先日「ライオンキング」を見た時、
ライオンのたてがみの色には黄金色から
こげ茶色までさまざまあることに気付き、
理由を探ってみました。

ダーウィンの学説では、
たてがみは首や喉など急所を守るためにある
と言われていたのですが、近頃、研究者によって、
それが覆されたようなのです。

実は、オスのライオンは、敵を倒して自信を持った時、
脳からあるホルモンが出され、このホルモンがたてがみの色を黒く、
長くしているのだそうです。

長くて濃い色のたてがみをもつライオンの方が、
より強くてたくましいということ。

すなわち、色の濃いたてがみをもつオスライオンの方が、
メスにもてるのだということです。

恐縮ながらライオンキングの王様のたてがみは黄金色でしたが、
色の神秘、ますます興味を引き付けられます。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。