ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
前から疑問に感じることがあります。

新築のマンションを購入する場合、
パターンは2つ。

ひとつは、まだ完成していない(いわゆる未完成物件)を買う人

もうひとつは、完成物件を買う人。

これらの違いは、完成した物件を見ていないか、見たかの違いです。

私の自宅の近所に、駅から徒歩1分以内のマンションが
建築作業中です。

先日、いきなり完売御礼ですよ。
完成するのはまだまだ先の話です。
すごいです。

確かに、駅からの異常な近さと、そもそもその駅がハンパなく便利で
(私個人的には日本一便利な駅だと思う←決して大げさではない)
完売する理由はとてもよくわかるんですが
完成していない、現物を見てもいない物件をよく買うな~と思うのです。
モデルルームを見て買ってしまう人の気持ちがわかるようで、
やっぱりわからない。

個人的には、新築のマンションの理想的な買い方は
完成物件を見て購入するのがいいと思うのですが
そんな売り方をするマンションはそう多くはなく
でも、未完成物件が完成したあともどういうわけか売れなくて
(いわゆる、完成済在庫物件)、
売れ残りを完成後1年以内に買う、というのがいいな~と思います
(あくまでも私個人的な意見)。
売れないことの足元を見て、売主との値引き交渉もできるし。

しかし、売れ残る物件には何かしらの理由があるんでしょうし、
デメリットもあるから
その理由(原因)を徹底的に調べつくして、実は優良物件だった、
な~んてことがあればいいな、と思う今日この頃です。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。