症など現代ならではのニーズに取り組む保険が増えてきています。
こうした新しい保険は、今後加入者が増加すると想定されるため、
どういった保険が登場してきているのか把握しておくことは大切です。
そこで、認知症保険や健康増進型保険といった新しい保険について解説していきます。

■2025年には65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症になるとの推計も
認知症は、何らかの病気により脳の神経細胞が破壊されることで起こる症状や状態をいい、認知症が進むことで理解力や判断力が低下し、日常生活に支障が出てくるようになります。具体的には体験したことをすべて覚えていないといった状況です。

平成29年版高齢社会白書によれば、2012年には認知症高齢者数は462万人であり65歳以上
の高齢者の約7人に1人が該当していたとのことです。
これが2025年には約5人に1人が該当するようになるとの推計もあり、今後ますます認知症
に関心をもつ・悩みを抱えるケースが増えると想定されます。

そこで登場してきたのが、「認知症保険」です。認知症保険は、一定の認知症と診断された場合に一時金が支給されるものです。一生涯保障する終身型と一定期間保障を受けることができる定期型があり、いずれも一時金を受け取ることができるのは1回のみとなっています。
一時金以外にも、転倒事故の多い高齢者向けに骨折治療の保障が含まれるもの、死亡時の保障が含まれるもの、軽度の認知症障害でも保障されるものなど商品によって保障内容が異なります。認知症以外への保障が必要かどうかで使い分けるとよいでしょう。

■健康状況によりメリットが生まれる健康増進型保険
もう一つ健康増進型保険も知っておきましょう。健康増進型保険は、健康状況や健康に向けて行動しているかどうかによって、保険料が変動したり特典が付くといった保険です。具体的には、健康診断の情報を保険会社に提供することで特典が受けられる、人間ドックの結果通知書などにより保険料が安くなるといったメリットがあります。

こうした保険は、健康への意識を高め、健康でいられる人を応援する意味もあります。万が一に備えて医療保障などの保障を得ながらも、健康を維持するよう努力していきたい。そうしたニーズにマッチした保険といえます。
このように、健康を意識したもの、現代の病気にあわせた保険が多く登場してきています。新聞等で把握するように努めてください。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
民法の規定によれば、不動産の売買契約において、売買の目的物に隠れた瑕疵があり、買主が売主の瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求をする場合、買主は、その瑕疵がある事実を知った時から( )以内に当該権利を行使しなければならない。
1) 1年
2) 2年
3) 5年

<解答> 1)
不動産の瑕疵担保責任は、買主は、その瑕疵がある事実を知った時から1年以内に当該権利を行使しなければなりません。

【問題2】
投資総額2,000万円で購入した賃貸用不動産の年間収入の合計額が120万円、年間費用の合計額が40万円である場合、この投資の純利回り(NOI利回り)は、( ) である。
1) 3.5%
2) 4.0%
3) 6.0%

<解答> 2)
NOI利回りは、(年間収入-年間費用)÷投資総額×100(%)で計算できます。本問の場合、(120万円-40万円)÷2,000万円×100=4.0%となります。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

老後資金2000万円問題の件もあり、老後資金構築を真剣に考える方が増えてきています。
資産運用による老後資金構築方法もありますが、まずはリスクを極力取らず着実に
老後資金を貯めていく方法を検討すべきでしょう。
そこで候補に挙がるのが、個人年金保険です。まずは個人年金保険の概要を把握し、
どのように利用していけば良いか確認していきましょう。

■一定期間年金が支払われるケースが一般的
個人年金保険は、生命保険の一種です。契約時に決めた年齢に到達したときに、
一定期間もしくは一生涯にわたり年金を受け取ることができます。
一般的には、10年や15年受け取ることができる年金保険が多いですが、
中には終身受け取れるものもあります。
途中解約をしなければ、受け取る年金額は払い込んだ金額よりは多くなるように設計
されています。そのため、着実に老後資金を構築したい方には向いています。
なお、個人年金保険契約者が年金受け取り開始前になくなった場合には、
それまでに払い込んだ保険料相当額が死亡給付金として支払われます。

