フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

会社について

21

2019/08

オープン主義

8:57:15 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

今、日本経済新聞出版社から刊行されている「PRINCIPLES」を読みました。

世界最大のヘッジファンド、プリッジウォーター・アソシエイツ創業者レイ・ダイリが
書いた人生と仕事の原則についての書籍です。
約600ページもある大著で、価格も税抜4000円という書籍です。
にもかかわらず、全世界で100万部を突破しているという名著です。

難解でわかりにくいところも多々ありますが、人生や仕事を進める上で大変参考になる本でした。

本書の一つの哲学が、徹底したオープン主義です。
つまり、すべての情報をオープンにすべきだという主張です。

実は私も若い時から徹底したオープン主義です。

ただ、周りから、「なぜ、そんなに情報をオープンするのかわからない」と言われ続けました。

しかし、本書を読んで、自分の考え方に自信を持つことができました。
いい本と巡り合えたと感じています。



04

2019/07

韓国訪問

10:07:14 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

6月下旬、韓国を訪問しました。
目的は韓国の印刷会社との打ち合わせのためです。

現在、フォーサイトの教材は少部数のものは社内で、
部数の大きいものは韓国と台湾の印刷会社に発注しています。

印刷に詳しい方ならわかると思いますが、印刷物にはミスが付き物です。
そこで、年に1度、韓国の印刷会社に行って、ミスを改善するための打合せをしました。
実際のミスのあった印刷物を持参し、ミスを説明し、
それを今後、どのように改善すべきかを議論します。

この打合せは、韓国の場合、毎年6月に実施しており、今年で6回目です。
この打合せを実施するようになってから、ミスは劇的に減少しています。

打合せのあとは、みんなで宴会です。
それもまた楽しいものです。

こうやって少しずつ業務改善をして、
少しでもいい教材を受講生の方にお届けしたいと考えています。



01

2019/05

東大生卒業式

21:53:00 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

少し前の話になりますが、3月下旬、東大の卒業式があり、それに伴い、アルバイトのお別れ会をしました。

フォーサイトには、多くの東大生アルバイトがいます。
今年、卒業した方のほとんどが入学した直後から、ずっと指導してきた方です。
だから、卒業がうれしい反面、お別れが寂しくもありました。

お別れ会の際、いろいろな思い出がよみがえりました。
彼女に振られて慰めたこと、大学の勉強に行き詰って相談されたこと、はじめての彼氏ができて相談を受けたこと。
いっしょにお酒を飲みながら、本当に大人になったなと感じました。



