ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

16

2019/08

直前対策その②

11:00:08 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

前回に続き、9月試験もかねて、直前対策(3級レベル)を記載していきます。
ワンポイント講座のようなものにしますので、是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕社会保険制度
<覚えるポイント>

◆健康保険
・(①)制度とは、病気やケガなどで治療を受けた場合の自己負担分が一定の限度額を
 超えた場合、超えた金額分が健康保険から支給される制度である
・傷病手当金は、病気やケガのため働けず給与が支払われない時などに、休業した時
 から3日間の待機期間をおき、4日目から(②)間、休業1日につき標準報酬日額の
 (③)相当額が支給される
・出産育児一時金は、被保険者が出産した場合に支給される。また、被保険者の被扶養
 者が出産した場合には(④)が支給される
・任意継続被保険者制度とは、退職後も健康保険の被保険者となることができる制度で
 ある。要件として、資格喪失日の前日までに継続して(⑤)ヵ月以上健康保険の被保険
 者であった者、資格喪失日から(⑥)日以内に申し出をすること、加入できる期間は
 (⑦)年間、保険料は全額自己負担といった点を覚えておくこと

◆国民健康保険
・国民健康保険の保険料は、各市町村・(⑧)ごとに異なる

◆公的介護保険
・公的介護保険の第一号被保険者は(⑨)歳以上の人が該当し、保険料は年金受給者
 (年額18万円以上)の場合は、原則として年金から天引きされる。また、第二号被
 保険者は(⑩)歳以上65歳未満の人が該当し、保険料(労使折半)は医療保険の
 保険料として一括納付される
・公的介護保険のサービスを利用した場合、介護サービス費用の原則(⑪)割が自己
 負担となる(収入が多い場合は2割、3割のケースあり)

◆雇用保険
・(⑫)は、1歳未満(要件を満たす場合には最長2歳未満)の子の育児のために休業
 した場合に支給される
・教育訓練給付(通常)は、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受講する場合、教育訓練
 費用(授業料など)の(⑬)%相当額が支給される。上限は10万円、受講開始日に
 雇用保険の被保険者期間が3年以上(初回のみ1年以上)あることが要件

※社会保険は必須内容です。いずれかの保険は出題されます。

<解答>
①高額療養費 ②1年6ヵ月 ③3分の2 ④家族出産育児一時金 ⑤2 ⑥20 ⑦2
⑧国民健康保険組合 ⑨65 ⑩40 ⑪1 ⑫育児休業給付 ⑬20

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
健康保険の任意継続被保険者となるためには、健康保険の被保険者資格を喪失した日の前日まで継続して( ① )以上被保険者であった者が、原則として、資格喪失の日から( ② )以内に任意継続被保険者の資格取得手続を行う必要がある。
1) ① 2カ月 ② 20日
2) ① 2カ月 ② 14日
3) ① 1年 ② 14日

<解答> 1)
健康保険の任意継続被保険者の要件は、2ヵ月以上被保険者であった、資格喪失日から20日以内に申請、辞めてから2年間加入可能。いずれも2がつく点はしっかり覚えてください。

【問題2】
遺族厚生年金の額(中高齢寡婦加算額および経過的寡婦加算額を除く)は、原則と して、死亡した者の厚生年金保険の被保険者記録を基礎として計算した老齢厚生年金 の報酬比例部分の額の( )に相当する額である。
1) 2分の1
2) 3分の2
3) 4分の3

