25

2017/12

シャガール展へ

11:18:36 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
いよいよ2017年もあとわずか。今年は皆様にとってどんな一年でいらっしゃいましたか。
カラーの世界と出会って、色の世界を楽しんでいただけた年だといいなと願っています。
新しい一年も、皆様にとって素晴らしい年でありますように。

先日、東京ステーションギャラリーで開催されていた、
「シャガール 三次元の世界展」に行ってまいりました。

この展示会では、版画や絵でよく知られるシャガールが63歳で始めたという、
彫刻を「三次元」の作品として、多く取り扱われた展示会でした。

シャガールは、まるでエンジェルヘアで構成されたような歪曲したラインと、
その巧みな色遣いが印象的な作品を多く創造しています。
彫刻も、シャガールの世界観が見事に表現された素晴らしいものでしたが、
やはり心奪われるのは絵の色遣い。

主に心理四原色の使い方が本当に見事でした。今回惹かれたのは2点。
1点は、1911年から12年にかけて描かれた、
シャガールにしては珍しい「静物」という、赤、青、緑、黄色で描かれたランプや水差し、お皿の上の果物の、初期の頃の作品です。
キュビズムの作者なら一度は描いてみる手法なのでしょうが、シャガールの特長でもある、浮遊感のような、
不思議な印象をもたらす作品です。解説では、シャガールの試作、という位置づけとか。

もう一点は、1976年「アトリエの窓」。アトリエの大きな窓から見える空からは季節を感じられ、
臨場感があって、まるでその場に実際に行って風の音を聞いているかのようで、
窓際に飾られた花束と窓の外の木々の色合いのバランスが素晴らしいものでした。

確かこの絵は、5年ほど前のシャガール展のポスターになっていたような…。
シャガール生誕130周年の今年、改めて色に感動させてもらえる展示会でした。


18

2017/12

アイシング教室体験

11:17:39 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
試験勉強が終わってみると、身の周りにある色を楽しむ機会に沢山お気づきになるのではないでしょうか。
身近な色にさまざまなことを感じながら過ごしてみてくださいね。

かねてから、絵を観ることも描くことも好きで、作ることが好きで、
何かそれに関する習いごとができたらいいなと思っておりました。

でも、以前、カルトナージュやステンシルを習ってみた時は、
作った作品の保管場所が悩みの種。かといってせっかく作ったものは処分しにくく、
かつ本当にインテリアとして置いておきたいものは、やはりプロの方が作った方が美しく、
結局お教室もお休みすることになってしまいました。

そんな時に出会ったのが、アイシング教室。
季節に応じたテーマの型で抜かれたクッキーに、
色のついたお砂糖でデコレーションしていく方法を教えていただきます。

年末に向けては、クリスマスツリーに飾るオーナメントや雪化粧したお家の中にライトを灯すお菓子の家、など、
色を付けて、模様を描いて、パーツをデザインして…、そしてそして最後、飾って楽しんだ後は、その作品は、「食べる」のです。

出来栄えがあまり芳しくなくても、お味は一緒。作品が残ることなく、残らないことが罪悪感でもなく、
取り組むにあたって色の知識も活用できて、これからますますはまってしまいそうな習い事に出会うことができました。


みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
検定試験を受験なさった方、お疲れ様でございました。
合格なさっても、色彩を楽しんで、学び続けていただけたらとても嬉しいです。

南アフリカのケープタウンの街のシグナルヒルという丘の斜面にある、
ボ・カープ地区をご存知ですか?

立ち並ぶ家々の石壁が、マカロンのような、
PCCSでいうペールトン、ライトトーン、ブライトトーンのピンクや水色で
カラフルに塗られたそれはそれはかわいらしい色合い地域です。
白く塗られた窓やドア、手すりがよく映えて、おもちゃのよう。

明るくてかわいらしい街並みが、観光地になっていますが、
このカラフルな色は、1994年まで続いたアパルトヘイトからの解放を記念するために、
誰ともなく家を明るい色に塗り替えたことから始まったのだとか。

ケープタウンの裁判所入口の前には、「WHITES ONLY」と「NON-WHITE ONLY」
と記されたベンチが左右対称に置かれていて、人種問題と関わりの深い街なのだと感じさせられます。

