合格体験記

合格体験記

挫折しないテキストで簿記を勉強したのが合格の要因でした

挫折しないテキストで簿記を勉強したのが合格の要因でした
試験の種類 日商簿記3級
性別 男性
年代 30代
試験年度 第150回 3級試験2018年(30年度)11月
エリア 大阪府
勉強時間 200時間
勉強期間 5ヶ月間
職業 正社員(サラリーマン)
勉強法 過去問
商品 テキスト,道場破り
受験回数 初学者(1回目)
簿記検定を受験することは、かつての自分へのリベンジである。工学専攻だった私が工学への道を諦め文転しようとする際の足がかりとして、簿記の勉強を始めた。そして検定を受けようとした。

しかし、ネガティブな感情のまま今まで触れた事のないモノを勉強しても身につくわけもなく、いつしかテキストは引き出しの奥深くに眠ってしまった。10年以上も前の話である。

その後、社会人になりいつしか仕事が生活の中心となった。同時に、消して短くはない通勤時間も必然的に発生することとなった。

この時間を有意義に使いたい。。。

そう思った私は、TOEICの勉強を始めた。目指すは730点。このポジティブな気持ちにより比較的短時間でこの目標スコアを越えることが出来た。目標を達成した時、次なる目標が必要だ。その時にふと思い出したのは、かつて自分が引き出しにしまった簿記だった。

一言で言えばリベンジである。かつて置き忘れたモノを取りに戻る感覚でもある。

そこで、最新の試験内容にアップデートすべく、インターネットを検索して見つけたフォーサイトとテキスト。他社の全くわからずに挫折した経験もあり、内容をよく吟味して選んだつもりだ。

「合格」という結果からも、私の選択は間違いではなかったと、確信している。

箱が届いたら、確かにテキストの多さにビックリした。しかし、事前に吟味した通り内容がよく練られていて、量は多くも無理せず楽しく受講出来た。

特に色分けや星で頻出か否かを瞬時に判断できる点や、文脈もこの手の通信教育にありがちな独りよがりの言い回しもなく、初めて手をつける私でも取りかかかりやすかったと思う。

地味ながらも一番の嬉しい誤算は事前のカリキュラムに記載があったのかもしれないが、pdf版が問題用紙を含めダウンロード出来たこと。

前述の通り、通勤時間の有効活用が大前提な私。むしろ通勤時間は勉強をしない、という思い切ったポリシーがある。そんな中、複数あるテキストをiPadで持ち運ぶことのメリットは計り知れない。

知りたいと思った時にそれが載っているテキストを持っていなければ意味がない。また、印刷が可能な問題用紙データも頂け、何度も過去問題に取り組むことが出来、こちらも大いに役立ったと思う。

直前になり質問をしたが、非常にスピーディかつ丁寧な回答に感銘を受けた。結果的にその出題はなかったものの、大いに今後の参考となった。

しかしそれ以上に、「道場破り」のアプリを始めとして、通信教育ながらも決して1人きりではないという、一種のココロ強さすら持てた。

最後に無事合格出来ました。ありがとうございました。
おめでとう8

まずは実際の無料テキストを体験してください!