<解答> 3)
遺族年金関連で分数が問われたら4分の3と覚えておきましょう。

いかがでしたでしょうか?試験対策を今後も数回続けていきます。
それではまた次回、お楽しみに★



09

2019/08

直前対策その①

10:00:19 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

今回は、9月試験もかねて、直前対策(3級レベル)を記載していきます。
ワンポイント講座のようなものにしますので、
是非最後の追い込みとしてご確認ください。

括弧にあてはまる語句を答えてください。
〔1〕関連法規

<覚えるポイント>
◆FPと関連業法
・税理士ではないFPは、有償はもちろん無償であっても(①)や(② )の作成を
 行うことはできない
・保険募集人ではないFPは、生命保険や損害保険の(③)・勧誘を行うことはできない
・投資助言・代理業を行うためには、(④)が必要
・弁護士ではないFPは、個別具体的な(⑤)を下すことができず、相続財産の分割案の
 提示等は行うことはできない

<解答>
①税務相談 ②確定申告書 ③募集 ④内閣総理大臣の登録 ⑤法律判断

〔2〕ライフプランニングの考え方

<覚えるポイント>
◆キャッシュフロー表の計算
・(①)の価格=(②)の価格×(1+変動率)経過年数
・年間収支=(③)-(④)
・金融資産残高=前年の金融資産残高×(1+変動率)+(⑤)

◆6つの係数
・(⑥)は、現在の価格から将来の価格を求める際に使用する
・(⑦)は、将来の価格を現在の価格へ直す際に使用する
・(⑧)は、現在手元にあるお金を複利運用しながら一定期間で取り崩していく場合、
   毎年いくら受け取ることができるかを求める際に使用する
・(⑨)は、一定期間にわたって複利運用をしながら毎年一定金額を受け取るためには、
   現在手元にいくらあればよいのかを求める際に使用する
・(⑩)は、一定期間にわたって複利運用しながら毎年一定金額を積み立てていった
   場合、一定期間後いくらになるかを求める際に使用する
・(⑪)は、一定期間後に一定金額を得るためには、毎年複利運用をしながらどれだけ
   積み立てればよいのかを求める際に使用する

※6つの係数はいずれも必須です。計算の仕方も覚えてください。

<解答>
①将来 ②現在 ③年間収入 ④年間支出 ⑤年間収支 ⑥終価係数 ⑦現価係数
⑧資本回収係数 ⑨年金現価係数 ⑩年金終価係数 ⑪減債基金係数

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
被相続人の相続開始前に死亡している被相続人の子を代襲して相続人となった被相続人の孫が相続により財産を取得した場合、相続税額の計算上、相続税額の2割加算の対象となる。

<解答> ✕
代襲相続人の場合は、相続税額の2割加算の対象にはなりません。

【問題2】
相続財産の評価において、相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、既払込保険料相当額によって評価する。

<解答> ✕
相続開始時に保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、原則として、解約返戻金相当額によって評価する。

いかがでしたでしょうか?試験対策をここから数回続けていきます。
それではまた次回、お楽しみに★



24

2019/07

投資型年金保険②

11:43:22 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

前回に続き、今回も投資型年金の解説を行っていきます。
どんな特徴があるのでしょうか?

■投資型年金保険の主な特徴とは?
投資型年金保険の主な特徴について解説します。前回の繰り返しになりますが、
投資型年金保険は定額年金保険とは異なり、保険契約者自身で運用を選択します。
そのため、運用成果によって将来の年金額や解約返戻金が増減することになります。

運用商品は、各投資型保険によって異なるものの、一般的には株式や債券のファンドで運用を行います。日本株式に20%などといった、当初決めた運用比率は途中で変更することが可能であり、その時々の情勢により他のファンド(特別勘定)へ乗り換えることができます。これをスイッチングといいます。
スイッチングに関しては、一定の範囲で行うことが可能であるケースが多く、生命保険会社によっては各特別勘定に繰り入れる資金の割合自体を変更することもできます。
ただし、所定回数以上のスイッチングを行う場合には、一般的に費用がかかるといえる
ため、何回も見直しを行うというよりは今後の経済情勢を見据えて、どのような対応が
望ましいかじっくり検討し、見直しは年1~2回程度ですむような設計をたてるべき、
といえます。

