社労士試験に合格するために必要な勉強時間は?

社労士試験に合格するために必要な勉強時間は?

例年試験合格率が10%を切る社会保険労務士。中には複数回受験をしているという方もおり、試験合格は簡単ではない、難関試験として知られています。

そんな社会保険労務士試験に合格するにはどのくらいの勉強時間が必要になるのでしょうか?

この記事では一般的に社労士試験合格に必要とされる勉強時間を紹介。その勉強時間を確保するのに必要な期間に関してもまとめていきます。

資格試験は短期合格が基本。社労士試験に短期合格を目指す場合、どの程度の期間を考えるべきか、短期合格のためにはどのように勉強すべきかなどに関してもまとめ、おすすめの学習方法も紹介していきます。

効率的に学び短期合格を達成して、社労士としていち早く活躍することを目指しましょう。

目次

社労士試験合格に必要な勉強時間は?

社労士試験に合格するために必要な勉強時間を考える前に、社労士試験を目指す場合に、考えられる勉強方法を確認しておきましょう。

社労士試験を目指す場合に考えられる勉強方法は3種類。自分の力のみで合格を目指す「独学」か、「通信講座」を利用する方法、そして社労士試験対策講座を開講している「予備校」に通学する方法です。

勉強時間も勉強方法によって差が出てきますので、勉強方法ごとの勉強時間を確認していきましょう。

独学なら800~1,000時間

社労士試験は基本的には法知識を問われる問題が中心です。ただし身に着ける法律知識の範囲が非常に幅広く、対策には多くの時間が必要になります。

一般的に社労士試験対策に必要な勉強時間は800~1,000時間と言われています。大学で法律を学んだ、すでにほかの資格を取得しているなど、ある程度法知識のある方であれば800時間よりも短くなりますし、法律知識がない初学者の方の場合は1,000時間を超えることもあるでしょう。

通信講座・予備校通学なら600~700時間

通信講座を利用する場合と、予備校に通う場合はほぼ同じ勉強時間が必要になります。

通信講座も予備校も、専用のテキストとそのテキストを基にした効率的な勉強カリキュラムがあり、独学で学ぶよりも効率的に学ぶことができます。

通信講座・予備校通学の場合に必要な勉強時間はおよそ600~700時間。ただしここに予習・復習の時間を加味する必要があり、この予習・復習に必要な時間は、学ぶ方の法知識によっても変化すると考えられます。

それでも独学で勉強するよりも短い勉強時間・勉強期間で合格を目指すことができるというのは間違いありません。

社会人が確保できる勉強時間は?

社労士試験に合格するために必要な勉強時間は、勉強方法によっても差はありますが、600~1,000時間程度ということになります。

では、これだけの勉強時間を確保するのがどの程度大変かを検証していきましょう。検証に関しては、社労士資格を目指す方の中心となる社会人の方をイメージ。一般的なサラリーマンの方が、1,000時間の勉強時間を確保すると考えると、どのような生活になるかをイメージしていきたいと思います。

仕事のある日は2時間程度

一般的なサラリーマンの生活を想定してみます。朝6時に起床し、8時に出社。通勤時間を1時間と仮定し、9時から仕事を始めるとします。

残業時間も加味して、毎日18時まで就業すると、帰宅する時刻は19時。帰宅後に夕食・入浴時間などを考えると、21時あたりからが勉強時間となるでしょう。

朝6時起床ということで、睡眠時刻を24時とすると、勉強時間の最大値は21~24時の3時間ということになります。

ただし寝る前の時間なども考慮すると、勉強に当てられる時間は1日2時間が現実的といえるでしょう。

仕事のある日の勉強時間を1日2時間と仮定しつつ、1年間で1,000時間の勉強時間を確保するのに必要な生活スタイルを考えていきます。

年間1,000時間確保はかなり大変

社労士試験対策の勉強期間を1年間としましょう。まずは1年間でどの程度出勤日数があるかを考えます。

1年間は約52週間ですので、土日の数は年間104日。さらに1年間で祝日が16日間ありますので、土日の数に加えて120日間。

ここに年間で消化する有給の日数を10日、お盆と年末年始で休みになる平日の合計を5日間とすると、年間で仕事が休みとなる日数は135日。つまり出勤日数は230日間ということになります。

