2ヶ月という短時間で簿記2級の合格レベルになれた私の勉強法

試験の種類日商簿記2級
性別女性
年代30代
試験年度第143回 2級試験2016年(28年度)6月
エリア群馬県
勉強時間200時間
勉強期間3ヶ月間
職業派遣社員,転職(求職中)
勉強法過去問
商品DVD,テキスト,eラーニング
受験回数初学者(1回目)
試験科目商業簿記,工業簿記
eラーニング使用回数
※eラーニングの使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私がフォーサイトの簿記2級講座に申し込みをしたのは4月入ってから、勉強を始めたのは10日くらいだったと思います。4月から転職したのを機に、仕事で簿記の知識が必要なために受験を決めました。

まず悩んだのが、6月の試験まで2ヶ月くらいしかなかったこと。それから、仕事、家事、育児をしながら勉強時間を作ることでした。平日は1時間半、土日は4時間ほどしか時間が取れませんでした。

最初はスケジュール帳や道場破りのスケジュールを見ながら進めておりましたが、なにせ、時間が足りず、途中からは自分の頭の中でおおよその予定を立て進めておりました。

最初の一ヶ月で商業簿記、工業簿記のDVDとテキストを進め、残りの1ヶ月で過去問と復習に取り組むことがおおよその予定でした。

本当に時間がなく、DVDでの学習は1回きりでしたが、時間があるときにテキストを読み返したり、確認問題を解いたりなどの復習は欠かしませんでした。

時々、わからない問題に差し掛かったときは、『完璧ではなく合格の70点を目指せばいいんだ』という考え方をしたら、難しい問題にあたってもあせりはほとんどありませんでした。

試験範囲や出題形式の変更なども気になり、本当に試験までに合格できる実力がつくのか不安でしたが、次回の試験は11月なので、できれば6月で合格するという強い意思を持ち、毎日休まず学習を進めました。

わからなくても根気強く続けたおかげで、試験1週間前には6割は確実に点数が取れるまでの力がついていました。

しかし、試験は70点以上の合格なので、あと10点をどうにかしようと必死で勉強しました。

試験本番は第1問、第4問、第5問の順に進め、順調でしたが、第2問で固定資産の減価償却の問題が出て200%償却法、250%償却法、ソフトウェア償却など新しい範囲の問題につまづき苦戦しました。

かなり時間がかかってしまい、途中であきらめ、第3問へ取り掛かりました。結局、第2問は時間内に解き終わリませんでした。

解答速報では自信のあったところは確認できたものの、それ以外のところはあまり見る気がしませんでした。なので合格発表が出るまでは、60点台は取れているけれどもしかしたらだめかもという思いで、いっぱいでした。

合格した今だから言えることは、継続は本当に結果を出してくれるということです。

フォーサイトの教材よりもわかりやすい教材はあると思いますが、フォーサイトは短期間で合格できる力をつけてくれる教材だと確信しています。
13おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る