このほか、投資型年金では将来のインフレに対応できる点もメリットとして挙げることができます。
定額年金保険の場合、保険料支払い時に将来の年金額を確定することができます。
将来いくら受け取ることができるのかが明確になるため、わかりやすい、将来設計が
しやすいといった利点があるものの、インフレには対応できません。
仮に物価が大幅に上昇した場合には、実質的な資産価値が目減りする可能性があります。
一方で、投資型年金保険では、運用結果により年金額が異なるものの、株式等で運用
することでインフレ対応が可能となります。
将来のことは誰もわからないものの、日本銀行の「2%の物価安定目標」が続くこと、人件費の上昇や輸入物価の上昇などが将来的にインフレへと導く可能性は否定できないことを考慮すれば、投資型年金による運用も一理あると考えることができます。

もう一点、投資型年金保険には税金面でメリットがある点を忘れてはなりません。
税金面のメリットには主に3つの観点(支払い時・運用時・受け取り時)があります。
節税効果をお客様に説明することで、投資型年金保険の魅力を引き出しお客様の考え方にも影響を与えることができるかもしれません。
こういう商品を探していた、と気づきを与えることにもつながる可能性があるのです。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
借地借家法の規定によれば、事業用定期借地権等の設定を目的とする契約は、公正証書によって締結しなければならない。

<解答> ○
事業用定期借地権は、公正証書による契約を行う必要があります。

【問題2】
建築基準法の規定によれば、住宅は、工業地域内および準工業地域内においても建築することができる。

<解答> ○
住宅は、工業専用地域では建てることができませんが、工業地域内および準工業地域内においては建築することができます。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



11

2019/07

投資型年金保険①

11:36:33 | 学習について |

皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

今月は、老後資金にからめた話として資産形成を中心に話をしています。
今回は、投資型年金について解説していきます。
自助努力の一環として、様々な方法を覚えておきましょう。

(1)変額年金保険とも呼ばれている
投資型年金保険は、変額年金保険とも呼ばれています。
お客様が支払う保険料をもとにお客様自身が運用するファンドを選択、運用を開始します。
そしてこの運用結果次第で、受け取ることができる年金額や解約返戻金が変動します。

運用を行うだけであれば、通常の投資信託による分散投資となんら変わりありません。
投資型年金保険のメリットは、運用結果を年金として受け取ることができるほか、
年金受け取り開始前に被保険者が死亡した場合に死亡給付金を受け取ることができる点にあります。

特に、死亡給付金については、運用がうまくいかなかった場合には払込保険料相当額が
最低保証されるケースが多いため、万が一の時にはある程度まとまった資金を確実に遺族に残すことができる設計になっています。
もちろん、払込保険料相当額以上に増加している場合には、その増加した金額を死亡給付金として受け取ることができます。
なお、年金として受け取る場合には、最低保証のある投資型年金保険を除いて、
運用結果次第となるため、運用をどう行うかが最重要ポイントになります。
運用した結果、年金原資が払込保険料を下回れば、下回った金額しか受け取ることが
できない点がデメリットといえます。

(2)投資型年金保険には様々なタイプがある
一言で投資型年金保険といっても、様々なタイプがあります。
投資型年金保険では、通常の年金保険と異なり、特別勘定で運用されます。
この特別勘定が1つという投資型年金保険もあれば、複数あるといった投資型年金保険も
あります。

例えば、日本株式型、世界株式型、日本債券型、世界債券型といった複数の特別勘定に
分かれている場合、いくつかを選択して分散投資を図ることができます。
どのように選択するかによって、お客様の年金原資が変わることになるため、提案の際に
注意が必要となる点です。

また、年金額を確定するタイプと年金受け取り開始後も運用実績によって年金額が増減
するタイプにわかれます。お客様が受け取れる年金額を60歳時点などで確定させたい
場合には、確定タイプを提案すべきといえます。

