試験学習プロが講座のすべて監修

合格へ導く!
フォーサイト専任講師

実績を誇るプロの専任講師陣

フォーサイトの中小企業診断士講座は、香川大輔講師・小嶋聖司講師・木下講師・阿南講師の4名が担当しています。経験豊かな専任講師が、カリキュラムに合わせた講義や教材の執筆を行っています。

香川大輔講師

香川大輔講師からの熱いメッセージ

難しいことを簡単に変える!

知識を学ぶことは、時には困難を伴います。ただ単にテキストを読むだけでは、なかなか頭に入ってこないかもしれません。
しかし、ちょっとした考え方の工夫や、違った見方をすることで、霧が晴れたように理解が進むことがあります。
そこで、講義では、みなさんの理解が進むよう、難しいことでも簡単と思えるようにお伝えします。

自分を変える力を原動力に!

みなさんは、なぜ中小企業診断士という資格取得を目指すのでしょうか。
そこには、きっとみなさんが描く将来像があり、なりたい姿になるために、決して簡単とはいえない資格取得を目指すはずです。
みなさんが自分を変えて豊かな人生を描くために、最大限のサポートをさせていただきます。

社会を変えて日本を元気にしよう!

中小企業診断士は、中小企業を元気にすることで、地域を活性化させ、日本を元気にすることに貢献することができます。
試験の範囲は幅広く、いままでに馴染みのない知識も身に着ける必要があるかもしれません。
しかし、そうした知識は、将来必ず皆さんの貴重な戦力になってくれるはずです。
一緒に、日本を元気にするための知識を身に着けていきましょう。

講師プロフィール

プロフィール 【名前】香川大輔
【生年月日】1974年9月28日
【出身】千葉県
【血液型】O型
経歴 千葉大学工学部応用化学科卒業。製薬会社への入社後、ベンチャー企業や事務機器販売会社でITシステム提案に携わる。
2015年に中小企業診断士試験合格後、2018年独立。
座右の銘 勝っておごらず負けてめげず
趣味 家族とキャンプ。映画鑑賞
尊敬する人 リーチ・マイケル

小嶋聖司講師

小嶋聖司講師からの熱いメッセージ

理解と暗記

試験勉強というと「ひたすら暗記」というイメージを持たれる方も少なくないと思います。
ただし、よくわからないものを無理矢理暗記しようとしても、すぐに忘れてしまったり、ややこしい聞かれ方に対応できなかったりします。
効率的な暗記をするためにも、やはり「ある程度の理解が前提としてあるか」が重要です。講義においても教材の作成においても「理解の助けに」ということを最優先に取り組んでいます。

質と量

学習においては質と量どちらも大切です。質も量もどちらも、向上させるには努力が必要です。
質を上げるには学習の進め方を考え、試行錯誤し続ける必要があります。量を増やすには学習時間を確保するために、生活をコントロールする必要があります。
短期合格にはこの両面からのアプローチが不可欠になります。私たちは皆様の学習を質の側面からサポートするために、日々取り組んでいます。

中小企業診断士の学習は楽しい

合格者の方に聞くと、診断士の学習は楽しかったと言われる方は多いように思います。
それは楽だということではなく、新しいことに多く触れるために、自分の幅が広がっていく経験があるからだと思います。
この資格の勉強をしなければほぼ接点を持つことがないことをたくさん学ぶため、学習前には考えていなかった道が、学習を通して見えてくるかもしれません。

講師プロフィール

プロフィール 【名前】小嶋聖司
【生年月日】1981年7月4日
【出身】千葉県
経歴 千葉大学法政経学部卒 中小企業診断士
座右の銘 和して同ぜず
趣味 読書・サッカー
尊敬する人 吉田松陰

木下洋平講師

木下洋平講師からの熱いメッセージ

効率的に学習し、できるだけ短期間で資格を取得し、次のステージへ

みなさんにとって、きっと資格取得はゴールではないと思います。
資格を活かして、あるいは資格取得のプロセスで身につけられる知識を活かして、何かやりたいことがあるのではないでしょうか。
今はまだ具体的にやりたいことが決まっていなくても、新たな選択肢や可能性がその先に広がることを期待されているのではないでしょうか。
資格の取得を通過点とするなら、資格取得のプロセスに時間をかけすぎるのはよくありません。
できるだけ短期間で合格できるように効率的に学習していきましょう。
そのためには「戦略」が大切です。
戦略的に、何を重点的に勉強するのか、どのように勉強するのか、考えて工夫して勉強してください。
効率的に学習をすすめる方法の答えは1つではありませんが、みなさんに参考にしていただけるような情報や経験則を、私もお伝えしていきます。ぜひ、工夫しながら、学習を進めていきましょう。

