合格体験記 「色を感覚的に理解することができました」

カラーコーディネーター・色彩検定通信講座合格体験記

文字サイズ 

色を感覚的に理解することができました

( 女性 /  50代  / 会社員 / 2級+3級 )

今回、色彩検定2級・3級に合格しました。 

勉強を始めたのは、約半年前。

その時はクラフト系の講師をしており、
仕事に役立てようとカラーセラピーの勉強もしていたのですが、
内容はあまり深いものではなく、おまけに民間資格ですから
簡単に取ることができ、カラーセラピストは
身近なところにあふれている状態でした。

その中で、他の講師との差別化を図るため、
もっと理論立てた深い内容を学びたいと思い、
文科省後援の色彩検定に挑戦することにしました。

実際勉強を始めると覚えることが多く、
記憶力の落ちた年齢には厳しいものがありましたが、
毎日必ずDVDを見るかテキストを読んで、地道な勉強を続けました。

カラーカードを貼る実習は大変でしたが、
このお陰で色を感覚的に理解することができ、
配色のイメージが頭に浮かぶようにもなりました。

でもなんといっても、直前の追い込みでは、
道場破りがとても役に立ちました。

過去問と並行して、できないところを何度も何度も繰り返していくと、
あんなに覚えられなかったことが、
直前一週間の頃から急激に頭に入るようになり、
ちょっとした快感を味わうことができました。

そして試験本番では、問題がとても簡単に思え、
楽に受けることができました。

だから、今はもっと上を目指してみようと、
色彩検定1級に挑戦する気になれました。

検定の時は、「問題集は1冊しかしなかった」
という人もたくさんいましたので、
ここまでやる必要はなかったのかもしれないと思いましたが、
実際に1級の勉強始めると(特に2次試験)、
2級3級の内容が中途半端だと、
もう一度総復習をしなければならないので、
そこを省略することができるのは非常に楽でした。

今思えば学ぶことにムダはなく、
きっちり内容を押さえることができたお陰で、
次のステップに楽に乗ることができました。

だから、これからも勉強を続けていきます。
そのきっかけを与えてくださったことを、
とても感謝しています。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