仕事のある日に確保できる勉強時間が1日2時間だとすると、出勤日に確保できる勉強時間は460時間。勉強時間1,000時間には540時間足りません。

この540時間を、年間135日間の休日でカバーすることになり、休日1日平均の勉強時間は4時間という計算になります。休日に4時間なら確保できるを思う方もいるかもしれませんが、この計算では、1年間全ての休日で4時間の勉強時間を確保するということになっています。

普通に生活をしていれば、休日に予定が入ることも当然あるでしょう。恋人とのデート、家族と過ごす時間、趣味の時間に冠婚葬祭など。月に1度程度勉強時間が確保できない休日があると考えると、休日の勉強時間は5時間程度となるでしょう。

また、平日の勉強時間も必ず2時間確保できるとはいえません。残業が長引いたり、同僚と食事にいったり、接待に行く必要があったりということもあるでしょう。

こう考えると、一般的な社会人の方が1年間で1,000時間の勉強時間を確保するのはかなり難しく、勉強の効率を考えて、勉強時間を短くする努力が必要といえます。

社労士試験の勉強を始めるタイミングは?

社労士試験を目指すとして、どのタイミングから勉強を始めるのがベストでしょうか?もちろん「社労士の資格が欲しい」と思ったときが勉強を始めるタイミングになりますが、それ以外に最適なタイミングを考えてみたいと思います。

毎年9月スタートがおすすめ

社労士試験対策の勉強を始めるためには、まずは勉強のゴール地点、すなわち社労士試験の日程を知っておく必要があります。

社労士試験は例年8月の第4週に実施されており、10月上旬に合格発表が行われます。8月下旬の試験がゴールと考えると、試験勉強のスタートは9月がベストといえるでしょう。

もちろん、1年間の勉強期間では厳しいという方はもっと早くからスタートさせる、もしくは2年間をかけて勉強する予定を立てる必要があります。

実際に社労士試験の対策講座を開講している予備校などは、カリキュラムのスタートが9月からというケースが多く、勉強を始めるタイミングは9月がベストといえるでしょう。

また、実際に社労士試験を目指すのであれば、9月スタートで1年間での合格を目指すのがおすすめ。なぜ1年間がベストかという点は次の章で解説していきます。

社労士試験は短期合格を目指すべき

ここまで勉強期間を1年間に設定していろいろと説明してきましたが、なぜ1年間かという点に関してここで応えておきましょう。

まず大前提として、社労士試験を含め資格取得を目指す場合、短期合格がベストです。短期間で集中して勉強して合格を目指すのが基本であり、社労士試験ももちろん同じ考え方になります。

そこで社労士試験の難易度を鑑みると、勉強時間は1,000時間近く必要となり、この1,000時間の勉強時間を確保するには、少なくとも1年間は必要であるという結論から、最短の勉強期間を1年間と設定しました。

では、なぜ資格試験は短期合格がベストなのか?その理由を簡単に解説していきましょう。

勉強期間が長期になる弊害

資格試験の勉強は、いわゆる入試の勉強とは違います。入試の勉強は勉強期間が決まっており、その中でどう過ごすかが問題となります。一方資格試験はいつ受験するかを自分で決められるため、その気になれば何年間でも勉強期間を確保することができます。

しかし勉強期間は単に長く確保すればいいというものではありません。勉強期間が長期間になると、どうしてもモチベーションの維持が難しくなります。勉強に対するモチベーションが下がると、勉強効率が下がります。そして勉強効率が下がればより長い勉強時間が必要になります。

つまり余裕を持って長い勉強期間を確保すると、かえって長い勉強時間が必要になるという悪循環に陥る可能性が高く、おすすめできないということになります。

資格取得がゴールではない

もうひとつ短期合格をおすすめするのは、資格試験は合格することがゴールではないという点です。

学生時代の入学試験は、ある意味入学することが最大の目標ですから、入学試験合格を最大目標にしても問題ないでしょう。しかし、資格試験は資格を取得することがゴールではありません。その資格を活かしてどのような仕事をするか、生活を送るかということがより重要となります。