また、年金受け取り開始後になくなった場合には、受け取る期間が当初から確定されて
いる確定年金に関しては残りの期間分遺族に支払われます。
一生涯保障がある終身年金保険や期間限定で途中でなくなった場合にはそこまでしか
受け取れない有期年金に関しては、年金受け取り開始後に亡くなれば支払いがストップになります。昨今の低金利下では個人年金保険も魅力が薄れてきており、なかなか増えないのが実情です。
また、物価が上昇した場合には、それに対応できないのもデメリットと言えましょう。
とはいえ、一度加入すると、契約時に定めた返戻率をもとに運用されるため、
65歳時などにいくら受け取ることはできるかが明確になる点は老後資金計画を立てやすくメリットと言えます。

そこで、老後資金構築の一手段として、個人年金保険を活用し安定的に貯める選択肢を
とりつつ、増やすという観点からは変額年金保険を使うといった方法が考えられます。
変額年金保険は支払った掛金をもとに運用し、
運用結果によって年金額が変動する保険です。
変額年金保険では、運用重視しコツコツ増やす。一方個人年金保険(定額)では着実に増やして老後資金対策を構築するとよいでしょう。
この他、確定拠出年金なども駆使して、老後資金対策を自助努力でできるように運用していくとよいでしょう。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
国内において支払を受ける預貯金の利子は、原則として、国税(復興特別所得税を含む)と地方税を合わせて( ① )の税率による( ② )分離課税の対象となる。
1) ① 14.21% ② 申告
2) ① 20.315% ② 申告
3) ① 20.315% ② 源泉

<解答> 3)
預貯金の利子は、所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%、計20.315%の源泉分離課税となります。

【問題2】
所得税における住宅借入金等特別控除の対象となる借入金は、住宅の取得等のための一定の借入金で、契約において( )以上にわたって分割返済する方法になっているものである。
1) 10年
2) 15年
3) 20年

<解答> 1)
住宅借入金等特別控除は、ローンの期間が10年以上ある必要があります。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



11

2019/09

直前対策その⑥

10:33:43 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

前回に続き、9月試験もかねて、直前対策(3級レベル)を記載していきます。
ワンポイント講座のようなものにしますので、是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕株式投資
FP2

<解答>
①指値 ②成行 ③高い ④低い ⑤株式ミニ投資 ⑥売買高 ⑦日経平均株価
⑧時価総額指数 ⑨割安 ⑩割安

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
個人向け国債の金利の下限は、年( )%である。
1) 0.02
2) 0.03
3) 0.05

<解答> 3)
個人向け国債は、金利の下限が年0.05%と決まっています。

【問題2】
外貨預金の払戻し時において、預金者が外貨を円貨に換える場合に適用される為替 レートは、預入金融機関が提示する( )である。
1) TTS
2) TTM
3) TTB

<解答> 3)
外貨を円に直すときはTTB、円を外貨に直すときはTTSのレートになります。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



04

2019/09

直前対策その⑤

9:30:18 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

前回に続き、9月試験もかねて、直前対策(3級レベル)を記載していきます。
ワンポイント講座のようなものにしますので、是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕経済・金融の基礎知識

FP

<解答>
①1 ②1 ③インターバンク ④オープン ⑤民間最終消費支出(個人消費)
⑥業況判断DI ⑦内閣府 ⑧企業物価指数 ⑨含まれない ⑩上昇 ⑪下落
⑫上昇 ⑬下落 ⑭上昇 ⑮下落 ⑯売り ⑰買い

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
全国の世帯が購入する家計に係る財およびサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定する(   )は、総務省が公表している。
1) 景気動向指数
2) 消費者物価指数
3) 消費者態度指数

<解答> 2)
消費者物価指数は総務省、企業物価指数は日本銀行が公表します。

【問題2】
投資信託における(   )運用は、企業の成長性が市場平均よりも高いと見込まれる銘柄に投資する運用手法である。
1) グロース
2) パッシブ
3) バリュー