なお、保険料について、多くの投資型年金保険では保険契約時に一時払いとし、
その支払った保険料を運用するタイプが主流です。中には、毎月保険料を支払い、
支払った保険料をもとにコツコツ運用していくタイプもあります。
仮に両方提案できる場合には、お客様のライフプランにあわせて、
どちらが適切か見極めていく必要もあるでしょう。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
納税者の2018年分の合計所得金額が1,000万円を超えている場合、配偶者の合計所得金額の多寡にかかわらず、所得税の配偶者控除の適用を受けることはできない。

<解答> ○
合計所得金額が1,000万円を超えると、配偶者の収入にかかわらず配偶者控除の適用はできません。

【問題2】
不動産取引において、買主が売主に解約手付を交付したときは、相手方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄することで、売主はその手付を返還することで、それぞれ契約を解除することができる。

<解答> ✕
不動産取引において、買主が売主に解約手付を交付したときは、相手方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄することで、売主はその手付の倍額を支払うことで、それぞれ契約を解除することができます。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

NISAの一つに、「職場積み立てNISA」があるのをご存じでしょうか?
この仕組みは、給与や賞与などを天引きし、NISA口座で積み立て投資を行うものです。
基本的な仕組み自体は通常のNISAによる投資と変わりありません。

実際にNISAを企業として導入し、福利厚生の一環として実施するケースが増えてきており、今後一つの資産形成方法として定着していく可能性があります。

具体的にどのような仕組みで、現状どのぐらいの企業が実施しているのでしょうか?
解説していきたいと思います。

(1)職場積み立てNISAの5つの特徴とは?
①給与天引きで手間暇かからず
職場積み立てNISAには5つの特徴があります。
まず、給与や賞与等から天引きしNISAで運用することにより、
自動的に定時定額購入が可能な点を挙げることができます。
通常のNISA投資では入金後、発注を行うことで投資が可能ですが、
天引きが可能であればそうした手間を省くことができます。

②非課税の恩恵を享受可能
NISA口座での運用となるため、売買益や分配金等が非課税となります。
中期的な運用はNISAで、長期的な運用は確定拠出年金とすることにより、
中長期両面において、非課税の恩恵を受けつつ、企業内で資産形成を図ることが可能になります。
そのため、職場での資産形成方法として職場積み立てNISAを導入し、
企業が資産運用教育を従業員に行う流れは、確定拠出年金同様、
資産形成を促す一つの方法として定着していくかもしれません。

③毎月コツコツ積み立て投資
NISA口座では、まとめて120万円投資を行うこともできますが、
職場積み立てNISAでは、毎月1万円から継続的に購入する方法をとります。
そのため、無理のない範囲で計画的に資産形成を行うことが可能です。

④時間分散を図ることが可能
毎月積み立てによる運用は、時間分散の役割を果たします。
基準価額の高い時には購入するファンドの口数は少なくなりますが、
基準価額の低い時には購入するファンドの口数は多くなります。
その結果、平均単価を抑制することができ、リスク分散効果を発揮できます。

⑤分配金の再投資により複利効果を享受できる
運用するファンドによっては分配金が出ることがあります。
この分配金は自動的に再投資される仕組みとなっていることから、
長期的には複利効果を享受できることになります。

こうした5つの特徴のうち、②~⑤はNISA口座を積み立てにより行う場合でもメリットとして享受できます。
①が職場積み立てNISAならではという特徴になりますが、
通常のNISA口座でも預金口座から天引きを設定することで毎月決まった日に購入していくことが可能となります。
こうした制度も是非覚えておくとどこかで実務で役立つことでしょう。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
上場株式を譲渡したことによる損失の金額は、確定申告をすることによって、不動産所得などの他の所得金額と損益通算することができる。

<解答> ✕
上場株式の譲渡損失は、同じ上場株式の損益通算としては可能です。ただし、他の所得金額と損益通算することはできません。

【問題2】
確定拠出年金の個人型年金において加入者が拠出した掛金は、その2分の1相当額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となる。

