15

2018/01

パンダ子パンダ

13:27:11 | 学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
色彩検定協会から、今年度の試験日が発表されました。
夏期検定が6月24日、冬期検定が11月11日です。
受験なさる方、頑張っていきましょうね。

昨年末からのシャンシャンの一般公開を受けて、私のパンダ熱もヒートアップし続けています。
ころころくるくると動き回る様子は本当にかわいくて、上野公園の、パンダのライブ映像が見られるHPをしょっちゅうのぞいてしまいます。
一時期、このシャンシャンの「色」が話題になりましたね。

パンダといえば白と黒、なのに、シャンシャンはピンクと黒。
ライブ映像に移る姿も、ほんのりピンク色です。
これは、母親が、子供の身体をなめることで色が変化するとのこと。

生後60日ごろから、母親が子供の排せつを促したり、身体を清潔に保ったりするために身体をなめるようになって、
生後80日ごろにはすでにピンク子パンダになっていたようです。
なめればなめるほど、子パンダが丈夫になるという説も。

本当に、シンシンは、生後すぐからシャンシャンをとてもとてもかわいがっていて、
パンダが子パンダをかわいがる様子が、ぬいぐるみがぬいぐるみを抱っこしているようで、それはそれはかわいらしくて、心温まりました。
シャンシャンの色はお母さんにどれだけかわいがられているかを表す、幸せのピンク色なんですね。