旅行業務取扱管理者スペシャリストによるこっそり裏講義

昨年の11月。
旅行管理者試験が終わって合格発表があるまでの時期、
少し暇ができたので2~3日旅行に出ようと思いました。

「さて、どこに行こうかな?」とアレコレ考えているなか
(こういうときが一番楽しいですよね。)、
「今年はあまり海に行ってないな。」と思いました。

私は防波堤からの釣りが好きなのですが、小さな漁港の雰囲気もまた好きです。
房総や西伊豆のちょっと寂れたような漁港で竿を出しながら、
転々と移動して一日を過ごすのはものすごく面白いです。
(ただし、よほど運が良くなければ大した魚は釣れません。(^^ゞ))

「瀬戸内海の周りを一周したら面白いかな!?」と突然閃きました。
波頭の立つ荒い太平洋と違い、穏やかで静かな雰囲気の漁港を
巡るのは楽しいだろうと思いました。

ルートは先ず松山、そして「しまなみ海道」を渡って尾道、
そこから海岸線に沿って岡山に行こう。
そして瀬戸大橋を通り、「こんぴらさん」に寄って
松山まで一周しようと考えました。

幸先はよかったです。
初日の夜に入った松山の居酒屋では、
とっくに亡くなった私の母親と同じ年生まれの
87歳のおじいちゃんが腕を振るっていて、ビックリしました。
魚は旨いし、最後の会計はそろばんを使って計算していました。

しかし翌日からは雨…。
しまなみ海道からは雨に霞んで海がよく見えず。
尾道では傘をさしラーメン店を探してウロウロ。

鞆の浦や笠岡のあたりでは雨がひどく、
車から出る気になりませんでした。
結局、最後の琴平でやっと薄日が差すというさんざんな目に遭いました(笑)。

それでも自分で日程を調整して、
関心のある土地を考えたとおりに巡ってきて、
大いにリフレッシュできました。

ところで、なぜこんなことを書いたかというと、
このルートの大半は「せとうち・海の道」と重なります。
「何それ?」と思う人も多いでしょう。

昨年、観光庁が外国人旅行者に向けて「広域観光周遊ルート」(骨太な「観光動線」)の
形成を促進する計画を立てました。

この行程はそこで認定された7つのルートの一つだったのです。
(後から気がついたのですが。)
関心のある方はこちらを見てください。

広域観光周遊ルート

今回はこれを紹介するために長い前振りになってしまいました。



能城幸夫

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。