18

2019/07

白虹

12:00:47 | 学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
これから、日差しが強くなって、町の色がより鮮やかに見える季節になります。
色の見え方の違いを感じながら眺めてみてくださいね。

前回のブログで虹の画家について取り上げましたが、気象現象の一つで、
白虹、という珍しい虹があります。
風がなく、穏やかな日の朝、霧が出て冷えたところに後ろから光が差し込むと発生する
ことがある虹で、霧虹ともいわれているそうです。
薄暗い空気に、ごく薄いペールカラーの赤橙黄緑青藍紫がふんわりアーチを描いて、
とても幻想的です。

虹はご承知の通り、大気中の水分や雨粒で太陽光が分光されて7色になりますが、
白虹は、小さな霧の粒に反射するので、光がしっかり分光されずに、
反射した白い光がおもだって見えるのだそうです。
ブロッケン現象をはじめ、気象現象にはさまざまあり、その話を聞くたびに、
自然の力を実感します。

色は自然に学べ、と言われますが、まさにその通りですね。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。