<解答> ✕
確定拠出年金の個人型年金において加入者が拠出した掛金は、その全額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となります。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

老後2,000万円問題が騒がれていますが、今更何を?といった話ですよね。
そうした話題に振り回されずに、コツコツご自身の自助努力でやっていくべきです。
ということで、今回は個人事業主のための年金制度を試験勉強かねて解説していきます。

個人事業主は国民年金第一号被保険者に該当します。
そのため、公的年金制度では必ず加入しなければならないのは「国民年金」だけとなり、
会社員や公務員とは異なり二階部分に該当する「厚生年金」はありません。

平成28年度における国民年金(老齢基礎年金)は満額で780,100円。
仮に夫婦で自営業を営む場合には二人の年金は1,560,200円となります。
月々およそ13万円の年金で過ごしていかなければなりません。

会社員と専業主婦の夫婦の年金受け取りの想定がおよそ毎月23万円であることを考慮すると、個人事業主との差は歴然です。そのため、できる限り早い段階から老後資金のために貯蓄を行うか、上乗せ年金を確保していくことが求められます。

そこで、個人事業主(実際には国民年金第一号被保険者)ならではの年金制度として、「国民年金基金」「付加年金」を紹介します。
国民年金基金の毎月の掛金は上限が68,000円と定められています。この掛金は社会保険料控除の対象となります。

付加年金は、国民年金保険料に月額400円を加算して支払うことで、
年金受給時に「200円×付加保険料の支払月数」が加算されるものです。
年金受給開始後2年間で元が取れる仕組みとなっていますが、物価スライドはありません。
また、保険料免除者や滞納者は加入できず、国民年金基金と付加年金の重複加入もできないため、いずれか一方を選択することになります。

このほか、第一号被保険者独自というわけではありませんが、
個人事業主のための年金制度として「確定拠出年金」があります。
確定拠出年金では掛金を加入者自身が運用するため、運用結果によって将来の受取年金額は変動します。
個人事業主の場合には、国民年金基金とあわせて月額68,000円が上限となります。
確定拠出年金の掛金は小規模企業共済等掛金控除の対象になります。

もう一つ、退職金準備という視点から個人事業主のための制度を示しておきます。
それは「小規模企業共済」です。
小規模企業共済は、20人以下の企業の事業主や役員が加入できる退職金準備制度で、掛金は月額70,000円が上限となります。掛金は小規模企業共済等掛金控除の対象となり、節税にもつながります。

こうした仕組みをうまく活用することで、
退職後の資金準備を構築する提案を皆さんがFPとして行えるとよいですね。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
2資産で構成されるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が1である場合、ポートフォリオのリスク低減効果は最大となる。

<解答> ✕
2資産間の相関係数が-1である場合、ポートフォリオのリスク低減効果は最大となります。

【問題2】
不動産の賃貸に伴い受け取った敷金のうち、不動産の貸付期間が終了した際に賃借人に返還を要するものは、受け取った年分の不動産所得の金額の計算上、総収入金額には算入しない。

<解答> ○
返還を要しない場合には、受け取った年分の不動産所得の金額の計算上、総収入金額には算入します。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

厚生労働省「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」によれば、
母子世帯は123.2万世帯、父子世帯が18.7万世帯となっています。
母子家庭の中で未婚が占める割合は8.7%であり、推定で10万7,000世帯とのこと。
離婚に次いで多く、死別よりも未婚による理由が上回ってきており、
今後も増える可能性は十分あるのではないかと想定されます。

そこで、未婚の一人親の場合どのようにアドバイスを考えていくべきか、
また支援する制度もありますのでどのように活用すべきかを解説していきます。

■経済的に不安になる方も多いと想定される
「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」によれば、
母子世帯の平均年間収入は243万円、父子世帯では420万円とのこと。
特に母子世帯の年収が少ないことがわかります。

