どんな資格?資格についての豆知識 | 色彩検定・カラーコーディネーター

サクセスストーリー

カラーコーディネーターって?

色彩検定ってどんな資格?

色彩の知識はどんな仕事に活かせるの?色彩検定の資格取得はどんな人に向いている?まずは、色の効果を活かせる仕事の全体像をチェック!

色の知識を活せる仕事には何があるの?

ファッション業界、美容、WEBデザイナーなど、
色を表現する仕事はたくさんあります。

イメージ

色彩の知識を活かせるフィールドはたくさんあります。ファッションや広告のデザイン、アパレル販売、商品開発、ディスプレイ・建築、セラピーなどなど、さまざまな分野で色の知識は活かされています。

こうした仕事では色を豊かに表現できる感性も大事です。でもそれ以上に、色彩の持つ特性を正しく知り効果的な配色やデザインなどを理論的に説明できる力が大切です。

  • 新婦のパーソナルカラーを活かしたドレスやブーケで、ブライダルをコーディネート。
  • テーブルについただけで、気持ちが明るくなり楽しい時間を過ごせるレストランの配色。
  • 強い色、弱い色のバランスに配慮し、介護福祉施設などに活かされる彩り…。

もともと色彩に関心を寄せてきた人たちが、これまではセンスに頼っていた色づかいを、理論もしっかり駆使することで多様な分野で活躍しています。
イメージ

色を扱う仕事に資格は必要ですか?

必ずしも必要ではありませんが、知識を持っていることの証明になります。

一般には、色を扱う仕事に資格は必要とされません。しかし、色彩の知識を一通り学んでいることを証明する意味で、カラーコーディネーターの資格を取得しておくことは有利です。

また実際に、洋服やメイクそれからバッグなどの小物類などをアドバイザーとしてトータルにコーディネートする時に、色の知識がなければ、配色の組み合わせを躊躇せずにセレクトすることはできないはずです。

「資格」としてはかならずしも必要でなくても、色に関わる仕事をする人にとって、体系的な知識は欠かせないのです。

カラーコーディネーターの資格で求人はある?

配色のセンスを求めている募集はたくさんあります。

「カラーコーディネーター」の資格を条件、もしくはあると望ましい資格としている求人情報は増加の傾向にありますね。

代表的な求人は、ファッション販売スタッフ、店舗開発スタッフ、インテリアコーディネーなどです。特に百貨店では、カラーコーディネーターの資格を「社内認定ライセンス」と位置付けている会社も少なくありません。

商品販売や空間を作る仕事のなかで、間接的に色についての知識を取り入れているということですね。

「色」だけを専門に仕事をしている方はまだまだ少ないのが現実です。それでも「カラリスト」や「カラーコンサルタント」として活躍している色彩のエキスパートは存在します。そのような先輩も、最初は販売やフードコーディネートなどの仕事から始め、思考錯誤をしながら「色彩」の第一人者へとステップアップしています。

カラーの知識をすぐに活かせる仕事は、案外たくさんあります。根気づよく探していけば入口は必ずみつかります。

「カラーコーディネーター」はどんな人が向いてる?

「色が好き!」は大前提。同じくらいに大切なのが「人が好き」ということです。

イメージ

女性を引き立たせる洋服のコーディネートやメイクは、その方に心地よさや自信をお届けするためのサービスです。色の理論の前に、相手の気持ちを深く察してあげられることが大切です。

カラーコーディネーターの役割のポイントは、「色を扱いながら人の心に働きかける」ことです。ですから相手と気持ちを共有できることが大切。「人と接するのが好き」、と言えるみなさんに向いています。

その上で人々を納得させる「色彩」の論理が大切になります。特に空間表現や商品開発などの仕事では、自分のアイディアをアピールし、お客様を説得するプレゼンテーション能力は欠かせません。

「イメージをカタチに表現」する仕事には、必ずそのようなプロセスがあります。そこでかならず必要になるのが「色」に関する論理的な思考力です。

趣味で「色彩」を学んでいる人は多い?

お洒落のセンスを磨くために、手芸をもっと楽しむために…。
趣味を充実させるよう取得する方もたくさんいます。

フラワーデコレーションや手芸・工芸などの講座と同じようにとらえ、カラーコーディネーターの知識を趣味や生涯学習に活かされている方は少なくありません。

「色」の知識を身につける魅力のひとつは、自分の「パーソナルカラー」を知ることができることでしょう。人それぞれに微妙に異なる肌や髪や目の色(色素)。人が生まれながらに持っている色素にマッチした配色を、ファッションやメイクに活かせるようになれたら、それだけで楽しいと思いませんか?

もうショッピングで失敗することもありませんし、友達に自信を持ってコーディネートのアドバイスもできます!

また色彩の知識は、フラワーアレンジメントなどの趣味にも役立ちます。色の知識が豊富になると、食器やインテリアを選ぶセンスも磨かれます。いろんな色の活かし方がわかって、生活するのが楽しくなりますよ!

ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!