受験生サポートブログ

  ビタミンBOOK

『恍惚の人』有吉佐和子

『恍惚の人』有吉佐和子

輝く女性の先駆け、有吉佐和子と昭子

7ae1784aa389f63d98e22eb62d6d3079_m

安倍首相が、「女性が輝く社会を」と、女性の社会進出を支援する政策を推し進めている現在ですが、輝く女性と言えば、有吉佐和子こそ、その先駆けでしょう。
1931年生まれの有吉佐和子は、超・男性社会だった当時、「女流作家」として高い地位を獲得しました。その生き生きと力強い物語は人々の心を強くつかみ、数々のベストセラーを生み出しました。

有吉佐和子の『恍惚の人』の主人公、昭子は「働く女性」のタイピスト。会社でバリバリ働いてるのですが、その一方で家事・育児もちゃんとこなします。休みの日に、おかずをまとめて作ったりしてるシーンが出てきたりして、今と同じだなあと思ったりします。
その意味では、専業主婦の妻・姑と夫をめぐる、じっとり閉じた、おどろおどろしい話が展開される『花岡青洲の妻』とは対極にあるかもしれません。

高齢化社会と働く女性の苦悩を描いて大反響を呼んだ小説

901783186c2962bb8509001cd301cf2a_s
『恍惚の人』は、昭子が道で舅(しゅうと)に偶然出会うところから始まります。そのときの舅の様子が奇妙で、「あれ?」と思った昭子。あとで舅が認知症になっていることが判明します。昭子、夫の信利、息子の敏は、そんな舅の行動にほんろうされて・・・という話の展開になっています。
詳細は省きますが、酔って深夜に帰ってきた信利が、舅の奇矯な行動に出くわして、思わず芭蕉の句になぞらえるシーンなど、その鮮やかで巧みな話運びにうならせられます。やっぱり有吉佐和子は素晴らしい。

『恍惚の人』を読んで思うのは、高齢化社会の到来とか、働く女性の家事・育児との両立の難しさという、当時、現在含めてマスで言われてきたこととはちょっと違うこと。昭子の就いている「タイピスト」という職業です。
タイピストって、今、無い仕事ですよね。昔はたくさんいたけど、コンピューターが広まって、誰でもワープロソフトでカンタンに文書が作れるようになったので、タイピストは要らなくなりました。
仕事を失ったタイピストたちは、その後どうやって生きていったんだろうと思うのです。今のPCを使った事務に切り替わった人が多数いるにしても、どうみても、絶対数は減ったはずだから。

AIとタイピストに共通する問い

1548105235572bf83144e1d92d0b6e6c_s
AIの発達により、10年後には今ある仕事の約半分は無くなると言われています。一体どうなるか、将来分かりませんが、間違いなく私たちは『恍惚の人』のあとに、そういう事態を経験しているはずなのです。
未来をあれこれ予測するより、過去を振り返るほうに、その答えのヒントがあるはずだと、『恍惚の人』を読んだときの私は思いました。はっと気づいたのです。
『恍惚の人』は40年前の小説ですが、現在を生きる私たちに、リアルタイムな「気付き」を与えてくれる、すごい小説です。読むたびに発見があります。

「どう生きるべきか?」という問いを抱いたら、有吉佐和子の小説を開くといいかもしれませんよ。きっと、考えるきっかけを与えてくれるはず。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

日本人の知らない日本語4 海外編
日本人の知らない日本語4 海外編

海外で日本語を学ぶ外国人が過去最多!『日本語学校』を覗いてみれば… 9月8日に2 …

舟を編む
舟を編む

言葉という大海原に漕ぎ出して辞書という名の『舟を編む』 誰もが一度は手にしたこと …

天地明察
天地明察

本屋さんに選ばれた2010年ベスト1の時代小説! 「時代小説って、文章長いし、と …

イシューからはじめよ
イシューからはじめよ

「脳科学×戦略コンサル×ヤフー」 トリプルキャリアが提唱する知的生産の秘術 「本 …

どこまで努力すれば弁護士になれるかを詳しく書いた『ずるい暗記術』
どこまで努力すれば弁護士になれるかを詳しく書いた『ずるい暗記術』

  メディアで有名な佐藤大和弁護士の『ずるい暗記術』は、暗記術としてはよく知られ …

拉致と決断
拉致と決断

不思議の国、北朝鮮。秘密の森に隠されていた「拉致」 「スクープ!」「潜入ルポ!」 …