行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

行政書士の主要業務には、いわゆる許認可申請があります。

例えば、建設業の許可申請や、宅建業の免許申請などがそうです。

全部が全部ではないのですが、申請の中には、同じ建設業許可申請でも
千葉県で提出する場合と、東京都に申請する場合とで、要求される書類が異なるという
ことが結構あります。

建設業許可の申請自体は、建設業法という法令に基づいて行うので、
本来であれば、全国一律であって欲しいところです。

でも、実際には、千葉はOKでも、東京都ではNGというようなこともあり得ます。

最初は、非常に戸惑いますが、このような地域による差異があるので、
同じ建設業許可申請ということでも、申請する本人の状況なども含めると、
二つとして同じ申請はないのではないか、と思います。

もちろん、行政書士は許認可のプロをうたっていますので、
そのような事情は十分理解していますし、
あまりに逸脱したようなローカルルールには、行政書士会などを通じて
申し入れなどをする場合もあります。

こんなときに、実は、一番大変なのはお客様に説明する時です。

お客様も、納得がいかないものですから、
書類の説明をしている行政書士に
思わず強い口調になってしまう場合もあります。

お客様も行政書士も、いわばどちらも被害者みたいなものなのですが、
人は理不尽な事を要求されると、それを決めた人間だけではなく、
それを伝えた人間にも腹が立つものです。

行政書士の仕事をしていると、このように
いわゆる「お役所」の様々なローカルルールに泣かされることもあります。

それも含めて「仕事」なんですけどね。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。