【講師】岩﨑郁人|公務員試験(一般知能)の資格試験取得なら通信講座「フォーサイト」

徹底指導で目指せ合格! たくさんの合格者を輩出する講師紹介

講師からの熱いメッセージ

戦略の重要性

試験の合否を分けるのは、頭の良し悪しでは決してありません。
情報の取捨選択、トレーニングのやり方等、技術的な面が非常に大きな意味を持ちます。
なかでもひとつだけ重要なトレーニングを挙げろと言われれば「問題を繰り返し解く」ことだと思います。
講師業をしていてこのようなことを言うと意外に思われるかもしれませんが、講義の視聴を学習の中心に据えることは避けてください。
理解し終えたのであれば、可能な限り早く、講義を卒業することがとても重要です。
効率よく理解し、記憶に定着するように、言い換えれば、「あなたが可能なかぎり講義を早く卒業できる」授業内容を提供します。
特に、数的処理は答えに至るまでの解答プロセスを何度読んだかに成果が比例します。
必死になって自分の頭で考えて解く必要はありません。あなたが納得して解答解説を見る回数を増やせるように、講義は基礎を徹底いたします。

数的処理は、あくまで「処理」です。

数的処理の一番厄介なところは、算数や数学に対する苦手意識です。
私自身、中学受験の時は算数が苦手科目でした。大学は私立文系です。経歴的には、決して数学マスターなどではないですし、今こちらをご覧になっているあなたのほうが数学の知識は多いかもしれません。
そんな私でも、このような指導のレベルにおいても数的処理に不都合はありません。
なぜなら、数的処理は、数学でも算数でもなく、基本的には文章を読んで+-×÷をやる「処理」だからです。
うまく、+-×÷にするような技術を習得すれば、本試験で必要な得点はきちんと手に入ります。
もう一度申し上げます。
正しく、問題の意図を読むスキルを身に着けたら、あとは「+-×÷」です。
ただし、問題文の読み方にはいくつかコツがありますので、それを一緒に確認しましょう。

とりあえず始めてみてはいかがでしょう?

誰もがそうだと思いますが、試験勉強は楽しいことばかりではありません。
むしろ大変な時間もたくさんあります。
私自身、うまくいった試験勉強もあれば、思うような結果が出なかった試験勉強もあります。
しかし振り返ってみて、「やらないほうがよかった」と思っている勉強は一つもありません。
数的処理は公務員試験の科目の中でも、仕上がりに比較的時間のかかる科目です。
もし迷っておられるようでしたら、とりあえず始めてみることをオススメします。

講師紹介

プロフィール 公務員試験対策 通信講座担当 岩崎郁人 専任講師

1981年4月2日 生まれ
愛知県出身
血液型 A型
経歴 上智大学経済学部経営学科卒業
私立南山中学校・高等学校男子部卒業

行政書士、社会保険労務士等の資格を保有
座右の銘 「当たり前」を疑う
趣味 料理
尊敬する人 向上心のある人

講師ブログ

定期的に更新される講師ブログは試験に関する情報や勉強のお役立ち情報などが満載。時には講師のステキな素顔を見ることができます。

講師ブログ
「公務員試験対策のスペシャリストによる“こっそり裏講義”」

講師ブログ新着記事一覧