フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

教育について

03

2020/09

バーチャル講師 その3

10:44:38 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

バーチャル講師がデビューして、はや1ヶ月。

デビュー前は、「もし、評判が悪かったらどうしよう」という不安もありましたが、ほとんどが良好なご意見ばかりで、感謝しています。

この2年間、いろいろ苦労しましたが、この企画をやってみて良かったと思いました。

2年前に、「アバターを講師にして教えたい」と言うと、ほとんどの方から、「一体、何を考えているの」という反応をされました。

しかし、この2年間で、多くのアバターが活躍するようになり、認知度も上がってきました。

そのような環境の変化も大きかったのだと思います。

リアル講師を抜くバーチャル講師を育てる。

この目標に向かって、努力します。



25

2020/08

バーチャル講師 その2

19:54:21 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

まずは、どのように始めたらいいのか、まったくわからなかったので、キズナアイのプロデューサーの方にアポを取り、いろいろ教えもらいました。

これで、どのようにすればいいのか、イメージをつかむことができました。

次に、Vチューバーのデザインを誰に発注すればいいのか、いろいろお話を聞きました。

値段も本当にピンキリでした。

ただ、作るなら、キズナアイと同じレベルにしたいと思い、有名なデザイナーさんに発注することになりました。

一番、大変だったのが、撮影システムの選定です。

たくさんの機材・システムがあり、ほとんどがアメリカのものです。

それをどのように組み合わせるのか、選定にも時間がかかりました。

一番大変だったのが、これまで、Vチューバーが講義をするというのがなかったので、その観点での機材選定でした。

本格的に準備を開始して、早2年。

たくさんの失敗、回り道をしてきましたが、やっと講義をリリースできそうです。

まずは、宅建講座を8月に開講しました。

お楽しみに!!



