フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

2020 / 07

28

2020/07

料理

11:56:35 | プライベート,教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

在宅勤務が増えたので、最近、自宅で料理をしています。

ただ、本格的な料理は時間がもったいないので、なるべく短い時間で、かつ、美味しい料理で、さらに安くできないかを研究しています。

たとえば、レンジや最新圧力鍋を使って料理をしたり、既存の食材をアレンジして、美味しくなる方法を研究しています。

たとえば、私はサッポロ一番味噌ラーメンが大好きです。

ただ、そのまま作るのではなく、味噌を加えて、自分の好きな味噌味にし、かつ、バターを入れたりします。

もちろん、野菜をいためて入れたりもします。

ちょっとした手間で、1つ100円のサッポロ一番味噌ラーメンが何倍にも美味しくなります。時間もたいしてかかりません。さらに、安いです。

今は、レトルトカレーのアレンジに挑戦しています。

カレー粉、黒コショウ、ホットガラムマサラを入れて、味を調整します。

そして、野菜をレンジで温めて入れたり、お肉を追加したり、エビ・ホタテなどの海鮮を追加したりします。

これも、ちょっとした手間で、1つ100円のレトルトカレーが何倍にも美味しくなります。時間もたいしてかかりません。さらに、安いです。

今年中に、料理の達人になれるかもしれません。笑



21

2020/07

在宅勤務

11:55:28 | 会社について | Comments Off | Trackbacks (0)

フォーサイトでは、今も最低、週1日の在宅勤務を義務づけています。

希望すれば、週2日まで可能です。

在宅勤務のメリットは通勤時間がなくなることと、

邪魔されずに仕事に集中できること、

さらに、子供の面倒や家族との時間が増えることです。

ただ、デメリットもあります。

上司が部下の業務を正確に把握することが難しい。

同僚とのやり取りは、ウェブ会議・メール・電話よりも直接会うのが一番効率的です。

面接・会議においても同様です。やってみるとわかりますが、ウェブ面接では、相手がどんな人かわからないし、会議においても、他のスタッフからやる気をもらうことは難しいと感じています。

このように、会社での勤務にもメリットがあるので、会社の勤務と在宅勤務のハイブリットが一番適切な勤務形態だと考えています。

最終的には、月・水・金出勤パターンと火・木・土出勤パターンの2つに分けたいと思います。つまり、会社の出勤は週3日とし、週2日は在宅勤務にします。

会社の出勤の時に、会議・打ち合わせを集中的に行います。

在宅勤務の時に、静かにやりたい業務をやります。

月・水・金出勤パターンと火・木・土出勤パターンは不平等をなくすために、月ごとに交代します。

ただし、部長以上の役職者は管理することが仕事なので、週4日出勤とします。

ただ、交代出勤だと、全スタッフが顔を合わせる機会がなくなりますので、月1回の全体会議を実施します。

これが実現し、フリーアクセスにすれば、オフィススペースも現在の半分で済みます。

経費削減に寄与します。

これから準備をして、このような勤務形態に移行したいと考えています。



14

2020/07

FPの勉強をしています

11:51:17 | 教育について | Comments Off | Trackbacks (0)

現在、空いた時間に、FPの勉強をしています。

かなり以前に少しだけFPの勉強をしたことがありますが、これではきちんと教材の質をチェックすることができません。

これを機会に、勉強をはじめました。

もちろん、教材はフォーサイトの通信講座です。

いくつになっても、新しいことを学ぶことは楽しいと感じています。

そして、初めて学ぶことの難しさも体感しています。

「ここはこう書くべきだろ!!」「こんな説明だとわからない」と文句を言いながら、勉強しています。

これを機に来年のFPの教材を飛躍させたいと考えています。

ご期待ください。



新たに特許庁から、1つの特許を取得した旨の連絡が来ました。

これで計13個目です(かなり昔の特許も合わせると15個目です)。

これは、今年から実施しているeライブスタディに関する特許です。

現在の最高のテクノロジーを使って、最高の教育を提供するのがフォーサイトの目標です。

本特許も、この目標を達成するためのものです。

まずは、計15個、最終的には20個の特許を取得します。

頑張ります!!



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。