行政書士のスペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の福澤です。

学習の進み具合はいかがですか?
順調な方は、その調子で!
いまひとつ・・・という方も、まだまだ挽回できます。気合を入れなおしていきましょう!

今回は、実務のお話です。
実は、某県に、2月の中旬に産廃の収集運搬の新規申請を出していたのですが、
それが、ようやく5月の中旬に許可が降りてきました。

実に、3か月間かかりました。
そもそも、発表されている標準処理期間は
2ヶ月ですが、そこから土日祝日は除くという条件が付きます。
そして、GWが挟まったこともあり、このような期間になりました。

もちろん、法律上は何の問題も無いと思います。

しかしながら、現実的な妥当性ということでは、
個人的には、やはり疑問が残ります。

許可を取得したい会社は、当然ですが、民間の時間感覚の中で
仕事をしています。

紹介先から、ある仕事の依頼が来て、その仕事をするには許可が必要である
というような場合に、その許可が降りるまで3か月かかるというのは、
やはり役所の感覚だと思います。

事前に許可を得ておけば良いと言う方もいるかもしれませんが、
事前に許可を得ておくことも、難しいケースもあります。

あまり具体的には書けませんが、ケースによっては、仕事を失うこともあります。

先にも書きましたが、法律的には問題が無いので、
あとは役所の意識の問題となります。

ぜひ、意識を変えて欲しいと思います。

今日は、この辺で。



福澤繁樹

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。