07

2017/06

白川郷へ

10:44:52 | 学習について

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
いよいよ夏期の検定まであと少し。
試験日まで、コツコツと頑張ってくださいね。

新緑の白川郷へ行ってまいりました。
小学生のころ、国語の教科書に「飛騨の匠の造った家」というエッセイがあって、クラスの子が、「先生、この家、私の祖母の家なんです」と教科書に紹介された匠の家の写真を指差しました。
その時、いつかこの合掌造りの家をこの目で見てみたい、と思ってはや数十年。
ようやくその思いがかない、飛騨の高山を経て、世界遺産の白川郷を訪ねる機会に恵まれました。
いくつものトンネルを抜けてたどり着いた山間の村は、まるで映画のセットのような、ジオラマのような風景。
新緑と、合掌造りの茅葺屋根の茶色の配色が、穏やかで温かい、日本の良さ、「和」の心を感じさせてくれました。
この冬の大雪の重みから家を守るための急こう配の茅葺屋根の葺き替えは、昔から、「結い」という、共同作業で行われるそうです。
その助け合いの「和」と、日本の「和」とのハーモニーが、新緑と茅葺屋根の色の配色をさらに美しく感じさせてくれました。
緑と茶色、日本の原風景の配色ですね。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。