<解答> 1)
成長性を重視する運用手法はグロース、割安度合いを重視する運用手法はバリュー投資といいます。

いかがでしたでしょうか?試験対策をあと1回続けていきます。
それではまた次回、お楽しみに★



30

2019/08

直前対策その④

16:02:42 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

前回に続き、9月試験もかねて、直前対策(3級レベル)を記載していきます。
ワンポイント講座のようなものにしますので、
是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕損害保険

<覚えるポイント>
◆損害保険用語
・(①)とは、保険金額が保険価額を上回っている保険契約をいう。保険価額を超える
 損害保険金は支払われない。一方、(②)とは、保険金額が保険価額を下回っている
 保険契約をいう。保険金は比例てん補される

◆失火の責任に関する法律(失火責任法)
・軽過失による失火の場合には、隣家に対して損害賠償責任を(③)。借家の場合、
 借家人は、家主に対しては損害賠償責任を(④)

◆損害保険商品
・地震保険は、地震・噴火・津波による居住用建物または家財の損害をカバーする
 保険であり、単独での加入はできず、(⑤)に付帯して加入する。保険金額は
 火災保険金額の30%~50%の範囲で設定(建物⑥万円、家財⑦万円が限度)される
・自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、すべての車(原付含む)に加入が義務
 付けられている保険であり、補償の対象は対人賠償事故に限られる。保険金額の支払
 限度は、死亡:1名につき(⑧      )万円、後遺障害:程度に応じて1名に
 つき75万円から4,000万円、傷害:1名につき120万円である
・搭乗者傷害保険は、自動車の搭乗者が事故により死亡・後遺障害・傷害を被った場合
 に、自賠責保険の支払いの有無にかかわらず支払われる
・人身傷害補償保険は、保険金額内で自動車事故により被ったケガの損害額は、
 過失の有無に関係なく保険金が支払われる
・普通傷害保険は、(⑨)を問わず、日常生活(家庭内、職場内、旅行中など)の中で
 起きるケガを補償する保険をいう。病気は(⑩)、地震・噴火・津波が原因の場合も
 特約がない限り(⑪)
・積立傷害保険は、保険金の支払いが何回あっても、保険金額・満期返戻金は減額(⑫)
・海外旅行保険では、細菌性の食中毒や地震等によるケガは補償(⑬)

※損害保険分野も、生命保険分野に続き学科試験で必須です。
復習を怠らないようにしてください。

<解答>
①超過保険 ②一部保険 ③負わない ④負う ⑤火災保険 ⑥5,000 
⑦1,000 ⑧3,000 ⑨国内外 ⑩対象外 ⑪対象外 ⑫されない
⑬される

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
海外旅行保険では、海外旅行中に発生した地震によるケガは( ① )、
海外旅行から帰宅途中の日本国内で起きた事故によるケガ( ② )。
1) ① 補償の対象となり ②も補償の対象となる
2) ① 補償の対象となるが ②は補償の対象とならない
3) ① 補償の対象とならないが ②は補償の対象となる

<解答> 1)
海外旅行保険は、出発から帰宅までを補償する保険です。海外だけではなく、
出発から帰宅までの国内でのケガも補償されます。

【問題2】
個人賠償責任保険では、被保険者の( )ケガを負わせ、
法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害は、補償の対象とならない。
1) 飼い犬が被保険者と散歩中に通行人に噛みつき
2) 同居の子が自転車で走行中に通行人にぶつかり
3) 配偶者が自動車の運転中に歩行者に接触して