ライフプランのシミュレーションをする場合にも、
例えばこのままいくと10年後に大幅な赤字になる(むしろ資産マイナス)
といったことも起きえるかもしれません。
そのため、経済的な側面から児童扶養手当など
公的な手当をもらっているかどうかなどを確認する、
場合によっては公的なローンを活用する、社会保険料の減免措置を利用する、
交通機関の割引など適用できないかどうか確認するといったことをまずは行うべきです。
そして、少しでも経済的な不安を解消すべくアドバイスを行っていきましょう。

■未婚の一人親に対する支援・措置はじわじわと増えている
なお、最近では、未婚のひとり親等への支援・措置が拡充してきています。
例えば、ひとり親が事業を開始する場合や、
子どもの就学を資金貸付にて支援する制度として、
「母子父子寡婦福祉資金貸付金」があります。

2018年6月から、未婚のひとり親への寡婦(寡夫)控除が
みなし適用されるようになりました。
これは、保育料や高等職業訓練促進給付金、児童手当、
難病医療費等の支給の有無や金額を決定する際に適用されるものです。

また、2021年からは収入の少ないひとり親も
個人住民税の非課税措置の対象に加えられます。
これは子どもの貧困に対応するためです。

こうした支援・措置は時代に合ったものと捉えることができます。
時代が変われば生き方、価値観も変わってきます。
こうした支援・措置が今後も拡充されることでしょう。
それとともに、皆さんがアドバイスする機会も増えることになるでしょう。
様々なケースに対応できるよう日頃からニュース等には気を配るようにしてください。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
日本銀行の公開市場操作による買いオペレーションは、
市中の資金量を増加させ、金利の低下を促す効果がある。

<解答> ○
買いオペレーションは市場に資金供給を行い金利を低下させる効果があります。
一方、売りオペレーションは市場から資金を吸収し金利を上昇させる効果があります。

【問題2】
X社の株価が1,200円、1株当たり純利益が36円、
1株当たり年間配当金が24円である場合、X社株式の配当利回りは、2%である。

<解答> ○
配当利回りは、1株当たりの年間配当金÷株価×100(%)で求められます。
本問では、24÷1,200×100=2%となります。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

60代以上の独身の場合、ある程度資金を確保しており悠々自適な生活を送られる方と
生活自体が大変で働くことをメインにされる方とわかれるかもしれません。
悠々自適な方は、その後の人生をどう楽しむかに重点をおきつつ、
人生100年時代と言われる今だからこそ100歳までのライフプランを組み、
何があっても大丈夫な体制にしておくべきでしょう。

一方で、働くことをメインに選択された方の場合、
その後のシミュレーションは寄り添ってどうなりそうか
具体的に示しアドバイスをすべきです。
いずれにせよ、キャッシュフロー表等をもとに、具体的な提案も行っていきましょう。
ここで、生活が大変な60代以上独身のケースで考えていきます。

■生活維持のために働く方が多い
少し古いデータにはなりますが、
厚生労働省「高年齢者就業実態調査(平成20年)」によれば、
65歳~69歳の方が働く理由は半数の方が生活維持のために働くとしており、
経済的な理由で高齢になっても働く選択をしていることがわかります。

早いうちから対策をたて、コツコツと貯蓄に励んでいた方は経済上の理由で
どうしても働かざるを得ないという状況は防ぐことができるかもしれません。
ただ、実態としては60代になってからこれでは生活資金が足りないと考え
働く選択肢をとる方も多いのだろうと推測できます。

■まずはお客様の年金額や資産状況からアドバイスを行う
いくらお金を持っていたとしても、
人生100年と考えると不安要素はつきないともいえますが、
そうした不安を取り除くのがある意味皆さんの仕事でもあります。
そのため、こうした生活が大変とお考えになるお客様には、
まずはどの程度の年金が受給できていて、
資産状況から見て果たしてどうなりそうかという側面をアドバイスすべきです。