18

2020/08

バーチャル講師 その1

19:52:56 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

現在は、講師はやっていませんが、その前、30年間講師をやっていました。

その際、毎年、自分の講義アンケートで指摘されていたことがあります。

それは。

「講師は若い女性がいい」というものでした。

私にも高校時代に経験があります。

高校2年生の時の英語の先生は、本当に若くて、綺麗な先生でした。

だから、英語を一生懸命、勉強しました。

この経験から、なんとか若くて、綺麗な女性講師を採用できないかと思い、これまでいろいろ努力してきました。

ただ、資格の講師業は、中年男性ばかりで、予習・受講生への質問対応など、意外に長時間労働。しかも、そんなに報酬も高くありません。だから、若くて、綺麗に女性にとって

魅力的な職場ではありません。

だから、これまで、採用はできていませんでした。

3年前、たまたま、キズナアイを知りました。

そして、Vチューバーを講師にすることを思いつきました。

そして、それから、格闘が始まりました。



28

2020/07

料理

11:56:35 | プライベート,教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

在宅勤務が増えたので、最近、自宅で料理をしています。

ただ、本格的な料理は時間がもったいないので、なるべく短い時間で、かつ、美味しい料理で、さらに安くできないかを研究しています。

たとえば、レンジや最新圧力鍋を使って料理をしたり、既存の食材をアレンジして、美味しくなる方法を研究しています。

たとえば、私はサッポロ一番味噌ラーメンが大好きです。

ただ、そのまま作るのではなく、味噌を加えて、自分の好きな味噌味にし、かつ、バターを入れたりします。

もちろん、野菜をいためて入れたりもします。

ちょっとした手間で、1つ100円のサッポロ一番味噌ラーメンが何倍にも美味しくなります。時間もたいしてかかりません。さらに、安いです。

今は、レトルトカレーのアレンジに挑戦しています。

カレー粉、黒コショウ、ホットガラムマサラを入れて、味を調整します。

そして、野菜をレンジで温めて入れたり、お肉を追加したり、エビ・ホタテなどの海鮮を追加したりします。

これも、ちょっとした手間で、1つ100円のレトルトカレーが何倍にも美味しくなります。時間もたいしてかかりません。さらに、安いです。

今年中に、料理の達人になれるかもしれません。笑



14

2020/07

FPの勉強をしています

11:51:17 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

現在、空いた時間に、FPの勉強をしています。

かなり以前に少しだけFPの勉強をしたことがありますが、これではきちんと教材の質をチェックすることができません。

これを機会に、勉強をはじめました。

もちろん、教材はフォーサイトの通信講座です。

いくつになっても、新しいことを学ぶことは楽しいと感じています。

そして、初めて学ぶことの難しさも体感しています。

「ここはこう書くべきだろ!!」「こんな説明だとわからない」と文句を言いながら、勉強しています。

これを機に来年のFPの教材を飛躍させたいと考えています。

ご期待ください。



新たに特許庁から、1つの特許を取得した旨の連絡が来ました。

これで計13個目です(かなり昔の特許も合わせると15個目です)。

これは、今年から実施しているeライブスタディに関する特許です。

現在の最高のテクノロジーを使って、最高の教育を提供するのがフォーサイトの目標です。

本特許も、この目標を達成するためのものです。

まずは、計15個、最終的には20個の特許を取得します。

頑張ります!!



17

2020/06

教材改革

16:54:02 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

今まで、フォーサイトの教材は講師の主観によって、制作されてきました。

それはそれで素晴らしいことだし、業界すべてが同様の制作方法です。

しかし、学習のベースとなるのは、テキストです。

素晴らしいテキストがあって、素晴らしい講義が可能になります。

だから、まず、テキストを論理的なものにしたいと考えました。

過去問を徹底的に分析し、その出題頻度から、コンテンツを確定し、それをわかりやすく執筆する。

これをシステム的に実現する方法を開発しました。

その準備をこの6月から開始し、10月からシステムを稼働させ、1年かけて、全講座のテキストのコンテンツを見直しします。

ますます、フォーサイトの教材は進化します。

ご期待ください!!



10

2020/06

教材チェック

16:53:13 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

以前は、教材のチェックをすべて私自身がしていました。

しかし、次第に会社が大きくなり、私の仕事も忙しくなり、少しずつそれもできなくなっていました。

そこで、今月から、少しずつでも、全講座のすべての教材を私がチェックすることにしました。

計画では、今から2年かけて、やりきるつもりです。

そして、細部まで徹底的にチェックして、さらに教材の質に磨きをかけたいと思います。



03

2020/06

10校目の学校建設

16:50:40 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

現在、ラオスのサワラン県のホーコンナイで10校目の学校建設が始まりました。

ラオスもコロナの影響で、外出禁止などの措置があり、予定より工事が遅れていましたが、5月18日にほぼ通常の生活に戻ったとのことです。

来年の春には、開校式です。

コロナが収束し、ぜひ、ラオスの開校式に参加できればと考えています。



28

2020/04

ManaBun設計書

11:48:19 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

今までのフォーサイトのeラーニングシテスム「道場破り」は、徐々に新システム「ManaBun」に移行しています。

この新システム「ManaBun」は構想に3年、そして、開発完了は今後3年かかると予想しています。
完成すれば、世界トップレベルのeラーニングシステムであると自負しています。
このために、新たに取得した特許は、現時点で計12個、そして、現在、審査中のものと今後、申請する予定のものを含めると計20個もの特許からなる巨大シテスムです。
開発費も総額3億円を超えます。

特許申請もある程度、落ち着いてきたので、現在、社内用の設計書を書いています。
特許申請書は一般の方が読んでも、なかなか理解できません。システムの方にわかってもらうには、システムの用の設計書が必要だからです。

新しく公開された「ManaBun」は、現時点では、今までの「道場破り」と見た目はほとんど変わりません。
ただ、中身は最新のコードで書かれ、データベースも全く異なります。
そして、今後3年間をかけて、新機能を一つずつ実装、公開していきます。
これにより、合格率が徐々にアップしていくものと期待しています。
今後も、フォーサイトにご期待ください。



1 / 3212345...102030...最後 »

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。