17

2019/04

特  許

12:40:29 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

昨年は、「学習に関する特許を1年間で10取得する」という目標を立てました。

そして、少し遅れていますが、現時点で、
6個の特許申請が終わり、2個の特許を取得しました。
現在のところ、審査されたものはすべて特許を取得しています。

残りのものについても、順調に作業が進んでいますので、
まもなく、すべての特許申請が終了します。

そして、その特許を搭載したeラーニングシステムを開発してゆく予定です。



10

2019/04

ビストロ社長会

12:38:53 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

フォーサイトでは、週1~2回、ビストロ社長会というイベントを実施しています。
これは、社長ではある私が、自分で料理をして、社員にふるまうというイベントです。

提供できる料理はまだ多くありませんが、下記のようなものです。
・すき焼き
・しゃぶしゃぶ
・鍋 醤油・味噌・辛みそ・塩

私自身があまり料理が得意でないため、まだ品数が少ないですが、
今後は、料理教室に通って、レパートリーを増やしたいと考えています。

今後は、カレー・ビーフシュー・ホワイトシチューなどを提供できればと考えています。

このイベントは、私と社員が食事を共にすることによって、
コミュニケーションを図るために実施しています。

実際、このイベントでいただいたスタッフからの意見により、
業務改善した事例もたくさんあります。

やはり、「現場の生の声を聴く」。
大切なことですね。



18

2019/03

社長業 その3

15:17:17 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

フォーサイトの社長特有の業務として、教材チェックがあります。

毎年、莫大な量の教材が制作されます。
そのすべてをチェックすることは不可能ですが、できるだけ私自身がチェックします。

特に重要視しているのが、テキストの原稿チェックです。

時には、スタッフから上がってきた原稿を真っ赤になるぐらい添削します。
これを繰り返すことによって、スタッフの教材制作能力が徐々にアップします。

なお、テキスト原稿のチェックは、だいたい朝の5時から9時の間にします。
頭がクリアーでないと正確な添削ができないからです。



11

2019/03

社長業 その2

15:15:06 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

会議・打ち合わせの次に多いのが、来客・面接です。

まず、来客。
「この来客、社長じゃなくても、いいのでは」と思うことが多々あります。
世の中、「会うなら社長」と考えている方がたくさんいらっしゃるので、できるだけ対応します。
実際は、金融機関・取引先などの担当者と打ち合わせが多くを占めます。

面接には、社員面接・講師面接があります。
社員面接ではたくさん雑談をして、その方の人となりを判断します。
そして、フォーサイトの社風に合った人かどうかをみます。

講師面接も大切です。
いかに素晴らしい講師が見つけるかがフォーサイトの講義の生命線だからです。
まず、面接をして、その方の人となりを拝見し、その後、模擬講義を実施します。



04

2019/03

社長業 その1

15:12:39 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

今回は、私の業務について書いてみたいと思います。
社長って、何をやっているの? と思っている方も多いと思います。

まず、一番時間的に長いのが会議・打ち合わせです。

まず、経営に関する会議があります。
取締役会・株主総会・経営会議があります。

フォーサイトの場合、会社の幹部が参加する「経営会議」で経営に関する重要な業務について決めます。
そして、ここで決定され、かつ、特に重要な案件が、取締役会に上程します。

次に、スタッフ向けの会議があります。
スタッフ全員が参加する「全体会議」や、全課長が参加する「課長会」などがあります。
また、部署毎の会議にもできるだけ参加します。

さらに、個別案件別の打ち合わせがあります。

これでわかると思いますが、社長の業務時間のほとんどが会議・打ち合わせなのです。



30

2019/01

合格者の声

10:38:16 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

フォーサイトでは、毎年、この時期に「合格者の声」の撮影をしています。

この「合格者の声」はフォーサイトが受講生の方と
直接接することができる唯一機会ですので、大切にしています。

この場で、ひとりひとりの方から、フォーサイトの教材のどこが良くて、
どこが悪かったを詳細にヒアリングします。

それをまとめて、翌年の教材改訂の方針を固めます、
良いところはさらに伸ばし、悪いところは改訂するというのが基本的な方針です。

この地道な作業を毎年毎年続けています。

これによって、フォーサイトの教材は着実に進化していると思っています。
だから、今年もこの地道な作業を一生懸命やっていきたいと考えています。



24

2018/09

気づき

11:17:10 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

新刊の
「世界最高のチーム グーグル流 「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法
を読みました。

その中で、こんな一節がありました。

「仕事におけるチームというとき、みなさんはどんなふうにイメージするでしょうか。
なかには、家族のようなものと考えている人もいるかもしれませんね。
僕は、会社のチームはスポーツチームにとても近いものだと思っています。
家族というのは、たとえば子供が学校をサボっても、お母さんはその子を愛し続けます。
でも、スポーツチームは違います。練習や試合をサポる人はいらないし、
骨折してプレイできない人もいらない。会社のチームも一緒ですね。
仕事をサボる人、仕事ができない人はいりません。その意味で会社のチームはスポーツチームとよく似ています。」

いままで、いろいろな経営書に、「社員は家族と同じように接した方がいい」と書いてあるのを鵜呑みにしていました。

会社って、スポーツチームと考えるしっくりきますね。



1 / 212

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。