資格取得試験は試験に合格することがゴールではなくむしろスタートです。その後の時間をしっかりと確保するためにも、資格試験は短期間で合格することが求められます。

社労士試験に短期間で合格するためにおすすめの方法

実際に短期間の勉強期間で社労士試験に合格するためには、どのような勉強方法がおすすめか考えていきましょう。

独学よりも通信講座・予備校通学がおすすめ

まず短期間での合格ということにこだわれば、独学という選択肢はまず考えにくいところです。つまり勉強方法は通信講座か予備校通学に絞られるということになります。

あとは単純に居住環境などからどちらかを選択するという形でいいでしょう。自宅や勤務先のそばに予備校がある方は、予備校にするか通信講座にするかを選択することができます。

自宅や勤務先の近くに予備校がないという方は通信講座一択です。通信講座といってもいろいろな講座がありますので、自身にあった講座を選ぶようにしましょう。

一方独学はまったく考えられないかと言われると、非常に限定的ではありますが独学で目指せる方もいるかと思われます。過去に社労士試験を受験した経験がある方や、すでに社労士と同等の難易度の資格試験に独学で合格したことがあるという方であれば、独学でも十分短期間での合格を目指せるでしょう。

予備校よりも通信講座がよりおすすめ

予備校にも通学できるし、もちろん通信講座の受講も可能という方はどちらを選択するのがおすすめでしょう。特に社会人の方が目指すということを考えれば、通信講座の方が勉強効率は高くなるといえます。

まず予備校への通学は、当然ですが通学時間が必要になります。最初の方で説明した通り、社会人の方にとって平日に勉強時間を確保するのは大変難しく、1日2時間程度、目一杯考慮しても3時間というのが考えられる勉強時間です。予備校に通学する場合、この短い時間の一部を通学時間に消費する必要があり、とても効率的とはいえません。

また、仕事上の都合もあるでしょう。急に仕事が忙しくなり、残業が増えるということも十分考えられること。残業のせいで予備校の授業が受けられないという可能性もあります。もちろん多くの予備校では、受講できなかった授業は映像の後日受講可能となっていますが、一人で映像授業を受けるのであれば通信講座と変わりません。

むしろ映像授業を前提とした通信講座の方が授業の質は高いとも言えます。通信講座の授業動画は、そもそも動画を見ながら勉強するために制作されています。一方予備校の映像授業は、本来は目の前にいる生徒のために行っている授業を録画したもの。

微妙な差ではありますが、授業の進め方や板書の見やすさなどに大きな差があります。

こうした特徴を鑑みると、相対的に通信講座受講の方がロスが少なく、勉強効率は高いといえるでしょう。

効率よく学べる通信講座を見つけるポイント

いろいろな条件を考慮すると、社労士試験に短期間で、確実に合格しようと思えば通信講座を利用するのがもっともおすすめということになります。

そんな通信講座ですが、インターネットが普及した近年では多くの講座があり、社労士対策の講座もかなりの数に上ります。そんな中からどの通信講座を選ぶのかがポイントとなりますが、講座を選ぶ際にポイントとしてチェックすべき項目を挙げていきたいと思います。

信頼できるテキストがある

通信講座を選ぶ際に通黙したいのがテキストの質です。

通信講座を受講するといっても、通常の勉強は自宅で一人で受ける必要があります。もちろん授業動画を見ながらの勉強とはなりますが、もし疑問点が見つかった場合、その疑問を解決するために頼れるのはテキストのみ。このテキストの質が悪ければ、勉強もはかどらないということになってしまいます。

通信講座を選ぶ際は専用のテキストがあるかどうか、またどのようなテキストかを確認できる講座を選びましょう。テキストを選びポイントは見やすさと理解しやすさ。特に色遣いなどのバランスを見て選ぶのがおすすめです。

過去の受講者の合格実績もチェック

近年通信講座が増えているということもあり、過去の実績が少ない講座もあります。短期合格を目指すのであれば、少なくともある程度の合格実績のある通信講座がおすすめです。

