行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは!
フォーサイト専任講師・行政書士の福澤繁樹です。

学習の進み具合は、いかがですか?
順調な方は、その調子をキープしていきましょう。
今ひとつ調子が上がらないという方は、一度、生活習慣を見直して、
毎日しっかりと勉強時間を確保することから始めてみましょう。

また、健康管理、感染予防に気をつけていきましょう。

昨今では、すっかり人口に膾炙された感のある、キャッシュレス化ですが、みなさんの
キャッシュレスの導入はどの程度進んでいますか?

今回は、このキャッシュレス化の前に、かなり話題というか喧しく議論されていた
ペーパーレス化のお話です。
そこで、みなさんのお仕事や日常でのペーパーレス化ですが、進んでいますか?
例えば、会社ではペーパーレスが進み、会議の書類が紙ベースでは配布されなくなった
とか、本を読むときは、紙の書籍ではなく電子書籍になったなど、意識しなくても、
様々な場面でペーパーレス化は進んでいると思います。
ちなみに、日本の紙の消費量は2017年の統計では、世界第7位となっています。
ただし、日本は世界有数の紙の回収再生率を誇るようですが…。

こんな大きな話から入っておいて何ですが、なぜこの話を書こうと思ったかというと、
行政書士の仕事は、まだまだ本当に紙ベースが多いからです。
私個人の業務でいうと、入札などは電子申請になった部分がありますが、大半の証明書や
申請は、まだまだ紙ベースです。そして、申請書に添付する住民票、戸籍、身分証明書、
納税証明書これらも紙です。加えて言うと、それらの住民票などを取得する申請書も紙です。
ですから、数枚の紙を出してもらうのに、1枚の紙を使用することになります。
そして、委任状を付けると、数枚の紙を出してもらうのに2枚の紙を使用し、遠隔地の場合
には、さらに送付封筒と返信用封筒という紙を使用します。
したがって、住民票を1枚取得するのに、申請書、委任状、封筒2通という紙を使用していることになります。
書いていても、本当に無駄だなと感じます。

なお、法務局で取得する、不動産や商業・法人などの登記事項証明書は、電子申請が可能です。
したがって、紙を使用せずネットで申請できます。ただ、郵送されてきますので、封筒、送付状、証明書本体の紙は使用されていますが…。
たとえば、全国の、すべての自治体において、住民票や戸籍などの証明書を、電子申請で発行することができるようにすれば、かなりの紙の節約ができると思います。
絵空事かもしれませんが、少し前に日本が目指した電子政府・電子自治体というのは、そのようなものだったのではないかと思います。
一部の自治体では、このような取り組みを行っていますが、まだまだ全面普及とはいかないようです。

書きたいことは沢山ありますが、今回は、このへんで。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。