18

2016/10

黒板アート

18:49:02 | 学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
いよいよ検定試験まで1か月ほどになりました。
まだまだ時間はあります。気合を入れ直して頑張っていきましょう。

みなさんは、「黒板アート」って聞いたことありますか。
黒板に、チョークを使って絵画を描いていくもので、今やアートのジャンルの1つになりつつあります。

黒板のスケール感と、慣れ親しんだチョークの温かみ、
そして消せばなくなってしまうはかなさが魅力なのだとかで、
この春には、「黒板アート甲子園」なる大会も開催されました。

チョークは黒板に書くと粉状になるので、色と色を混ぜやすく、時に黒板そのものの色も使って、
ニュアンスを表現しやすいことが魅力、とのこと。

その迫力と繊細さ、そしてリアルなタッチに、つい引き込まれてしまいます。
美術部の指導している先生のお一人は、それまで絵の具などで
「べた塗り」しかできなかった生徒が、チョークを使って、斜めにラインを引いた時にできる点線や、
チョークを消した時にできる影のニュアンスを知ることで、より各自の力を磨くことにな
った、と話していらっしゃいました。

そういえば大学で教鞭をとっていらっしゃるカラーの先生が、色の授業をするには、
混色ができるチョークに限ると、ホワイトボードの教室は使わないとおっしゃっていたことを思い出しました。

黒板アート、混色の魅力溢れる芸術、だと思います。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。