旅行業務取扱管理者スペシャリストによるこっそり裏講義

 今年の1月にこのブログを書いてから、半年近くが過ぎてしまいました。
受講中の皆さま、試験の準備は順調でしょうか?
早いもので、もうすでに今年の国内管理者試験の願書の提出が締め切られています。
受験を目指していた方は、しっかり提出できたでしょうか。

 でもときどき「忙しくて、締切日を忘れていた。」とか「準備が遅れて、受かる気がしなくなったので、提出は見送った。」という話を聞きます。1年に1度の試験ですから本当に残念です。

 ところで皆さんは「地域限定旅行業務取扱管理者」のことは覚えましたか?
旅行業法に出てくるアレです。
営業所の業務内容が拠点区域に限られているときに選任されることがある管理者で、昨年の旅行業法の改正によって導入された新たな資格です。

 試験も昨年から実施されています。
昨年実施された試験内容は、昨年の国内管理者試験と同一の問題から「航空に関する問題と観光地理に関する問題」を除いたものでした。
そのため、旅行業法は100点満点ですが、約款は96点満点、国内実務は44点満点という変則的なものでした。(合格点はそれぞれ、60点以上、58点以上、28点以上です。)

 試験問題が同一であるため、試験日は国内管理者試験と同一日です。
今年も9月1日に実施されます。 https://www.mlit.go.jp/kankocho/page06_000149.html
出願期間は7月2日~16日(火)で、国内管理者を締め切った後から受け付けを開始しました。

 最初に記した「出願を忘れた方、準備が整っていない方」、これならまだ間に合いますよ。
科目も少ないですから、検討されてはいかがですか?
チャンスはまだありますよ。
(ただ、試験会場が東京と大阪だけなので、それが難点ですが。)



能城幸夫

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。