フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

今回は、「なぜ勉強をするのか」
鈴木光司著 ソフトバンク新書を取り上げてみたいと思います。

この本もなかなかの良書です。
前回の書籍は大人のための書籍ですが、今回の書籍は、子供を対象にしています。

私なりに理解したところを要約してみたいと思います。

すべてに通じる能力として、「理解力」「想像力」「表現力」の3つがあります。
これらの能力を磨くのが勉強。

勉強は知識をインプットします。この段階で理解力が必要です。
次に、問題を解きます。これには表現力が必要です。
そして、インプットとアウトプットをつなぐには想像力が必要となります。

国語・数学・理科・社会といろいろな科目を学ぶことで、
さまざまな角度から多角的にこれらの能力を磨いていくのが学校の勉強なのです。

そして、しっかり勉強しておけば、しっかりした判断ができるようになります。
これにより、未来がよりよくなります。
つまり、「勉強とは、未来をよりよくするためにするもの」なのです。

「勉強とは、未来をよりよくするためにするもの」
という考え方はすばらしいと思いませんか?



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。