今でこそ”インスタ映え“しそうなキュートな街並みですが、
その色の意味は、自由への喜び、だったとは、色の力を改めて感じるエピソードでした。
是非、ネットなどでその街並みを見てみてくださいね。


04

2017/12

冬期色彩検定

11:15:51 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
冬期の検定は、色彩検定も、カラーコーディネーター検定も終了しました。
受験なさった皆様、お疲れ様でございました。
まずは一息つかれている頃でしょうか。

11月12日に実施された、今年度冬期色彩検定の内容ですが、
2級も3級も、例年通り実際の色に関する問題が多く出題されていました。
特に色名は問題数のボリュームもしっかりあったように感じています。

配色に関しても、テキストにあるような単に色が並んだ形式ではなく、
「引き出しの色がヘクサードになっている」などと具体的な物の配色として出題されているため、
やはり色を見ただけでPCCSの「ペール6番」「ビビッド12番」
といったように記号に置き換えられる力が必要だと思いました。

このところ、ネイルカラーのデザインの形で配色形式を問う出題も見られています。

また、ファッションについては、テキストにはない、最新のコレクションの写真が使われ、
その配色名を聞かれたりしていますので、
より実践的な配色の力、配色を見分ける力、が求められていると感じました。

日頃から、身の周りの色をPCCSの色番号に置き換えるという習慣をつけると有利ですので、
これから1級を目指そうという方も、改めて心がけてみてください。


08

2017/11

国立競技場のデザイン

9:00:02 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
東商のカラーコーディネーター検定を受験なさる方も、いよいよ試験まで1か月を切りましたね。
東商の試験は、とにかくテキストを何度も読むことです。
出題は項目ごとですから、大きく何章には何が書いてあった、とつかんでおくのも有効です。

2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、国立競技場の整備が進んでいますね。
先日、競技場の内部のデザインが決まったというニュースを見ました。
手がけているのは建築家の隈研吾氏。東商2級のテキストでも取り上げられている建築家で、「和」をイメージした作品が特徴的です。
新しくなった歌舞伎座も隈氏の作品ですが、国立競技場にも、折り紙やあんどんのデザインが見られるのだそう。
競技場の椅子の色には、木漏れ日をイメージしたというブラウン、グリーン、ホワイトが用いられ、空席が目立ちにくい配色にしたという、日本人らしい「和」の配慮に感激しました。
個人的には、隈氏の作品では、浅草の文化観光センターが好きなのですが、国立競技場はどのように仕上がるのか、ますます2020年が楽しみです。


01

2017/11

インテリアの明度

9:00:12 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
AFT色彩検定を受験なさる方は、あと2週間を切りましたね。
今年は天候も不安定で、夏からインフルエンザの流行も見られていると聞きます。
体調を整えて、試験日に備えてくださいね。

我が家ではリビングの一部に白のラグを置いているのですが、なんとなくグレーっぽく汚れてきたので、秋の到来と共に、ベージュのラグに換えてみました。
前にもブログで話題に取り上げましたが、インテリアカラーに白はとても人気で、最近スポンジも白が多くみられるようになりましたね。
私も白のラグはとても気に入っていたのですが、ベージュにしてみて気づいたことがあります。
先日、インテリアコーディネーターの方が白いインテリアについてコメントしていらっしゃったのですが、白はすっきりしてとても素敵なのですが、緊張感が増してしまうとのこと。
私にとっても白は明度が高すぎたようで、温かみのあるベージュのラグになって、穏やかな雰囲気に変化したように感じました。
好みはそれぞれ。
秋の夜長、過ごしやすいお部屋づくりにチャレンジするのもいいですね。


25

2017/10

モンペリエの「白い木」

9:00:15 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
検定を受験なさる皆様、いよいよ実施日に向けて、カウントダウンが始まっています。合格に向けて、しっかり学習していってくださいね。

