みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
検定試験まで2か月余り。着実に学習を進めていってくださいね。

以前、「はだいろ」というクレヨンの色名が問題になり、「うすオレンジ」などと改められました。
確かに肌の色は千差万別。人種による肌の色の違いから偏見をなくすための変更でしたが、確かに同じ日本人でもパーソナルカラーでは大きく4つの色合いに分けられるのですから、うすオレンジになって良かったように思います。
同じく、「空色」、といっても、晴れた日もあれば夏の空の色もある。
そんなコンセプトで発売された絵の具があることを知りました。
特に色の名前を付けない絵の具で、色料の三原色の組み合わせや配合で、様々な色が作れることから企画された商品とのこと。
絵の具のチューブには、色名の代わりに、中身の色の○が描かれています。セットは10色。三原色に加え、
マゼンタ+シアン(1:1)(配合比率)
イエロー+マゼンタ(1:1)
シアン+イエロー(1:1)
マゼンタ+シアン(1:4)
イエロー+マゼンタ(4:1)
シアン+イエロー(1:4)
マゼンタ+イエロー+シアン(1:1:1)
の7色が入っています。
その製品のみならず、コンセプトが様々に評価され、
「CANNES LIONS プロダクトデザイン部門金賞」、
「ONE SHOWデザイン部門グランプリ」など、
国際的なデザイン賞を多数受賞したとのこと。
童心にかえって、感じたままに自然の色を描いてみたくなる、絵の具です。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。