カラーコーディネーター 色彩検定 通信教育・通信講座 フォーサイト

キャンペーンバナー

カラーコーディネーター・色彩検定通信講座合格者と講師の対談

人物

久々の資格試験でしたが、色彩検定2級と3級に合格できました!

A・F・T 色彩検定2級+3級講座 2016年夏期試験対策DVDコース
20代 

資格女子の新井 マリエさん。社会人になってから資格試験を受けるのは久々だったので苦労されたそうです。フォーサイトの教材を活用しながら、日常生活でも色彩を意識して、初めての受験で色彩検定の2級と3級に合格。

一番良かった教材は?

eラーニングを活用して、どこでも勉強できたのが良かったです

eラーニングの道場破り®です。移動時間やカフェにいるときなど、どこでも問題を解いて、スキマの時間を使っての勉強ができました。テキストはいつも手元にあるわけではなかったのですが、移動中に道場破り®で用語集の〇△×がつけられるので、覚えている単語と覚えていない単語に分けられて、試験日までに全部〇にできるように心掛けました。道場破り®を使って、講義動画もカフェで観たりしていました。

あと、「戦略立案編」のテキストも良かったです。最初に読んで、資格試験を受けると決めてから本試験まで6カ月くらいあったので、どのように学習を進めるのか役に立ちました。

模試があるのも助かりました。実際に頭に入っているのか確認する意味とテストに慣れるという意味で時間を計って模試をやってみると、焦ったりして実際うまく解けないところもあったので、うまく活用できました。

講師についての感想はありますか?

講義が分かりやすく、試験のポイントを補足していただけるので助かりました

講義動画は分かりやすくて、講義を実際に受けているような感覚があって、自分でテキストを買って独学で分かりづらいところも講義でしっかりと勉強できました。試験で出やすいポイントを解説していただいたので、助かりました。

合格のために工夫したポイントは?

誰かに伝えること、記録に残しておくことが自信に繫がりました

誰かが勉強している姿を見てくれている訳ではないので、自分をストイックに保つことは大事だと思います。今回は資格女子がきっかけで色彩検定を受検することになりました。ビデオカメラを持って、自分で撮りながら、毎日勉強していたので、モチベーションを維持することができました。誰かに伝えるなど、記録に残していることが自信に繫がるのだと思います。

色彩検定は用語を覚えないといけないものが多かったので、ノートに書いたり、間違えたものをまとめたりして、覚える努力が大変でした。

学習時間の確保について

日常生活の中でも色彩を気にしていました

道場破り®でスキマ時間に学習を進めていましたが、友だちや誰かといるときには、問題を出してもらうようにしていました。色の組み合わせを覚えるときには、街で見かけた人のファッションで考えて、日常生活に溶け込んでいるような感じでした。
いかにも勉強という形ではないですが、いろんな側面から勉強していました。

これから挑戦する方にメッセージをお願いします

忙しくても合格できたという合格後のイメージを大切に

色彩検定は覚えることがたくさんあります。テキストを開いて、最初はすぐに閉じてしまいました。きっと誰もが感じることです。こんなにやることが多くて仕事も忙しいからできないという自分とこんなにやることが多くて仕事も忙しいけど合格できたという自分を想像しました。絶対に後者の方がいいと思いました。

合格できるイメージを忘れずに、モチベーションを高く持って勉強することが大切だと思います。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

ページのトップへ