旅行業務取扱管理者スペシャリストによるこっそり裏講義

日本代表、負けてしまいましたね。
さっきまで、コロンビア戦の後半をTV観戦していました。
残念です。

見終わってから、「あぁ、今日はブログをアップしなくちゃ。」
と思ったのですが、がっかりして何だか気力がわきません。

そこで、開催国ブラジルに関して思いついたことを、
ランダムに箇条書きにしてみます。

・日本人が観光目的で、ブラジルに入国する場合はVISAが必要。(この知識は重要)

・ブラジル人が観光目的で、日本に入国する場合もVISAが必要。(このテーマは未出題)

・首都は「リオデジャネイロ」でも「サンパウロ」でもなく、世界遺産都市「ブラジリア」

・ブラジリアは、高地を開発して建設された設計都市で、
空から見ると飛行機の形をしている。
(同じような、設計されてできた都市として、オーストラリアのキャンベラがある。)

だんだん乗ってきました。

・古いデータを探したら次のような問題が出てきました。1998年です。
「It is the capital of the largest country in South America in both area and population.
   a. Brasilia b. Buenos Aires c. Lima d. Rio de Janeiro.」

・現在は日本/ブラジル間に直行便はないが、
以前はヴァリグ ブラジル航空(全日空と共同運航便)と日本航空の直行便があった。
しかし、どちらも経営合理化のために撤退した。(役に立たない知識で、すいません。)

・その当時、サンパウロ~東京間の飛行時間を求めるOAGの問題があったが、
ノンストップ便ではないので、アメリカで乗り継いだり日付変更線をまたいだりするので、
計算が面倒だった。

・また、異様に時間が長いので、間違えたかと思い何回も計算をし直しました。(恥)

・現在でも乗継便は、アメリカで乗り継ぐことが多いが、
その場合でもESTAの事前申請が必要。

・日本との時差の問題で、「国内で複数の時差のある国」としてときどき登場する。
その場合、サンパウロ(SAO)とリオデジャネイロ(RIO)の
都市コードを知っていれば、何とかなる。

・南半球なので、サマータイムの時期に注意しなければならない。

・2年後に、リオデジャネイロで夏季オリンピックが開催される。

2年後に旅行管理者試験を受験する方は、これらのことを頭に入れておきましょう。
 (現在受講中の方、大変悪質な冗談でした。申し訳ありません m(_ _)m 。)



相馬隆幸

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。