仮に現状のまま推移した場合の
キャッシュフロー表や個人バランスシートを作成したときに
資産がつきるような状況になり得るのであれば、
(1)働く、(2)生活費削減、(3)希望に添ったプランの変更等を
検討していく必要があります。

働くことで生きがいを感じ、かつ生活の糧にできるとお考えであれば、
働くことを優先してもよいでしょう。
その一方で、無駄な費用の削減、
お金のかからないプランへの変更などできることをアドバイスしていきます。

お金がすべてではありませんが、いかに希望に添い、
楽しい人生を送れるようなプランを作成するかがポイントです。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
独立行政法人日本学生支援機構が取り扱う奨学金(貸与型)には、
利息付(在学中は無利息)の第一種奨学金と無利息の第二種奨学金がある。

<解答> ✕
第一種と第二種の説明が逆になります。
第一種が無利息、第二種が利息付(在学中は無利息)です。

【問題2】
普通傷害保険において、
被保険者がウイルス性の食中毒により通院した場合は、通常、保険金支払の対象となる。

<解答> ✕
食中毒は、普通傷害保険では補償対象外となります。
海外旅行傷害保険では食中毒も対象になります。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

40~50代独身の場合、
そろそろ老後資金の準備をしておかないといけない時期になってきます。
また、その後も独身生活を送るのか、
そうではないのかによってどう対応していくかが変わってきますが、
ここでは仮に独身生活を送るとしてどう考えていけば良いか解説をしていきます。

■会社員の場合、厚生年金額は月10万~17万円が妥当か?
厚生労働省「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」
(平成30年12月公表)によれば、
平成29年度における厚生年金の受給権者(65歳以上)の平均受給額は
男性で月額174,535円(年額約209万円)、女性で月額108,776円(年額約130万円)、
全体では月額144,903円(年額約174万円)となっています。

実際には、ねんきん定期便により
各自どの程度年金がもらえそうかは確認していただく必要がありますが、
ここからいえることは会社員独身のケースでは
月額10万円~17万円程度の年金額の支給が見込めると言うこと。
ただし、今後年金額が減る恐れもあることから、
少し低めに見積もっておかれた方がよいでしょう。

■自営業者の場合、さらに大変
自営業者の場合、さらに大変です。
20歳時点からずっと国民年金第1号被保険者と言う方は少ないかもしれません。
ただ、上記「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によれば、
国民年金保険料を25年以上納めた方で
平成29年度に受給した平均年金額は月額55,615円(年額約67万円)となっています。

こうした状況から言えることは、40代~50代独身の場合、
年金だけでは65歳以上の生活がなかなか大変になりそうということ。
既にある程度の資金が確保できている方はよいですが、
独身の場合散在する方も多くみえるため貯蓄等を促し、
ある程度将来のことを考えた対応をすべきと促した方がよいかもしれません。

なお、総務省統計局「平成29年家計調査報告」によれば、
60歳以上の無職一人暮らしの標準生活費は月額154,742円となっています。
会社員の方の場合、年金である程度カバーできると言えるかもしれません。
自営業者の場合には、月に10万円ほど不足することになります。
仮に65歳から30年生きるとすると3,600万円の不足になります。

もちろん、自営業者の場合には生涯現役で働くことも可能でしょう。
どのように働き、どのように収入を得て、どのぐらい年金が得られそうか。
その点をお客様とともに
希望に添ったライフプランを提案できるようにしていくべきです。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。○✕問題

【問題1】
国民健康保険の被保険者は、原則として、
70歳に達した時にその資格を喪失し、後期高齢者医療制度の被保険者となる。

<解答> ✕
後期高齢者医療制度の被保険者は、
75歳以上の方と65歳以上の一定の障害をっもった方が該当します。

【問題2】
生命保険の保険料のうち、
保険会社が保険契約を維持・管理するための費用に充当される付加保険料は、
予定死亡率および予定利率に基づいて計算される。

<解答> ✕
付加保険料は、保険会社の費用に充当するため、予定事業費率に基づいて計算されます。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