建築物に興味があって、目を引く建築物はチェックしてしまうのですが、今回はフランスでの、日本人のプロジェクトをご紹介します。
海外ではSOU FUJIMOTOとして活躍する藤本壮介氏。日本では、武蔵野美術大学の美術館・図書館の設計者としてご存知の方もいらっしゃるでしょうか。
フランスのモンペリエに、今年建設された、17階だてのタワー、L’Arbre
Blanc、その名も「白い木」。
居住スペースやレストランがあり、まるで木の幹からのびやかに出る枝や葉のように、ひさしやバルコニーが突き出たようなデザイン。
建物内にたっぷり日差しを取り込んで、すくすくと成長していくような姿です。
あの突き出した大きなバルコニーはどのように支えているのか、建築の進化にも驚きながら、またこの目で実際に見てみたい建築物が増えました。
是非、HPなどでご覧になってみてくださいね。


18

2017/10

カメレオンの色変化

9:00:28 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
東商カラーコーディネーター検定を受ける方は、もうお申し込みはおすみでしょうか。もうすぐ申し込み締め切りです。
改めてご確認くださいね。

カメレオンは、七変化ともいわれるほど、自分の体の色を自由に変えられると言われていますが、実は文字通り7色に変わるわけではなく、しかもそのメカニズムもあまりわかっていなかったようです。
周囲に同化する擬態だけでなく、感情によっても、体調によっても色が変わるのだとか。
一説によると、カメレオンの皮膚は実は透明で、皮膚の下にある虹色素胞と呼ばれる細胞の中の物質が、皮膚を通過した光を反射して色として見えているのだそう。
カメレオンの種類にもよりますが、先日、テレビで実際に色が変わるところを見たところ、彩度と明度が落ちたり上がったり、という変化のようでした。
まだまだ謎に包まれたカメレオンの色変化。
いつか解明される日が楽しみです。


11

2017/10

パンダ

9:00:42 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
AFT色彩検定を受ける方は、検定まであと1か月あまりですね。
ここから気合を入れ直して、がんばりましょう。
作業なさったPCCSの一覧表は、毎日眺めてくださいね。

先日家族の集まりで子供たちの席でクイズ遊びをしている声が聞こえてきて、「日本に多くみられる2種類のクマは何と何?」という問いに、「白クマと黒クマ」という答えがあって笑いがおこっていました。
最近ではよく知られるようになりましたが、パンダの尻尾は黒か白か、というクイズ、もう皆様ご存知ですよね。
少し前まで、キャラクターのパンダには黒いしっぽのものも見られましたが、上野動物園で生まれた赤ちゃんパンダがよちよち歩く後ろ姿の尻尾はまっしろ。
イメージではなんとなく、尻尾も黒いような気がするので、豆知識的や雑学のように思われていました。
パンダの尻尾は、赤ちゃんの頃には大きいのに、成長するにつれ小さくなるように感じるようですが、実は尻尾の大きさは、赤ちゃんの頃からあまり変わらないので、成長につれ小さくなったように見えるのだそうです。
神様はなぜ耳と目の周りと腕と足だけ黒い白クマをおつくりになったのか、あの白黒の絶妙なバランスを見るたびに、感謝しながら思いをはせております。


みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
検定試験を受験なさる方は、もうお申し込みはお済みでしょうか。
AFT色彩検定は9日、月曜日が締め切りです。どうぞお忘れなくお手続きくださいね。

「ボストン美術館の至宝展」に行ってきました。
アメリカ、マサチューセッツ州にあるボストン美術館は、有志により設立し、国や州の財政援助を受けずに、個人の寄付や寄贈によってコレクションされた作品を有しているのだそうです。
今回の目玉は、英 一蝶の描いた「涅槃図」。
外国人教師として来日したフェノロサが収集し、彼の友人の手を経てボストン美術館に渡ったものだそうで、約170年ぶりに修復されて初めて里帰りした作品とのこと。
ボストン美術館には日本美術が多数コレクションされていて、浮世絵など日本の作品に影響を受けたモネなどの作品を一緒に鑑賞できる楽しみもあります。
今回数々の名作の中で印象派が好きな私の心が動いたのは、やはりルノワールの作品でした。
ルノワールは特に人物像で有名ですが、その作品は、珍しい静物画。「陶製ポットに生けられた花」という作品です。色とりどりの花が、ルノワール独特の柔らかいタッチで咲き誇る作品ですが、ルノワールは、明暗や色彩の配置を実験するために、時々花の絵を描いたのだとか。
その明暗や色彩の配置に込められた「意図した美しさ」に、しばし見入っておりました。
9日までの開催です。機会がおありの方は是非、いらしてみてください。


1 / 512345