フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

教育について

21

2019/10

遺伝子 その3

12:58:22 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

DNAのスイッチをONにする方法には、食事と運動があるとのことです。

まず、オリーブオイルやナッツなどの地中海食は、
炎症反応の制御に関するDNAのスイッチなどが変化して、
メタボ予防や改善など、健康によい効果をもたらすとのことです。

また、緑茶に含まれるカテキンの一種には、
がんを抑える遺伝子のスイッチをONにする効果があることがわかっています。

さらに、ショウガや赤ワインは、炎症を抑えたり、
老化を防いだりする健康にかかわるスイッチを切り替える効果があるらしいこともわかっています。

運動をすると、糖尿病や心筋梗塞、がんなどさまざまな病気を予防したり、
症状を改善したりする効果があることもわかっています。
これは、DNAのスイッチが変化して遺伝子の働きを変えるからです。

記憶力のアップには、ランニングが効果的ではないかと現在、研究が進められているとのことです。

今後、ますますDNAの研究が進めば、今まで運命と考えられてきたものを変えることができるかもしれません。



14

2019/10

遺伝子 その2

12:57:14 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

「人間の能力は遺伝子によって決まっている。だから、勉強してもムダ」
この考え方についても、明確に否定されていました。

その理由の一つに、誰もが持っている70個の突然変異があるからです。

人は生まれるときに、父親と母親から半分ずつのDNAをもらうだけではなく、
そこに必ず70個の新たな突然変異が生じることがわかったのです。

つまり、両親には見られない突然変異を持って生まれてくるのです。
だから、両親にない新たな能力をもっている可能性があります。

また、DNAにはスイッチがあることがわかっています。
いくら才能があっても、育った環境や努力によって、
そのスイッチをONにしなければ才能は発揮されないとのことです。

才能は「生まれか育ちか」という議論がありますが、
正解は、生まれも重要だが、同じぐらい生まれてからの
努力も大切ということになります。



07

2019/10

遺伝子 その1

12:55:36 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

今まで、いろいろな遺伝子に関する書籍を読んできました。
しかし、勉強すればするほど、「人間の能力は遺伝子によって決まっている。だから、勉強してもムダ」
という考え方になりがちでした。

しかし、この考え方は、教育に携わる者には受け入れられないものでした。
「誰だって、頑張って勉強すれば夢がかなえられる」。
このような前提がないと教育の意味がなくなってしまうからです。

先日、出たばかりの「健康長寿、容姿、才能まで秘密を解明! 遺伝子」NHKスペシャル「人体」取材班著 講談社刊を読みました。
遺伝子に関する最新の研究を知ることができました。
また、人間の素晴らしさを知ることができました。
そして、今までの遺伝子に関する固定概念を変えることができました。

よく「〇〇が健康によい」という記事がありますが、
これは人によって、当てはまる場合もあれば、逆に害になる場合もあるとのことです。
それは、人によってDNAの個性が異なるからです。

勉強についても同様ではないかと考えています。
ある勉強法がある人にとっては効果があるが、反対に、ある人に対しては害になる場合もよくあります。
これもDNAの個性によるのかもしれません。



先日、特許庁から連絡があり、無事、1つの特許を取得することができました。

今回認められた特許は、受講生に学習上のアドバイスを自動的にするシステムです。
フォーサイトには、ここ7年間、計7,000名もの方の学習データがあります。

これを見ると、たとえば、30代の男性で会社員の方の場合、
「こんな風に勉強すると合格しやすい」とか、
反対に、「これをやると不合格になりやすい」
ということが統計的にわかります。

このデータを基に、「これをやるといいですよ」、「これをやるとダメですよ」、
というアドバイスをするというシステムです。
やっと特許がとれたのでなるべく早い時期にシステムとして完成させたいと思います。

昨年より多くの特許を申請しており、現時点で9の特許申請を完了し、
そのうち、今回のものを含めて4つが特許として認められました。

最終的には、13もの申請を計画しています。
あと少し、頑張ります!!



