LEDの普及により、神社仏閣など歴史的建造物の
ライトアップが盛んになっていますね。

今年、京都の平等院鳳凰堂のライトアップが、
日本照明賞を受賞しています。

鳳凰堂を照らす色温度や左右対称の姿を
最も美しく見せる輝度分布などを、何度もシミュレーションして、
最適な値を決めたのだそうです。

LED照明としては、Ra95(平均演色評価数)を実現したとのことなので、
自然な色合いを損ねることのないライトアップを
実現していることにも興味をひかれます。

照明に使われたLED投光器は、
時間によって場所ごとに明るさを変えるシステムになっていて、
鳳凰堂の陰影を変化させる演出ができ、
こちらの投光器も、照明技術開発賞を受賞しているとのこと。

1年半ぶりに拝観が再開された平等院、
紅葉と共に楽しめる良い時期となりました。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。