<解答> 3)
自動車事故は個人賠償背金保険の補償対象外ですのでご注意ください。

いかがでしたでしょうか?試験対策を今後も数回続けていきます。
それではまた次回、お楽しみに★



23

2019/08

直前対策その③

10:07:48 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

前回に続き、9月試験もかねて、直前対策(3級レベル)を記載していきます。ワンポイント講座のようなものにしますので、是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕生命保険
<覚えるポイント>
◆生命保険料の仕組み
・(①)とは、少数では不確定なことも、多数で見ると一定の法則が見られることをいう
⇒保険では、保険料を算出する際に使用される
・(②)とは、契約者が支払う保険料の総額(運用益も含む)と、支払われる保険金
および予定経費の合計額が等しくなるように計算する原則をいう
・保険料は、純保険料と付加保険料から構成される。(③)は、保険金の支払い財源と
なる部分であり、さらに死亡保険料と生存保険料に区分けされる。これらは、予定死亡
率と予定利率をもとに計算される。一方、(④)は保険事業を維持・管理するための
費用(保険会社の経費等)であり、予定事業費率をもとに計算される

 
◆保険契約において知っておきたい事項
・(⑤)とは、保険契約にあたり被保険者の健康状態、病歴、職業などを保険会社に告げ
る義務をいう。告知にあたり重要な事項を告げなかったり、事実と異なることを告げた
場合には告知義務違反となる。この場合には、保険会社は保険契約の解除や保険金支
払いを拒絶できる
・(⑥)とは、保険会社が保障を開始する日のことをいい、保険会社の承諾があり、かつ
①保険契約の申込み、②告知または診査、③第1回保険料(充当金)払込みの3つが
完了した時となる
・保険料は、払い込む期間が定められているが、その期間を過ぎても一定期間は保険料の
払込みが猶予される。しかしながら、猶予期間を過ぎても払い込みがない場合には、
保険契約は原則として(⑦)する

払込方法 猶予期間
月払い 払込期月の翌月1日から末日まで
<例>払込期月が2月だとすると、猶予期間は3月1日から3月31日まで
半年払い
年払い
払込期月の翌月1日から翌々月の月単位の契約応当日まで
<例>払込期月が2月、契約応当日が10日だとすると、猶予期間は3月1日から4月10日まで

 
 
◆保険内容の変更
・契約転換制度とは、現在加入している保険の責任準備金や配当金を利用して、同じ
保険会社の新たな保険に加入する仕組みをいう。この場合には、新たに告知または
診査が必要となり、保険料は新たに加入する時の年齢、予定利率により計算される
ことになる
・(⑧)とは、保険契約者が保険契約の解約返戻金の一定範囲内で保険会社から貸付
を受ける制度をいう。一方、自動振替貸付制度とは、保険料の払込みがなかった
場合に保険会社が自動的に保険料を立て替えて契約を有効に継続させる制度をいう
・(⑨)とは、保険料の払込みを中止し、その時点の解約返戻金をもとに元の保険
金額を変えずに新たに保険期間を定め、一時払定期保険に変更するものをいう。
一方、(⑩)とは、保険料の払込みを中止し、その時点の解約返戻金をもとに元の
契約の保険期間を変えずに新たに保険金額を定め、元の主契約と同じ種類の保険
または養老保険に変更するものをいう

 
◆生命保険商品
・(⑪)とは、主に子供の教育資金の準備を目的とした保険であり、通常親が契約者、
子供が被保険者で加入する。契約者である親が死亡した場合には、それ以降の
保険料が免除されるが、生存給付金や満期保険金は受け取ることができる。親が
死亡または高度障害になったからといって死亡保険金や高度障害保険金が支払わ
れるわけではない
・個人年金保険の種類には、大きく分けて終身年金・確定年金・有期年金がある
(⑫)年金 被保険者が生存する限り、年金が支払われる
(⑬)年金 被保険者の生存を条件に、一定期間(例:10年間など)年金が支払われる
(⑭)年金 被保険者の生死にかかわらず、一定期間(例:10年間など)年金が支払われる
・少額短期保険業とは、保険業のうち少額かつ短期の保険のみを行う事業をいう。
1人の被保険者から引き受けることのできるすべての保険契約に係る保険金額の
合計額は、原則として1,000万円を超えてはならないとされる。また、少額
短期保険業者は、保険契約者保護機構には加入対象外なため、経営破たんした場合
には保険契約者保護機構による保護は(⑮)
・総合福祉団体定期保険とは、福利厚生を目的とした定期保険になり、法人を契約者、
役員・従業員が被保険者となる(⑯   )年更新の団体保険である※生命保険は、
学科試験で必須の分野です。様々なルール、保険の内容をしっかり確認してください。