07

2019/08

中学校講演会

8:53:01 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

7月5日土曜日、品川区立戸越台中学校に出前授業の講師として参りました。
実に、40年ぶりに中学校に行きました。
やっぱり学校って、いいですね。

中学2年生、約100名を対象に、1時間50分、休憩なしで授業をして欲しいという依頼でした。
大人でも、1時間50分、休憩なしはキツイと思います。
それを中学2年生を相手にできるのかという不安がありました。
だから、準備には念には念を入れ、1週間かけて資料を作りました。

授業をすること自体は、慣れていますが、中学生を相手というのははじめての経験なので、その点も不安でした。

授業の内容は、私がやっているラオスなどの学校建設を材料に、まず、ラオスという国を知ってもらい、その経済情勢・実際の生活を説明しました。
そして、学校建設を通じて、わかったこと、つまり、学校とは何のためにあるのかというお話をさせていただきました。

途中、動画を放映したり、2回のワークショップを入れたり、我ながら楽しい授業ができたのではないかと思いました。

今の子供はおとなしいと言われていますが、この中学生は元気いっぱいでした。
そして、本当にいい子ばかりでした。
このような素晴らしい子供たちに、少しでもいい日本にできたらと思いました。

こうして、子供たちから元気をもらった1日でした。



先日、特許庁から連絡があり、
無事、1つの特許を取得することができました。

今回認められた特許は、出題されるか否かをAIによって予測するシステムです。

毎年、ある分野が出題されるか否かという予測で講師や受講生は頭を悩ませています。
そんなことはコンピューターに機械学習させ、予測させれば足ります。
これについての特許です。

ただ、このシステムで必ず当たるわけではありません。
人間が予測するよりは少しだけマシというレベルです。笑

昨年より多くの特許を申請しており、現時点で9の特許申請を完了し、
そのうち、今回のものを含めて3つが特許として認められました。

最終的には、13もの申請を計画しています。

あと少し、頑張りたいと思います。



世界学習分析学会で、
「今後は、学習のピッグデータを取得し、個々に最適な教育指導を可能にする」
という指針が示されたのが2011年のことです。
しかし、未だに、この素晴らしい指針は実現されていません。

この問題について、3年前から研究し、私自身の案をまとめ、多くを特許として申請しました。

そして、現在、この特許を基にしたシステムを開発しています。
これができたら、勉強できない子・大人はいなくなると考えています。

そのような大きなことを夢に見ながら、日夜、システム開発を続けています。



21

2019/06

教育の見える化の重要性

13:57:37 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

昔は、勉強は紙のドリルでやっていたので、
そのドリルへの書き込みを見れば、勉強しているのか、
どこまで勉強したのか、どのレベルでできているのかが一目瞭然でした。

しかし、スマホやタブレットでの学習に変化するにつれ、
これらの状況がわかりにくくなっています。

だから、今後の学習ツールは、子供の学習にとって便利という視点も重要ですが、
保護者が子供の学習状況を的確に把握できることも重要になってきます。

これによって、「ちゃんと勉強した?」「ここがわからないの?」
「もっと教科書をきちんと読みなさい」
という親子の会話ができるようにしなければと感じています。

今、そのようなことができる学習プラットフォームを開発できないかと考えています。



来年1月上旬、幻冬舎より「エドテック」という書籍を
刊行するための原稿を少しずつ執筆しています。

元々、ものを書くのは好きです。
書きながら考え、また、書きながら考えるという過程が好きです。
そうやって自分の考えをまとめていくのはある種、快感です。

執筆しながら、今後、教育はどんどん変わっていくし、
また、変わらなければならないと痛感しています。

そして、次の世代に、今よりいい教育を残していくことが
我々の義務ではないかと考えています。



来年1月上旬、幻冬舎より「エドテック」という書籍を刊行することになりました。

日本ではまだ「エドテック」という言葉自体、なじみがないので、
広く知ってもらうことが必要と思い、執筆することにしました。

また、エドテックに関する情報発信をするために、専門サイトも立ち上げる予定です。

4月下旬より、構成案を考えています。
毎日、たくさんの文献を読んで、自分の考えをまとめています。
5月中には、構成案を確定し、その後、執筆に入りたいと思います。

いろいろな文献を読みながら、フォーサイトはまだまだだなあと感じています。
今の勉強を基に、さらにフォーサイトを飛躍させるための知識・アイデアを吸収したいと考えています。



1 / 3012345...102030...最後 »

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。