六本木ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTで開催中の、
フランク・ゲーリー展に行ってきました。

フランク・ゲーリーは、以前こちらでもご紹介した、
フランスのルイ・ヴィトン財団の美術館を手がけた建築家です。
そのユニークなデザインに興味が募り、期待して見てまいりました。

今回の展覧会は、彼の独創的なアイディアに焦点を当て、
その発想の過程にフォーカスしたものになっていました。

ある意味、天才肌かと思いきや、
心に残ったのは彼のマニフェストの中での言葉でした。

彼のアイディアについてですが、浮かんだアイディアを模型にしたら、
嫌いになるまで見続けるのだとか。

それを直して別の模型を作るとまた新しいアイディアが浮かび、
またそのアイディアが好きになる。

そうやって考えに考えているうちに、
最高傑作が生まれるのだ、という概要。

新しいものを生み出す、ということ、
そしてその努力について、深く考えさせられた展覧会でした。

フランク・ゲーリー展、2月7日まで開催しています。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。