皆さん、こんにちは。
フォーサイトFP専任講師の伊藤です。

今回は、20代~30代の独身の場合、
どのようなライフプランを描けば良いか解説していきます。
20~30代独身の場合、どちらかといえば日々の楽しみを追求し
中長期的な人生計画は後回しという方が多いのではないでしょうか。

もちろん、なかにはキャリアアップと同時に
どのようなライフプランを送るか真剣に検討している方もいますが、
詳細には考えていない方の方が多いように思います。

とはいえ、
その後のライフプランをどう描いておくかで人生そのものにも影響が出てきます。
できるだけ早くお金の面も、キャリアアップの面も、
またその後の人生に関しても計画を立てておく方がよいでしょう。

それでは、どのようにライフプランを描いていけばよいでのか、
20~30代独身の場合を考えていきましょう。

■結婚という選択肢があるかどうか
国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2017)」によれば、
2015年度段階において生涯(50歳時)未婚率が
男性で23.37%、女性14.06%となっています。

ここからいえることは、
今や結婚しないという選択肢をとる方も増えているということ。
ライフプランの相談に乗る際にも、
結婚する気がないと回答される方も多くなっているように見受けられます。
そのためまずは結婚という選択肢が少しでもあるのかどうか聞いてみる必要があります。
結婚する意志がない方は、独身のライフプランを中心に検討していきます。
少しでも結婚する意志がある方は、
結婚した場合と独身の場合の両方を検討していく方がよいかもしれません。

■教育資金をためる必要があるかどうかで大きく異なってくる
生涯独身の選択肢をとる場合には、教育資金を検討する必要がなくなります。
一方で、結婚する意志がある方は、いつ結婚し、いつ子どもがほしいかを聞き、
教育資金も考慮に入れたライフプランを検討していきます。

独身のプランでは、住宅費用や老後資金などもすべて1人でためていく必要があります。
一方、結婚する意志がある方は、
パートナーとともに資金計画を練ることになるでしょう。
独身のプランの場合は、
教育資金が必要ないというだけでも負担は大きく減ることでしょう。
子ども1人につき、大学までで教育費だけでも最低1000万円程度はかかりますから、
それがない分ご自身のためにお金が使えるプランを作成できることになります。

20代ではなかなかどちらにするか決めている方は少ないかもしれません。
そのため、いずれのパターンでも10~15年程度のライフプランを設計し、
キャッシュフロー表等をもとに比較することで
より実感がわくようにアドバイスしましょう。

<過去問題の演習>
3級・2級受験者、いずれも解いてみてください。
次の問題に答えなさい。三択問題

【問題1】
建築基準法の規定によれば、第二種低層住居専用地域内における建築物の高さは、
原則として( )のうち当該地域に関する都市計画において
定められた建築物の高さの限度を超えてはならない。
1) 10mまたは12m
2) 12mまたは15m
3) 10mまたは20m

<解答> 1)
この問題はやや新傾向ですね。第二種低層住居専用地域では、
高さが10メートルまたは12メートルまでに制限されています。

【問題2】
投資総額2,000万円で購入した賃貸用不動産の年間収入の合計額が120万円、
年間費用の合計額が40万円である場合、
この投資の純利回り(NOI利回り)は、( ) である。
1) 3.5%
2) 4.0%
3) 6.0%

<解答> 2)
投資の純利回りは、(年間収入-年間費用)÷投資総額×100で求められます。
本問では、(120万円-40万円)÷2,000万円×100=4%と計算できます。

いかがでしたでしょうか?
それではまた次回、お楽しみに★



1 / 4812345...102030...最後 »

伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。