全くの素人なのに簿記3級2級に合格!

試験の種類日商簿記2級
性別男性
年代40代
試験年度第153回 2級試験2019年(令和元年度)11月
エリア愛知県
勉強期間6ヶ月間以上
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問
商品テキスト,問題集
受験回数初学者(1回目)
ダブルライセンスFP
学習スタイル通信講座,独学
eラーニング使用回数
※eラーニングの使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
・どの教材で勉強を進めるか

この講座を受講する前にFP2級に独学で合格したのですが、市販のテキストの詰込み学習でなんとか合格をつかんだという感じでした。その後、FPに出てきた財務諸表について詳しく勉強したいと思い簿記2級の勉強をすることにしたのですが、詰込みではなくしっかりと内容を理解して資格を取得したいと思い通信講座をいろいろと探しました。その中で、カラーテキストや選び抜かれた問題集があり、テキストも講義もスマートフォンにダウンロードしていつでも観られることが自分に合っていると思いフォーサイトを契約しました。

・学習の進め方について

 まず、すべての動画をスマートフォンにダウンロードし、通勤時間や仕業前の時間、待ち合わせの待ち時間などに暇つぶし感覚で講義を受け、自宅ではペンを持ち問題集に取り組みました。簿記の基礎である仕訳を学習するあたりはスムーズに進みましたが、試算表が出てくる辺りから問題を解くのに長時間かかり、途方にくれることもありました。しかし、過去問に目安の時間が記載されているので、目安時間をある程度経過したら答えを見て頭を整理する方法に変え、無駄な時間を節約し効率的に進めることができたと思います。そして、過去問を繰り返すうちに、最初は絶対無理だと思っていた目安時間を余裕でクリアできるようになって来るころから問題集が楽しくなりました。そこまでいけば合格も近いと思いますので苦しい時間を耐えることが必要だと感じました。

・簿記3級2級の講座

 私は簿記に関しては全くの素人でしたから3級と2級がセットになった今回の講座は非常にありがたかったです。2級の勉強に取り掛かってからもテキストや過去問は3級の物と色使いや使い勝手は同じなのですから戸惑うことなく進めることができましたし、スマホにも全部ダウンロードしてあるので、さかのぼって見直したい時にはいつでもどこでも確認することができます。最終的に2級しか受験していませんが、非常に役立ちました。

・親が勉強をするということ

 私には中学生と小学生の子供がいますが、勉強しなさいといくら言っても宿題などの必要最小限の勉強しかしません。中学生の子供は今の生活で十分だから、今の生活が楽しいから勉強なんてしたくないと言います。そこで私は言いました。「パパは今の生活を維持するために勉強を頑張っているのだよ。それなのに、あなたは努力しないでいまの生活を送れると思っているの?」子供は親の背を見て育つといいます。子供に勉強の習慣をつけて欲しいと思っている親御さんは、まず自分が勉強している姿を見せることだと思います。頑張って勉強している姿を見せて、合格したよって嬉しそうに報告してあげれば、子供たちの勉強への意識が変わってくるのではないかと思います。
14おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る