合格に直結するカリキュラム | 色彩検定・カラーコーディネーター

キャンペーンバナー

段階を踏んだステップアップを実現!レベルアップカリキュラム

スモールステップで効果的に学習

まずは難易度の低い科目から学習をスタートし、「できる!」という実感や自信をつけ、興味が高まったところで少しずつ難解な科目を学びます。このように「スモールステップ」で学習を進めることで、自然と理解が深まり、気が付かぬうちにステップアップできます。初学者の方でも無理がなく、手ごたえを感じながら進むので、学習を楽しく感じ、挫折もしずらいカリキュラムです。

学習期間標準学習期間1〜3カ月

フォーサイトのカラーコーディネーター・色彩検定合格講座の標準学習期間は1~3カ月です。すでに基礎知識がある方や、短期で集中的に合格いたい方は、東商カラーコーディネーター検定、A・F・T 色彩検定、ともに最短1カ月から合格を目指せます。 かたや、学習に自信がない方や、2・3級の同時受験をする方などは余裕をもって受講を開始してください。

学習の流れ標準学習時間120〜150時間

フォーサイトのカラーコーディネーター・色彩検定合格講座の標準学習時間は120~150時間です。学習は以下のような流れで進みます。


学習準備

まずは、戦略立案テキストで学習の仕方について、受講ガイドで学習の流れを理解しましょう。 そして、学習計画を立てます。「道場破り®」であなたにピッタリの学習計画が簡単に作成できます。合格手帳の活用もお勧めです。

学習開始

インプット基礎知識の学習

カラーコーディネーター検定、色彩検定はともに、試験範囲は広いですが、講義は科目間の関連性を説明しながら、基礎が着実に身に付くように進められます。

アウトプット基礎知識の復習

基礎知識を頭に入れても、いきなり本試験と同じ形式の問題には対応できません。 一問一答式の問題「チェックテスト」・「確認テスト」でインプットした基礎知識を復習します。

アウトプット問題演習で反復学習

問題集を活用し、ひたすら反復学習で知識の定着をはかります。 たくさんの問題を解くことで弱点を見つけ、苦手部分をもう一度学習しなおします。

試験準備

模擬試験

模擬試験は試験と同じ時間内に、本番さながらの問題を解くという経験をしておくことと、実力がどの程度まで達しているかを自分で把握するために行います。得点が悪くてもまだ間に合います。弱点を見つけ、ラストスパートです!

試験への心得!合格必勝編

大切な直前期を十分に生かすためのノウハウが詰まった合格必勝編には必ず目を通しましょう。

本試験!

納得すまで学習できれば、努力は必ず報われます。合格する良いイメージで試験に挑みましょう。

学習のコツ

基礎知識インプット
講義・テキスト・単語カード(AFTのみ)



問題演習アウトプット
問題集・チェックテスト・確認テスト

反復学習

インプット今後の明暗を分ける「基礎知識」の叩き込み

はやめに試験範囲を一巡して、全体像を把握することが大切です。 そのためにはまず進めること。少し不明なところがあっても、気にせずに先に進みましょう。 2度目に戻ってきたときには、その疑問は解決している可能性もあります!

アウトプットひたすら解いて解答力を着実に身につける

チェックテストは、単元ごとにインプットした知識の確認として行います。どこを間違えたかを記録しておきましょう。 基礎の弱点克服のポイントになります。ちょっとした空き時間に使える道場破りの確認テストは、何度も何度も繰り返し、満点をめざしましょう。 本試験では、基本的な問題をいかに取りこぼさないかが重要です。 そのために問題集で問題の解き方を徹底攻略し、本試験に対応できる実力を身につけます。

アウトプット点数が悪くても大丈夫!模擬試験

模試の結果が思ったほど得点できなくても落ち込む必要はありません。 できなかった部分が、なぜできなかったのかをテキストと問題集に戻って冷静に紐解きましょう。 できなかった部分と、その周辺知識の理解をもう一度深めることで、本試験での同じ失敗を避けることができます。

学習項目

カラーコーディネーター検定、色彩検定の科目は、科目と科目に関連性の高いものもありますが、まったく関係ないものもあります。初めてテキストを開くと、戸惑う科目もあるかもしれません。でも、それぞれの科目の基本の知識を定着させておけば、ちょっと先のところで、科目の関連性が見えてきます。
また、学習項目から、資格ごとの特色もわかります。受験する資格に迷っている方は学習項目も参考にしてください。

AFT色彩検定2級

・生活における色
・色と光
・色の表示法
・色彩の調和
・配色のイメージ
・ビジュアル
・ファッション
・プロダクト
・インテリア
・エクステリアの環境

AFT色彩検定3級

・色彩のはたらき
・色と光
・色の表示法
・色彩心理
・色彩の調和
・色彩の効果
・生活における色彩
・ファッション
・インテリア

東商カラーコーディネーター2級

・カラーコーディネーションの持つ意味
・色の歴史的展望と現状
・生活者の立場からの色彩
・生産者の視点から見た色彩
・カラーコーディネーターの視点から見た色彩

東商カラーコーディネーター3級

・色とは
・色彩と心理
・色の表し方、伝え方
・色の調和と配色
・光から生じる色
・色が見えるには
・色の測定法
・混色と色の再現
・色彩文化
まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