 
<解答>
①大数の法則 ②収支相当の原則 ③純保険料 ④付加保険料 ⑤告知義務
⑥責任開始日 ⑦失効 ⑧契約者貸付制度 ⑨延長保険 ⑩払済保険 ⑪こども保険
⑫終身 ⑬有期 ⑭確定 ⑮受けられない ⑯1

 
<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
保険業法上の保険募集において、(①)とは、保険募集人が保険契約の勧誘を行い、保険契約の成立は保険会社の承諾による形態を指し、(②)とは、保険募集人が承諾をすれば、その保険契約が成立する形態を指す。
1) ① 代理 ② 媒介
2) ① 斡旋 ② 代理
3) ① 媒介 ② 代理

<解答> 3)
媒介と代理の違いについて問う問題です。媒介では、保険会社の承諾が必要となります。

 
【問題2】
生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が妻、死亡保険金受取人が子である場合、子が受け取る死亡保険金は、( )の課税対象となる。
1) 相続税
2) 贈与税
3) 所得税

<解答> 2)
契約者、被保険者、死亡保険金受取人が全員異なる場合には、死亡保険金受取人が受けとる保険金は相続税の課税対象となります。

 
いかがでしたでしょうか?試験対策を今後も数回続けていきます。
それではまた次回、お楽しみに★



16

2019/08

直前対策その②

11:00:08 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

前回に続き、9月試験もかねて、直前対策(3級レベル)を記載していきます。
ワンポイント講座のようなものにしますので、是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕社会保険制度
<覚えるポイント>

◆健康保険
・(①)制度とは、病気やケガなどで治療を受けた場合の自己負担分が一定の限度額を
 超えた場合、超えた金額分が健康保険から支給される制度である
・傷病手当金は、病気やケガのため働けず給与が支払われない時などに、休業した時
 から3日間の待機期間をおき、4日目から(②)間、休業1日につき標準報酬日額の
 (③)相当額が支給される
・出産育児一時金は、被保険者が出産した場合に支給される。また、被保険者の被扶養
 者が出産した場合には(④)が支給される
・任意継続被保険者制度とは、退職後も健康保険の被保険者となることができる制度で
 ある。要件として、資格喪失日の前日までに継続して(⑤)ヵ月以上健康保険の被保険
 者であった者、資格喪失日から(⑥)日以内に申し出をすること、加入できる期間は
 (⑦)年間、保険料は全額自己負担といった点を覚えておくこと

◆国民健康保険
・国民健康保険の保険料は、各市町村・(⑧)ごとに異なる

◆公的介護保険
・公的介護保険の第一号被保険者は(⑨)歳以上の人が該当し、保険料は年金受給者
 (年額18万円以上)の場合は、原則として年金から天引きされる。また、第二号被
 保険者は(⑩)歳以上65歳未満の人が該当し、保険料(労使折半)は医療保険の
 保険料として一括納付される
・公的介護保険のサービスを利用した場合、介護サービス費用の原則(⑪)割が自己
 負担となる(収入が多い場合は2割、3割のケースあり)

◆雇用保険
・(⑫)は、1歳未満(要件を満たす場合には最長2歳未満)の子の育児のために休業
 した場合に支給される
・教育訓練給付(通常)は、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受講する場合、教育訓練
 費用(授業料など)の(⑬)%相当額が支給される。上限は10万円、受講開始日に
 雇用保険の被保険者期間が3年以上(初回のみ1年以上)あることが要件

