ファイナンシャルプランナースペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
今年はシルバウィーク(昔はこんな呼称なかった)が大型連休のようで
FP受検生にとっては、勉強できるチャンスです。

さて、先日9月試験が終わったばかりですが
多くの受検生が「さて、次どうしようか?」とお考えになるようです。

「次」とは、新たな資格に挑戦する、より勉強をする、などなど
それぞれではありますが、具体例を書いておこうと思います。

新たな資格には具体的にどんなものがあるのか?ですが
やはり、FP資格を取得したのですから、受験するには
FP関連の資格が圧倒的に有利です。
なんといっても一番のお薦めは
FP資格の上級資格にチャレンジすることではないかと思います。
CFPや1級技能士です。
3級に合格された方は、AFP2級にチャレンジするのです。

そして、FP資格以外ならば・・・
参考までに、FP分野と他資格の関連を下記に羅列しておきます。
(他資格名称)  ⇒ (FPの関連分野)
・宅地建物取引士  ⇒不動産、相続、タックス、相続
・社会保険労務士  ⇒リタイアメントプランニング
・行政書士  ⇒相続、不動産
・簿記  ⇒タックス、リスク
・マンション管理士  ⇒不動産
・DCプランナー、DCアドバイザー  ⇒リタイア
・税理士  ⇒タックス、相続
・住宅ローンアドバイザー  ⇒ライフ
・年金アドバイザー  ⇒リタイア
・証券外務員一種、二種  ⇒金融
・司法書士  ⇒ 不動産、相続
・中小企業診断士  ⇒ライフ、タックス
・相続診断士、相続士、終活士  ⇒相続

などなど、他にもたくさんあります。
最近では、○○士とか○○アドバイザーというネーミングの
民間資格がどんどん登場しているので
そのような資格を取るのも悪くはないと思います。
(ただし、その資格取得の本当の意味を見極めることは重要)
FP試験より難易度の高い試験は、もちろんもっと勉強をする必要がありますが
FP試験に合格した知識だけで合格できる試験もあるでしょう。

自分がどうなりたいのか、どうしたいのか、何が必要なのかに応じて
新たなチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。



伊藤 亮太

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。