社労士講座の試験は、法改正や社会の労働環境などによって毎年少しずつ出題傾向が変わっています。その時代に合わせた問題が出題されるということもあり、社労士試験対策の経験豊富な講座の方が信頼度は高いといえます。

経験のある講座は、それに合わせたテキストも作成できますし、そのテキストにあったカリキュラムの設定も可能です。

社労士講座の合格実績も加味して選ぶのがおすすめです。

自分に必要なカリキュラムが組まれているかを比較

社労士講座のカリキュラムにも各講座の特徴が表れます。初心者を想定して初歩の初歩から始まる講座もあれば、ある程度の基礎知識はあるものとしてカリキュラムを組む講座もあります。

自分の勉強ペースに合わせた講座を選ばないと、勉強についていけない、もしくは勉強のペースが遅すぎるなど原因で、モチベーションが下がってしまうかもしれません。

受講申し込みをする前にどのようなカリキュラムが組まれているかも調べ、自分に合った講座を受講するようにしましょう。

おすすめはフォーサイトの「社労士バリューセット3」

通信講座を選ぶポイントを考慮したうえで、実際に多くの方にすすめられる講座がフォーサイトの提供している社労士バリューセット3の講座です。社労士講座にもいくつかのコースがあるフォーサイトですが、このバリューセット3は、すべてのサービスを受けることができるお得な講座。その特徴を紹介していきましょう。

基礎講座&過去問講座はもちろん完全提供

フォーサイトはこれまでにも多くの合格者を輩出している実績があり、信頼できる通信講座の一つです。

フォーサイト受講生の2021年社労士試験合格率は、全国平均の7.9%を大きく上回る29.4%。フォーサイトの口座を受講することで、合格率は3倍以上に上がります。

そんなフォーサイトの社労士バリューセット3に含まれている内容は以下の通り。

  • 基礎講座
  • 過去問講座
  • 直前対策講座
  • 過去問一問一答演習

ほかのバリューセットで提供される教材はすべて含まれている上、バリューセット3のみで提供される「過去問一問一答演習」も提供。短期合格を目指すためには心強いセットといえます。

eラーニングシステムを利用しスキマ時間を勉強時間に

短期合格を目指す場合、勉強時間の確保が重要になります。その勉強時間の確保に大きく役立つのが「eラーニング」です。eラーニングとは、スマホやタブレットなどを利用して行う勉強方法で、ちょっとしたスキマ時間を勉強時間に変えることができる勉強方法です。

例えば毎日の通勤時の電車内、家事のちょっとした合間、ランチ後の休憩時間など、10~15分といった時間を有効に活用することで、無理なく勉強時間の確保が可能です。1日30分のスキマ時間を勉強時間に変えられたとすれば、1年間200日で100時間の勉強時間を確保することになります。

このeラーニング教材が充実しているのがフォーサイトの教材。特に「過去問一問一答演習」はバリューセット3のみで提供されるeラーニング教材となっています。

安心の全額返金制度にも対応

フォーサイトのバリューセット3は安心の全額返金保証制度にも対応。もちろんある程度の条件はありますが、その条件をクリアしたうえで不合格となった場合は、受講料の全額返金を受けることができます。

もちろん返金を受けることが目的ではありませんが、こうした保証制度があれば安心して勉強に打ち込めるでしょう。

まとめ

社労士試験に合格するために必要な勉強時間は、勉強方法次第ではありますが、およそ600~1,000時間です。かなり長い時間を必要としますが、資格試験は短期合格が基本。できれば1年間以内の勉強で合格を目指したいところです。

社会人の方や子育てをしている主婦(主夫)の方にとって、1年間で1,000時間の勉強時間を確保するのは非常に難しいところですが、勉強方法や毎日の時間の使い方をくふうするなどしてぜひ短期合格を目指しましょう。

短期間の勉強での合格を目指すのであれば、通信講座の受講がおすすめ。通学する必要がないため時間を無駄にせず、また信頼できるテキストとカリキュラムに沿って勉強することができるため、効率よく学ぶことができます。

数多い通信講座の社労士講座ですが、本気で短期合格を目指すのであればフォーサイトの社労士バリューセット3がおすすめ。eラーニングを上手に活用し、短期合格を目指しましょう。