合格体験記

合格体験記

簿記試験の2週間前から優先順位をつけて学習

簿記試験の2週間前から優先順位をつけて学習
試験の種類 日商簿記2級
性別 男性
年代 40代
試験年度 第151回 2級試験2019年(31年度)2月
エリア 大阪府
勉強時間 300時間
勉強期間 4ヶ月間
職業 正社員(サラリーマン)
勉強法 過去問
商品 DVD,テキスト,問題集
受験回数 初学者(1回目)
ダブルライセンス FP
試験科目 商業簿記,工業簿記
学習スタイル 通信講座
eラーニング使用回数
※eラーニングの使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
 私は、3級の資格はなく、いきなり2級からの挑戦でした。理由は単純に時間のカットです。半面、失敗するリスクも大きいですが。仕分けについては、仕事柄少し知識がったので、いきなり2級を決意しました。

 短期勝負なので、やはり通信講座がいいと思い、いろいろサイトで調べましたが、以前にFP2級講座を受講した経験もあり(ちなみに合格しています)、フォーサイトに決めました。

 1番の利点は、テキストの見易さ、分かりやすさです。色分けされているのは有名ですが、項目1つ1つに対して、丁寧かつ簡単な「例」があり、初学の私にはとても有効でした。合間合間の「コーヒーブレイクコーナー」も、学習が間延びせず個人的には楽しんで読んでいました。

 学習スタイルは、①前回(前日)学習した項目を読み込む(フィードバック) ②今日学習する部分をざっくりテキスト読み込み(小単元ごと、5~6ページ)②DVD視聴 ③該当過去問集を解く。

以上のローテーションで所要時間は1時間半程度です。休日も同じメニューで進め、空いた時間でその週の振り返りをします。先々進んでは消化不良になるので、反復に重点を置きました。

 2か月かけて、全範囲の学習を一巡しました。トータルの期限は3か月半しかなかったので、残り1か月半は、過去問演習に専念しました。本来なら、何冊か問題集を進めていくのが有効なのでしょうが、私の場合、時間が限られてましたので、フォーサイトの過去問題集1本でひたすら反復演習しました。

 試験まで2週間となった頃、このままでは全範囲をカバーする時間が無いと感じ、優先順位をつけて学習を進めました。要するに、「捨てる」単元をつくることです。素人の私では判断できなので、DVD講義の中で先生がその都度、重要度レベルを教えてくれてました。

 まず、点数が取りやすい工業簿記は全体的な学習に重点を置く。商業簿記の本支店や連結は、部分点狙いまでとし、合計金額の算出まで理解するのは無理と判断(この判断が今回の実試験でピタリでした)。

 最低限、必要なことは頭に詰め込んで、試験に臨めました。合格はしましたが、2級範囲を完全理解しているとは認識していません。今後、しっかりフィードバックした後、上のレベルへ挑戦していきたいと考えています。
おめでとう1

まずは実際の無料テキストを体験してください!