努力が裏切られない、勉強を

「勉強したことを忘れてしまう」、「勉強しても点数が上がらない」、「同じことをずっと繰り返している」資格試験の勉強をしているとこういったことが辛く感じるのではないでしょうか。
あたまの中で、点と点がつながり線になると、勉強する中でこのように感じることは減っていきます。新たな知識を、みなさんのこれまでの知識や経験と繋げられないかを意識して勉強してみてください。
点と点を繋げるような勉強ができると、努力が着実に蓄積されていき、得点にも反映されていきます。
私は、みなさんが点と点がつながるような気づきがあるような講義をお届けできるように努めます。気づきを得ながら、点と点を繋げながら、楽しく学んでいきましょう。

熱は、氷を溶かす

資格取得の勉強をしていると、どうしてもモチベーションが上がらなくなることがあります。
仕事が忙しく、嫌になってくることもあるでしょうし、周りの人から資格取得に対して否定的なことを言われることもあるかもしれません。
徐々に気持ちが冷めてきて、「来年受ければ良いか」と先延ばしにしたくなることもあるでしょう。
冷めてきた時には、初心に戻り、自分の心の窯に、薪をくべてください。
心の窯に薪をくべて、心の熱を上げれば、そんな冷めた気持ちは飛んでいくはずです。
講義を受けると心の熱が上がると感じていただけるような講義を目指して、私も気持ちを込めて、講義するように努めます。一緒に、熱く勉強していきましょう。

講師プロフィール

プロフィール 【名前】木下洋平
【生年月日】1983年1月7日
【出身】兵庫県
経歴 早稲田大学理工学部中途退学。中小企業診断士、日商簿記1級、国家資格キャリアコンサルタントを保有。
座右の銘 人間万事塞翁が馬
趣味 読書
尊敬する人 武田信玄

阿南晏樹講師

阿南晏樹講師からの熱いメッセージ

資格の有用性

私は中小企業診断士は実際のビジネスの場面でも活かすことができる有用な資格だと思っています。中小企業診断士では1次試験では7科目を受験し、ビジネスをする上で必要な幅広い知識について勉強します。
内容としては経済、財務、会計、経営戦略、組織、マーケティング、生産管理、情報システム、経営法務など非常に多岐にわたります。中小企業診断士は日本版MBAなどと言われることもありますが、まさにMBAで学ぶような体系的な経営知識を学ぶことができ、ビジネスの共通言語や経営者と対等に議論できるスキルを得ることができます。
以上のように学ぶ内容そのものが実際のビジネスにも活かすことができるという有用性が中小企業診断士の魅力のひとつだと思います。

学びの楽しさ

資格勉強は大変だし、つまらないという印象を持つ方が多いと思います。しかし、中小企業診断士は他の資格と比べると楽しく勉強ができる資格ではないかと思っています。
もちろん試験勉強自体は大変ではありますが、中小企業診断士は経営に関する知識や理論を幅広く体系的に学ぶことができ、それらと自身が普段行っているビジネスを照らし合わると新たな発見を得ることがあります。
例えば組織論は自身の所属する会社で発生している組織的な問題が理論として整理されており、なるほどと思えることがあるのではないかと思います。学びとは楽しいものです。中小企業診断士は資格勉強ではありますが、その中で学びの楽しさを感じてほしいと思います。

本質的な理解

私の講義では自身の経験を活かして、できるだけわかりやすい説明を心がけたいと思っています。中小企業診断士で学ぶ内容は非常に幅広くかつ難しい内容のものも多くあります。
表面的な理解だけで解くことが難しい問題もあるため、特にわかりづらい論点については噛み砕いた説明をして本質的な理解をしていただきたいと思っています。
試験自体は難しいので心が折れそうにもなりますが、諦めなければ必ず突破することができます。一緒に頑張りましょう!

講師プロフィール

プロフィール 【名前】阿南晏樹
【生年月日】1993年5月5日
【出身】茨城県
経歴 慶應義塾大学経済学部卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)
中小企業診断士、証券アナリスト、ビジネス会計検定1級などの資格を保有。
金融機関にて主に経営企画や投資関連業務に従事。
座右の銘 切磋琢磨
趣味 筋トレ、野球、音楽
尊敬する人 両親