受験生サポートブログ

マダム・イン・ニューヨーク

マダム・イン・ニューヨーク

「人生は自分のために生きるんだ」、そんな当たり前に改めて気づかせてくれる、一人の主婦の物語

「学び」をきっかけに、考え方や生き方が変わる

031
主人公のシャシは、お菓子作りが得意なごく普通の主婦。良き妻、良き母として、夫や子供に尽くす日々を当然と信じて生きてきました。
保守的な妻、母としての務めを淡々とこなす中、実はシャシはあることに傷ついていました。それは「家族の中で自分だけ英語が話せないこと」。
夫や娘はことあるごとにそんな彼女を軽んじ、バカにするような言動をとります。シャシは常に一人、劣等感とやり切れなさの中にいました。

そんな彼女を変えるきっかけになったのが、英会話学習でした。ニューヨークに住む姪が結婚することになり、その手伝いで渡米をした際に参加した英会話クラスから、彼女の人生観は大きく変わります。
これまでの自分の生き方や家族との関係性に悩みながらも、「学び」を通して自信と尊厳を取り戻していくストーリー展開に、今を生きるすべての女性が共感できるのではないでしょうか。

インド人女性がみずから描く「新しい女性観」が小気味良い!

少しずつ状況は変わりつつあるものの、典型的なインドの主婦のイメージと言えばやはり“保守的”。男尊女卑の風潮が根強く残り、女性への暴力を報じるニュースも少なくありません。

こうした背景の中、本作品はインド人女性みずから“女性の尊重”をテーマにした脚本を手がけたことで一躍話題となりました。女性であっても自分らしく生きて良いということ、女性であっても尊重されるべきであること、そして学びを通した成長は素晴らしいことを、時にシリアスに、そして時にユーモアを交えて描かれており、見る者、特に女性に大きな勇気を与えてくれます。
感動はありつつも、胸がすっとするような清々しささえ感じられる、実に痛快な作品です。

あれこれ考えがちな女性はとにかく必見!一歩踏み出す勇気がもらえます

015
これだけ女性躍進が叫ばれる現在の日本においても、いざ「スキルアップをしよう」、「資格を取ろう」という段階になると躊躇してしまう女性は多いような気がします。

「結婚したら仕事など満足にできないだろうし」
「育児中だから、子どもが手を離れるまでは無理そう」
「どうせ資格を取っても、本当に仕事に活かせるとは限らない」

あれこれ考えればますます一歩踏み出すことが怖くなり、結局何もやらず仕舞い。「いつかは」と思っていても自ら可能性を諦めてしまっては、永久に貴女の望む将来はやってきません。

本作品は、夢や目標に向け、一歩踏み出す勇気を持ちたい女性にこそオススメ!「学び」によって、生き方は確実に変わります。貴女も、「学び」の可能性にかけてみませんか?

マダム・イン・ニューヨーク [DVD]

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

新しいカタチの音楽と仲間「心が叫びたがってるんだ。」
新しいカタチの音楽と仲間「心が叫びたがってるんだ。」

誰もが知っているヒット曲を見なくなってどれくらい経つのでしょう。インターネットの …

テッド
テッド

願いがまさかの現実に!テディベアが巻き起こすミラクルストーリー☆ 「もしも願いが …

奇跡のリンゴ
奇跡のリンゴ

常識破り、型破り、「絶対不可能」を覆し奇跡を起こした男のドラマ 神話をはじめ、多 …

借りぐらしのアリエッティ
借りぐらしのアリエッティ

床下でささやかに暮らす『借りぐらし』の小さい人たちの物語 数々の名作を送り出して …

ヒューゴの不思議な発明
ヒューゴの不思議な発明

映画の巨匠マーティン・スコセッシ監督がスクリーンで魅せる“夢のマジック” 『タク …

僕たちは世界を変えることができない。But, We wanna build a school in Cambodia.
僕たちは世界を変えることができない。But, We wanna build a school in Cambodia.

フィクションとドキュメンタリーが融合実話に根付いた青春ストーリー 『僕たちは世界 …