受験生サポートブログ

人生の特等席

人生の特等席

ハリウッドのいぶし銀俳優が放つ骨太な父娘ドラマ

アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を獲得し、レッドカーペットの常連メンバーとして名高いクリント・イーストウッド。映画会社の契約俳優からスタートし、西部劇のカウボーイ役でブレイクし、スターダムにのし上がります。監督、プロデューサーとしても手腕を発揮し、主演も兼ねた『許されざる者』、『ミリオンダラー・ベイビー』ではアカデミー賞作品賞と監督賞を2度も受賞。

2012年12月現在、82歳のクリント・イーストウッド。一時は引退も囁かれたものの、愛弟子の初メガホン作品で俳優業に復帰。内容は、野球の世界を背景にした頑固親父とお転婆娘による典型的なファミリードラマ。クリント・イーストウッドならではのいぶし銀の魅力が随所で光ります。

老いも若きも、父娘それぞれ
直面する「人生の曲がり角」

クリント・イーストウッド演じる主人公・ガスは、メジャーリーグ最高と謳われたスカウトマン。現在、老いによる視力低下とコンピュータを駆使したデータ野球を重宝する球団幹部から煙たがられ、引退を迫られます。

生涯を野球に注いできたガスは、スカウトマン人生を賭け、スカウトの旅へ。体とともに視力も衰え始めたガスのサポートを申し出たのは、ひとり娘のミッキー。ミッキーは、弁護士として着実にキャリアを積み重ねながらも、トラウマを持ち、うまく心を開くことが出来ずにいます。

最小単位の人間関係が親子なわけですが、父と娘の関係は特に難しいもの。父娘それぞれが人生のターニングポイントに立ち、お互いに対する心のしこりを感じながら旅に出ます。

正義は勝つ! 夢の世界はハッピーエンドで

以前、こちらのコラムでスカウトマンを主人公にした野球映画『マネーボール』をご紹介しました。データ野球の妙味がスクリーンに映し出されていましたが、本作は真逆。机上の数字よりも現場のプレー。実際に現場へ赴き、自分の目と耳で確かめることの重要性、経験に裏打ちされた知識、長年の勘を評価する制作者の姿勢がうかがえます。

ストーリーはすべて予定調和で、最終的には大団円。「正義は勝つ」という言葉通り、親孝行や善き行いをする人は報われます。

現実の世界では、人情だけで物事が進むわけはなく、収まるところに収まらないこともままありますよね。夢の世界でハッピーエンドを堪能したら、もっと周りに優しくなれるかもしれません。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

僕たちは世界を変えることができない。But, We wanna build a school in Cambodia.
僕たちは世界を変えることができない。But, We wanna build a school in Cambodia.

フィクションとドキュメンタリーが融合実話に根付いた青春ストーリー 『僕たちは世界 …

新しいカタチの音楽と仲間「心が叫びたがってるんだ。」
新しいカタチの音楽と仲間「心が叫びたがってるんだ。」

誰もが知っているヒット曲を見なくなってどれくらい経つのでしょう。インターネットの …

MONEYBALL
MONEYBALL

「アンフェアなゲームに勝ち残る!」メジャーリーグの常識に戦いを挑んだ者たちの物語 …

レインマン
レインマン

莫大な遺産が全く相続できないことに怒った弟は…… 『レインマン』(原題:Rain …

アリス・イン・ワンダーランド
アリス・イン・ワンダーランド

有名すぎる童話のヒロイン、アリスの“その後”のストーリー 「世界で聖書の次に、読 …

AVATAR
AVATAR

“選ばれし者”には苦難がつきもの『AVATAR』にみる試練とは? 『ターミネータ …