みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。

私は寒い日は比較的好きなのですが、北欧など特に寒さの厳しい国は、
家にいる時間が長いので、いかにインテリアを心地よく整えるかが重視されるそうです。
皆様も、温かく感じる色を、インテリアに活用してみてはいかがでしょうか。

先日、テレビで情報番組を見ていたら、
「おいしく見せる色の魔法」なるコーナーがあり、ワクワクしながら見ていました。

朝食のメニューの、目玉焼きとトマトとブロッコリを色の力で格段においしく見せる、
というテーマだったのですが、普段白いお皿に乗せる朝食メニューを、
藍色のお皿に乗せるだけで、ずっとおいしそうに見える、というものでした。

藍色のお皿が家になかったら、青いランチョンマット(それもなければ色)の上に載せるだけでOK!とのこと。
色彩学を勉強していると、なぜ目玉焼きが青いお皿の上でおいしそうに見えるのか、その説明までできてしまいますよね。
それは、「対比」がおこるから。色相対比、明度対比、彩度対比がおこって、目玉焼きの黄色や白、お野菜の色がより引き立つからです。

その知識は、普段から活用していることでしたので、それをわざわざコーナーで紹介していることに一瞬驚きましたが、
私たちにとっては当たり前のことも、知られていない色の活用法はたくさんあることに、改めて気づきました。
学んだ知識を生活に活かせたら、より豊かな毎日が送れますね。