社会保険労務士の魅力を知ろう

サクセスストーリー

社会保険労務士の魅力を知ろう

社会保険労務士は何をする人? 開業すると儲るの?
社会保険労務士の資格を取得するとどんなメリットがあるのか。
これから資格を取ろうと検討中の方は必見です!

社会保険労務士とはどんな仕事?

社会保障制度に携わり活躍する、
企業の「人」に関するスペシャリストです。

イメージ

社会保険の加入手続や労働保険料の計算、社内の賃金台帳作成や確定申告、労働契約や就業規則の作成などなど、社会保険労務士は、書類の作成を通して、就労者の義務や権利をフォローします。

社会保険労務士は就労者の権利や安心ある生活を多様な面から支援します。つまり社会保険労務士とは、企業の「人」に関するスペシャリスト。労働・社会保険諸法令(約50の法律)に関する法律を専門的に取り扱う唯一の国家資格者です。

独立開業で活動している人も、企業の労務・人事・総務部門などで活躍している社会保険労務士もたくさんいます。

特定社会保険労務士とはなんですか?

労働トラブルのADR代理権を持つ社会保険労務士のことです。

ADR法とは裁判によらない紛争解決方法を広く指すものです。

厳しい現実ですが、近年は個別の労働紛争が増え続けています。例えば、残業代や給与の不払い、突然のリストラやセクハラなどによる訴え…。そうした個別のトラブルを裁判を起さず解決するために、労働上の紛争が増え続けているため、ADRに特化した社会保険労務士の存在が求められているのです。

特定社会保険労務士になるには、社会保険労務士の資格を取得した上で、特別研修を受講し、紛争解決手続代理業務試験に合格する必要があります。

社会保険労務士の資格だけで稼げるもの?

「開業社会保険労務士」の年収は、
450万~3,000万円といわれています。

あまりの年収格差にドッキリされる方もいるかもしれませんね。

このような年収の開きがあるのは、開業社会保険労務士は企業と顧問契約を結び仕事をするからです。これは独立開業者のすべてにあてはまることですが、営業センスのあるやり手の社会保険労務士かどうかで、年収は大きく変わってきます。

また、コンサル料金には規定がなく、顧問報酬の額にも個人差があることも、年収差が出る理由のひとつです。

顧問契約の社数が増えれば年収もアップします。また、書類作成にとどまらないサービスを提供できる社会保険労務士に成長することで、報酬も上乗せされてゆくということですね。

「勤務社会保険労務士」の平均年収は?

平均年収は530万円。長く安定して働けることを考えると魅力的な資格ですね!

厚生労働省の調査によると、平成19年の勤務社会保険労務士の平均年収は530万円です。ちなみに民間企業で働くサラリーマンやパート従業員の平成19年の平均年収は437万円です。

もちろんこれらの数字は年齢や勤続年数によっても変わってきます。難関試験をパスして勝ち取ったポジションですから当然かもしれませんが、社会保障制度の法の専門家である社会保険労務士は、会社勤めをする場合も、周りの社員より優遇されていると見てよいでしょう。

社会保険労務士として働く魅力って?

労働環境を円滑にするスペシャリストとして、人助けができることです。

イメージ

社会保険労務士の仕事には、労働・雇用・年金などの手続きに関わる書類作成のエキスパートのイメージがあるかもしれません。

でもそれはうわべだけの見方に過ぎません。本質的なことは、企業の発展や、就労者が抱える問題解決、福祉向上などに直接貢献できることです。

雇用と解雇、勤務超過の問題、また社内うつなどのメンタルヘルス対策…。大手・中小を問わず、企業には必ず何かしら人にまつわる問題が発生します。ですから保険や給与の手続きなど日常的な業務のほかに、社会保険労務士には、就労者を援助する視点が大切。大きく人助けができるのがやり甲斐です。

社会保険労務士の将来性について

世の中の労働環境が混沌としている状況は、社会保険労務士にはむしろ追い風です!

100年に1度の大不況の影響もあって、いま産業と就業の構造には大きな変化が起こりつつあります。労働環境が混沌としている今は特に、社会保険労務士にとって追い風といえるでしょう。

企業はさまざまな労働問題に対し、社会保険労務士との相談や指導を必要としているからです。また特に中小・零細企業では、不況が理由で、社会保険の手続などをアウトソーシングするニーズは高まることが予測されます。

労働市場のこの混沌はまだ当分続くでしょう。定型業務を持つ社会保険労務士の仕事には、景気に左右されない安定性があります。加えて、世の中の働く環境が厳しい時こそ、一層多くの出番が巡ってくるのがこの仕事の特長です。

フォーサイトが、実際に社会保険労務士として実務をされている皆様に密着取材を行いました!
様々な働き方のある行政書士ですが、先輩方がどのように資格を仕事に活かしているかをご覧いただけます。併せてご覧ください。

実務家密着取材を見る

ページのトップへ