※社会保険は必須内容です。いずれかの保険は出題されます。

<解答>
①高額療養費 ②1年6ヵ月 ③3分の2 ④家族出産育児一時金 ⑤2 ⑥20 ⑦2
⑧国民健康保険組合 ⑨65 ⑩40 ⑪1 ⑫育児休業給付 ⑬20

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
健康保険の任意継続被保険者となるためには、健康保険の被保険者資格を喪失した日の前日まで継続して( ① )以上被保険者であった者が、原則として、資格喪失の日から( ② )以内に任意継続被保険者の資格取得手続を行う必要がある。
1) ① 2カ月 ② 20日
2) ① 2カ月 ② 14日
3) ① 1年 ② 14日

<解答> 1)
健康保険の任意継続被保険者の要件は、2ヵ月以上被保険者であった、資格喪失日から20日以内に申請、辞めてから2年間加入可能。いずれも2がつく点はしっかり覚えてください。

【問題2】
遺族厚生年金の額(中高齢寡婦加算額および経過的寡婦加算額を除く)は、原則と して、死亡した者の厚生年金保険の被保険者記録を基礎として計算した老齢厚生年金 の報酬比例部分の額の( )に相当する額である。
1) 2分の1
2) 3分の2
3) 4分の3

<解答> 3)
遺族年金関連で分数が問われたら4分の3と覚えておきましょう。

いかがでしたでしょうか?試験対策を今後も数回続けていきます。
それではまた次回、お楽しみに★



09

2019/08

直前対策その①

10:00:19 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

今回は、9月試験もかねて、直前対策(3級レベル)を記載していきます。
ワンポイント講座のようなものにしますので、
是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕関連法規

<覚えるポイント>
◆FPと関連業法
・税理士ではないFPは、有償はもちろん無償であっても(①)や(② )の作成を
 行うことはできない
・保険募集人ではないFPは、生命保険や損害保険の(③)・勧誘を行うことはできない
・投資助言・代理業を行うためには、(④)が必要
・弁護士ではないFPは、個別具体的な(⑤)を下すことができず、相続財産の分割案の
 提示等は行うことはできない

<解答>
①税務相談 ②確定申告書 ③募集 ④内閣総理大臣の登録 ⑤法律判断

〔2〕ライフプランニングの考え方

<覚えるポイント>
◆キャッシュフロー表の計算
・(①)の価格=(②)の価格×(1+変動率)経過年数
・年間収支=(③)-(④)
・金融資産残高=前年の金融資産残高×(1+変動率)+(⑤)

◆6つの係数
・(⑥)は、現在の価格から将来の価格を求める際に使用する
・(⑦)は、将来の価格を現在の価格へ直す際に使用する
・(⑧)は、現在手元にあるお金を複利運用しながら一定期間で取り崩していく場合、
   毎年いくら受け取ることができるかを求める際に使用する
・(⑨)は、一定期間にわたって複利運用をしながら毎年一定金額を受け取るためには、
   現在手元にいくらあればよいのかを求める際に使用する
・(⑩)は、一定期間にわたって複利運用しながら毎年一定金額を積み立てていった
   場合、一定期間後いくらになるかを求める際に使用する
・(⑪)は、一定期間後に一定金額を得るためには、毎年複利運用をしながらどれだけ
   積み立てればよいのかを求める際に使用する

※6つの係数はいずれも必須です。計算の仕方も覚えてください。

<解答>
①将来 ②現在 ③年間収入 ④年間支出 ⑤年間収支 ⑥終価係数 ⑦現価係数
⑧資本回収係数 ⑨年金現価係数 ⑩年金終価係数 ⑪減債基金係数

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
被相続人の相続開始前に死亡している被相続人の子を代襲して相続人となった被相続人の孫が相続により財産を取得した場合、相続税額の計算上、相続税額の2割加算の対象となる。

<解答> ✕
代襲相続人の場合は、相続税額の2割加算の対象にはなりません。

【問題2】
相続財産の評価において、相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、既払込保険料相当額によって評価する。

<解答> ✕
相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、解約返戻金相当額によって評価する。

いかがでしたでしょうか?試験対策をここから数回続けていきます。
それではまた次回、お楽しみに★



1 / 4912345...102030...最後 »

伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。